▶えっ、手数料が安い!お得な海外送金はコチラ⇒ click!

【後悔しないために!】海外移住はやめとけと言われる理由5選

海外移住やめとけ

後悔しないために海外移住はやめとけと言われる理由を知りたい人向けです。

海外移住はやめとけと聞くと、何故かな。後悔しないために理由を知りたいな。

海外生活に憧れて、海外移住をしてみたい!と思っている方は多いのではないのでしょうか。

ただ、海外移住は「やめといたほうがいい」「危険」「甘くない」などの意見を聞くことがよくあります。

では、なぜ海外移住はやめとけと言われるのでしょうか。

そこで、このコラムでは後悔しないために知っておきたい海外移住のデメリットを紹介します。

なお、すぐに海外移住はやめとけと言われる理由を知りたい方は、コチラへどうぞ。

目次

海外移住はやめとけと言われる噂を調査

海外移住やめとけと言われる噂は本当か調査してみました。

「海外移住はやめとけ」の意見を調査してみると分かったことは、主に下記のとおりでした。

  • 海外生活は意外とつまらない
  • 日本のほうが安心・安全
  • 日本のほうが暮らしやすい

ただ、それ以外にも海外移住はやめとけと言われる理由があるのをご存知でしょうか。次に紹介します。

海外移住はやめとけと言われる理由は?

「海外移住はやめとけ・危険・甘くない」と言われる理由は、主に下記の5つです。

  1. 海外生活でストレスがたまる
  2. 身体をこわすと医療面が心配
  3. 帰国後に仕事を見つけにくい
  4. 将来的に親の介護ができない
  5. 老後の生活が困ることになる

海外生活でストレスがたまる

海外生活をされている方のなかには、日本での生活になじめないからという理由で渡航されている方もいます。

ただ、海外生活は言葉の問題や習慣の違いがあるので、日本では感じないようなストレスがたまりやすいのも事実です。

身体をこわすと医療面が心配

日本では国民皆保険制度が整っていますが、海外では自己負担の国や地域が一般的です。

さらに、医療の質も日本はトップクラスなので、いざ身体を壊した時の治療費などを考えると日本で暮らしていればと思うこともあります。

帰国後に仕事を見つけにくい

海外移住をしたものの、帰国後を余儀なくなる場合も。そのような時に、帰国後に次の仕事が見つけにくい方もいます。

特に、年齢を重ねている人が完全帰国などで日本に戻るとなると、再就職も簡単ではありません。

将来的に親の介護ができない

年齢が若いうちは親の心配はなくても、年齢が上になってくると親の介護の問題がでてきます。

施設に入れるのも方法のひとつですが、介護の問題で日本に帰国される方も多いのが実情です。

老後の生活が困ることになる

日本では年金制度や定年などの仕組みがありますが、国や地域では老後に備えた制度がないこともあります。

その点、日本は色々な問題があったとしても、老後に備えた制度があるだけでもマシなのかもしれません。

海外移住のメリットとデメリット

海外移住をやめた方がいいかどうかは、メリットとデメリットを比較して決めるべきです

そこで、海外移住のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
日本で味わえない楽しみがある
リモートワークできる仕事もOK
日本に馴染めない人に合っている
当面の海外生活にお金がかかる
ビザが更新できない可能性も
帰国後に再就職ができる分からない

海外移住のメリット

海外移住のメリットは、下記のとおりです。

  • 日本で味わえない楽しみがある
  • リモートワークできる仕事もOK
  • 日本に馴染めない人に向いている

日本で味わえない楽しみがある

海外では日本で生活しているだけでは味わえない楽しみがあるのも事実です。

特に、日本では仕事で残業続きという方も数多くいらっしゃるでしょう。通勤で大変かもしれません。

その点、海外は良い意味でも悪い意味でも”のんびり”している面もあります。

リモートワークできる仕事もOK

一般的に海外で現地の仕事を探しますが、最近ではリモートワークができる仕事も増えています。

リモートワークなら日本だけでなく、世界中どこでも働くことができる強みがあるので、海外移住を検討しやすいのも魅力です。

日本に馴染めない人に向いている

どうしても日本の生活よりも海外のほうが自分に合っている人もいます。特に、人間関係に問題を抱えて、海外移住をされている方も。

海外移住のデメリット

次に、海外移住のデメリットをまとめてみました。

  • 当面の海外生活にお金がかかる
  • ビザが更新できない可能性も
  • 帰国後に再就職ができる分からない

当面の海外生活にお金がかかる

いざ海外移住に行こうと思っても、渡航費用以外にもビザの費用や当面の生活費などでお金がかかるのも事実。

すぐに現地で仕事が見つかればいいですが、学生として留学したり、現地で就職活動するなら準備資金も大切です。

ビザが更新できない可能性も

海外滞在には基本的にビザ(査証)が必要です。ただ、現地国の事情によってビザの更新ができなくなることも

永住権を取得できればいいですが、ビザだけで海外生活を続けるのはリスクが伴います。

帰国後に再就職ができる分からない

多くの場合は無職の状態で渡航にしてくるので、帰国後に就職や再就職ができるかは本人しだいです。

万が一、帰国後のことも考慮して海外移住をするかどうかを決めましょう。

海外移住をして後悔や挫折しないために

重要

海外移住をして後悔や挫折しないためには、リスクを把握して対策を立てておくことが大切です。

例えば、海外移住で失敗して完全帰国される方もいます。多くの場合は現地で仕事が続けられなくなるのが理由です。

仕事さえあれば、生活はなんとかしていけることもあります。ただ、ビザ(査証)の問題で現地滞在が出来なくなることもあります。

このように海外移住にはリスクがあるのは確かなので、まずはリスクをリストアップして、もし実際に起こったらどうするかを事前に対策を立てておきましょう。

海外移住を迷ってる人のよくある質問

Q&A
日本がやばいから海外移住はあり?

日本は将来は年金がもらえなくなるかもしれない。。。そういった印象で日本脱出を検討されている方もいます。確かに理由のひとつになるでしょう。

特にエリートや芸能人で海外移住をする方が増えていますね。

海外移住で日本語のみの仕事はありますか?

海外だから現地の言語ができないと仕事ができないとは限りません。日本企業であれば、それほど言語が必要がないことも。完璧に言葉が話せないから海外移住を諦めないようにしましょう。

まとめ

このコラムでは「【後悔しないために!】海外移住はやめとけと言われる理由5選」を紹介しました。

海外移住はやめとけと言われる理由は、下記のとおりです。

  1. 海外生活でストレスがたまる
  2. 身体をこわすと医療面が心配
  3. 帰国後に仕事を見つけにくい
  4. 将来的に親の介護ができない
  5. 老後の生活が困ることになる

海外移住はやめとけ、危険、甘くないという意見もありますが、魅力も数多くあります。

人生一度なので海外移住にチャレンジするのも方法のひとつです。

ただ、海外移住にデメリットもあるので、それを知らないまま渡航してしまうと後悔してしまうことも。

リスクを考慮して、事前に対応できることはして、万が一に備えておくことが大切です。

なお、海外移住はやめとけと同様にワーキングホリデーはやめたほうがいいと言われる理由は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

目次