海外生活hack

【海外在住者が厳選】日本から海外へ持っていくべき必需品8選と個人的なおすすめ品

海外生活の必需品

海外移住で日本から持ち込むべき必需品が何かを知りたい人向け。

海外生活をするのに日本から持って行ったほうがいいものは何かな。海外に持って行くべき必需品があれば知りたい。
かいじゅう
かいじゅう
海外在住者が日本で買って持っていくべきものを紹介するよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

海外生活を長くしていると、日本で買ってくれば良かったモノがいくつか出てきます。海外移住先では手に入りくいモノや、買うと高いモノなどがあります。

ただ、はじめて海外移住で海外生活をすることになる人は、日本から何を持って行ったらいいのか分からないですよね。

そこで、今回は「【海外在住者が厳選】日本から海外へ持っていくべき必需品とは?」をご紹介します。

日本から海外に持っていくモノのポイント

海外生活で日本から持ち込むべき必需品のポイントは、以下の3つです。

  • 海外移住先では買えない
  • 海外移住先よりも日本で買った方が安い
  • 海外移住先よりも日本のほうが品質がいい

海外移住先では買えない

海外移住先では売られていないモノは買って持って行くのは当然ですね。意外と、海外では日本食は普通に売られていることがあるので、事前に下見旅行で確認したり、SNSで現地で暮らしている人に聞いてみるのも方法のひとつです。

例えば、ユニクロのウルトラダウンなんかは、国・地域によっては購入できないこともあるので、買って持って行くことをおすすめします。

海外移住先よりも日本で買った方が安い

海外移住先でも買うことができるけど、日本で買っていった方が安いモノもあります。

例えば、電化製品などは関税がかけられていることもあるので、移住先のほうが高くなりがち。ただし、電化製品は電圧の違いには注意が必要です。

海外移住先よりも日本のほうが品質がいい

海外でも同じようなモノが買えるけど、日本のほうが品質がいいモノもあります。

例えば、歯ブラシなど日用品は海外製のモノは身体に合わないといったことも多いので、日本で市販されているモノを持って行きましょう。

日本から海外へ持っていくべき必需品

では、日本から海外へ持って行くべき必需品を海外在住者が紹介します。

  • 日本の医薬品
  • 日本の文房具
  • 緑茶
  • 歯ブラシ&糸ようじ
  • ポケットティッシュ
  • 生理用品
  • 折りたたみ傘
  • モバイルバッテリー

日本の医薬品

created by Rinker
クラシエ薬品
¥1,304
(2020/09/25 08:09:47時点 Amazon調べ-詳細)

海外でケガや病気になったら海外製は効果が強すぎる場合があります。そのため、日本から準備して持ってくるのがおすすめです。

特に正露丸や葛根湯などは海外ではなかなか手に入りにくいか、現地で購入すると価格も高くなりがちなので準備しておきましょう。

日本の文房具

海外のボールペンや定規などは品質が悪いものが多いので有名。特に買ってもすぐに壊れたり、もともとインクがでなかったりということも。

その点、日本で買ってきたボールペンは書きやすく重宝します。特に「ジェットストリーム」や「消せるボールペン」は秀逸。替え芯もまとめ買っておくと便利。

緑茶

created by Rinker
プレミアムティーバッグ
¥805
(2020/09/25 08:09:48時点 Amazon調べ-詳細)

日本人ならお茶は飲みたくなりますよね。海外でも粉状のお茶が手に入ることがありますが、それでも味が薄かったりします。その点、日本から持ち込んだお茶は長持ちしますし、外国の人にもJapaneseTeaとして人気なのでおすすめです。

特に、空港でも「おーいお茶の粉末タイプ」が売られていることもあるので、もし空港までに買い忘れたら空港で調達できるかもしれません。

歯ブラシ&糸ようじ

created by Rinker
福田ブラシ工業
¥1,390
(2020/09/25 08:09:49時点 Amazon調べ-詳細)

海外製の歯ブラシは何故か大きすぎて使いづらいですよね。ニュージーランドでも歯ブラシが売られていますが、どれだけ口が大きいんだというくらい大型です。

その点、日本で買う歯ブラシはシンプルで小型なので、こちらも1ヶ月1本として12本セットで一時帰国時に持ってきています。糸ようじもあまり見かけないので、虫歯予防には大切なアイテムです。

ポケットティッシュ

日本では街角で普通に無料で配っているポケットティッシュ。これは日本独自と言ってもいいサービスです。海外ではほぼ見かけないし、そもそもポケットティッシュが売られていないことも。

日本でタダでもらったりしますが、薬局などでもセットで売られていて、それほど価格が高いわけではないので面倒なら買ったほうが楽ですね。

生理用品

女性に言わせると海外の人は体格が大きい人が多いせいか、大型の生理用品が多いようです。特に日本で売られている生理用品は、色々な機能がついているので安心して使うことができます。

こちらも持ち込むときにはかさばりますが、女性にとっての必需品ともいえるので、海外移住前に準備しておくのがおすすめです。

折りたたみ傘

海外在住者にとって特におすすめしたいのが、折りたたみ傘。海外でも売られているでしょ、と思わるかもしれませんが、品質は日本で買っておいたほうが断然いいことが一般的。特に、風邪に強い骨組みタイプがおすすめ。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは日用品に近いガジェットですが、日本で購入すれば高性能で高品質なモノが多いので、必ず1つは買って持って行くことをおすすめします。

私は大容量のモバイルバッテリーと小容量の2つを日本から持ってきました。大容量のモバイルバッテリーが1つあると防災グッズとして使えるので、万が一のときのも安心です。

海外移住先で買ったほうがいいのでは?

なかには、海外引っ越しで荷物になるので、海外移住先で買えるものは現地で購入しようと思っている人もいると思います。

私も当初はそのように考えて日本で購入していくものは少なくしていましたが、ニュージーランドで海外生活してみて買っておけば良かったといったものが多くありました。

代表例としては「100均商品」です。例えば、ニュージーランドで日本で100均と呼ばれている商品が1個300円以上もすることがあります。

なので、日本なら100均で買える商品が3倍の値段となると、海外で手に入りにくくても購入するのをためらってしまいます。

100均商品など、明らかに日本のほうが値段が安いものは購入していくのをおすすめします。数量がかさばると、意外と高い出費になります。

かいじゅう
かいじゅう
日本の100均商品は神だね

個人的に持って行きたいおすすめ品

国・地域よって日本から海外へ持って行くべき品が変わりますが、個人的におすすめしたい物を紹介します。

  • 使い捨てカイロ
  • ダウンジャケット
  • コンタクトレンズ

使い捨てカイロ

寒い国や冬の季節がある場合には、腰や足元に貼る使い捨てカイロを持って行きましょう。特に、足元が寒くなることがつらくなるので、小さいタイプの貼るカイロがおすすめです。

ダウンジャケット

海外在住者にとって特におすすめしたいのがダウンジャケット。暑い季節がある国でも、室内が冷房が強すぎることもあるので意外と便利です。

ダウンジャケットのなかでもユニクロのウルトラダウンジャケットは軽く折りたためるので移動する際でもおすすめ。

コンタクトレンズ

海外でもコンタクトレンズは購入することができる場合がありますが、やはり目に関係することなので日本で購入しておいたほうが安心です。

私は基本的に眼鏡を使用していますが、壊れることも考えてコンタクトレンズも一応用意しています。

日本のモノを外国に持ち込むときの注意点

日本のモノすべてが外国に持ち込むことができるかどうかは分かりません。よく聞くのが、卵でき作れたモノや肉製品、医薬品など。

例えば、ニュージーランドでは蜂蜜や肉製品を国外から持ち込むことができません。

以前、日本の空港で買ったハンバーガーの食べ残りをニュージーランド空港で指摘されて罰金を払ったことがありました。

これは国・地域によってルールが違うので、事前に現地の税関で持ち込めないもの(禁制品など)調べておくほうがいいでしょう。

かいじゅう
かいじゅう
罰金は高かったな。。。

海外生活で役立つ日本から持ち込むべき必需品まとめ

今回のコラムでは、「【海外在住者が厳選】海外生活で役立つ日本から持ち込むべき必需品とは?」をご紹介しました。

海外移住ではなるべく荷物を減らして移住するのがコツ。買えるものは現地で買ったほうがいいとか言われますが、すべて正解とは思えません。

日本で買えないものはもちろん、買えても高いものがあったり、こまめに海外に買っていくと結構な金額になってしまうこともあります。

なので、日本でしか買えないもの、買っていたほうがいいものを見極めましょう。