▶えっ、手数料が安い!お得な海外送金はコチラ⇒ click!

【トラベルクッカー】海外対応ITC-AV500がおすすめ

ITC-AV500

海外対応のおすすめのトラベルクッカーを知りたい人向けです。

海外のシェアハウスがキッチンが混んで自由に使えないことがあるらしい。部屋で簡単に調理できる海外対応のトラベルクッカーのおおすすめを知りたい。

海外ではワーホリやバックパッカーなど家賃が安いシェアハウスに住むことが多く、御飯時になると調理する人でキッチンが混雑することも。

そうなると、日本人は遠慮してしまって自由に簡単な調理ができなくてストレスになってしまいがち。

そのような時に便利なのが、海外対応のトラベルクッカーです。簡単な調理なら部屋で出来るので、海外生活では持っていても困りません。

そこで、このコラムでは海外対応のおすすめのNTSトラベルクッカーITC-AV500を紹介します。

目次

海外対応のおすすめのトラベルクッカー

海外対応のおすすめのトラベルクッカーは、エヌティエス社(NTS)のITC-AV500です

もう見た目は鍋。1.3L入る容量がいい感じです。

土台部分はしっかりした造り。ボタンはシンプルにオンをするだけです。

鍋を土台に置くと小型調理器ですね。見た目は大きいですが、鍋部分に下の台が入るのでコンパクトになります。

品番ITC-AV500
JAN4571196611746
電源AC100-240V 50/60Hz
定格消費電力350W
容量1.3L
本体サイズヒーター:約8.3cm×約12.4cm
鍋:約9.6cm×約12.4cm
本体重量約1.1kg
電源コード長さ1.1m
付属品どんぶり
スプーン
専用ソフトケース
Aタイプ変換プラグ
Cタイプ変換プラグ
プラグアース付Aタイプ
原産国中国
梱包時の重量1.33kg

下の土台が鍋の中に入るので、取っ手を含めると実測で高さ約13cm×横約18cmでした(カメラ具合で多少サイズのブレあり)。

これだけコンパクトに収まるので持ち運びやすいので、海外旅行や車中泊にも持って行きやすいトラベルクッカーです。

では、海外対応のおすすめのトラベルクッカーITC-AV500の特徴を次にお伝えします。

ITC-AV500のメリットとデメリット

メリットとデメリット

トラベルクッカーITC-AV500のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
御飯1合約150gでも作れる
電圧は最大240Vまで対応
日本に帰国しても使える
他機種と比べて価格が高い
タイマー機能がない

ITC-AV500のメリット

電圧は100V~240Vまで自動で調整してくれるので、切り替え忘れ等の心配は不要。しかも、安全装置が付いているので安心

さらに、他メーカーのトラベルクッカーより約10~20分は早く沸かす&炊くことができるパワフル設計。

もちろん、容量1.3Lなので御飯なら1合からでも炊くことができる優れもの。100Vとしても使えるので、日本に帰国後に車中泊などでも利用できます。

ITC-AV500のデメリット

デメリットは他のトラベルクッカーと比べて価格が約2倍ほど高いこと。ただ、他のトラベルクッカーはプラスチックの鍋が多い中、ITC-AV500はステンレスなのが良いところ。

さらに、電気部分も他プランドは安いぽい感じがしますが、こちらは調理器らしいので見た目も良いですね。タイマー機能があれば、尚良しという感じ。

つまり、価格以外には特にデメリットらしいところはないとも言えます。

しかも、ITC-AV500は中古でも5,000円~6,000円で売り切れていたので、帰国後に中古で売るということもできますね。

もしトラベルクッカーを購入するなら、ポイントが貯める&使えるAmazonか楽天で購入するのがおすすめです。

海外対応のトラベルクッカーの比較

重要

トラベルクッカーといえば、他にも下記のように種類が色々とあります。

  • ヤザワ社トラベルマルチクッカー
  • カシムラ社ワールドクッカー3

ヤザワ社トラベルマルチクッカー

カシムラ社ワールドクッカー3

スクロールできます
メーカーNTSヤザワカシムラ
商品名ITC-AV500トラベルマルチクッカーワールドクッカー3
電源AC100-240V
50/60Hz
自動切換
AC100~204V
50/60Hz
手動切替
AC100~240V
50/60Hz
自動切替
定格消費電力350W100~130V:250W
220~240V:360W
100V:190W 
240V:380W
容量約1.3L約1.3L約0.5L
梱包時のサイズ16.0 cmx16.0cmx13.5 cm18.2cmx16.8cmx10.0 cm17.5cmx17.5cmx10.0cm
梱包時の重量約1.33kg約1.13Kg約1.35Kg
電源コード長さ約1.1m約1.0m約1.0m
付属品どんぶり
スプーン
専用ソフトケース
Aタイプ変換プラグ
Cタイプ変換プラグ
どんぶり
ふた
スプーン&フォーク
不織布収納袋
どんぶり
ソフトケース
Cタイプ変換プラグ
プラグアース付Aタイプアース付Aタイプアース付Aタイプ
本体重量約1.1kg約1.0Kg約1.1Kg
本体サイズ鍋:約9.6cm×約12.4cm
ヒーター:約8.3cm×約12.4cm
鍋:約15.5cm×約7.8cm×約14.8cm
ヒーター:約12.8×6.8cm×12.8cm
鍋:約15.5cmx15.5cmx7.5cm
安全装置
詳細AmazonでみてみるAmazonでみてみるAmazonでみてみる

どちらもITC-AV500と比べて、海外でも変圧器なしで使用できる上に価格も安いですよね。

ただ、口コミや評判では一定数あり、壊れたや不良品が届いたという意見も。さらに、ITC-AV500のほうが鍋が深くパワフル

ヤザワ製やカシムラ製のトラベルクッカーは海外旅行ぐらいであれば問題ないのですが、海外生活で長期間の使用となると心もとないのが正直なところです。

そのため、個人的には値段が高いものの、パワフルなのでITC-AV500を選びました。

トラベルクッカーのよくある質問

Q&A
トラベルクッカーは部屋でも使える?

部屋には火災報知器が付いていない場合もあるので、注意が必要です。ただ、湯沸しポットも同じですよね。ただ、トラベルクッカーを選ぶなら安全装置付きのものを選びましょう。

トラベルクッカーでの御飯の炊き方は?

炊飯器と基本的に同じです。ただ、トラベルクッカーでご飯を炊くと鍋底がこげてしまうことも。炊く時間は1合で約20分までを目安にして、加熱時間を長くしないようにしましょう。

まとめ

今回のコラムでは「【トラベルクッカー】海外対応ITC-AV500がおすすめ」を紹介しました。

トラベルクッカーには色々な種類がありますが、なかでもITC-AV500はパワフルで見た目にも調理器らしいのが魅力。

価格が高いと思われがちですが、車中泊ブームで中古でも5,000円~6,000円で取引されていたので、帰国後に売れる可能性も高いと思います。

ワーホリなどの海外在住でシェアハウスで生活されるのなら、1台は持っておいて損はないでしょう。

目次