海外移住手続き

【海外移住FPが回答】海外に移住すると確定申告や所得税はどうなる?

海外移住をするときに確定申告や所得税の手続きを知りたい人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
「海外に移住する前に確定申告で所得税を支払うのはどうすればいいのかな。納税し忘れたらどうすればいんだろう?」

こういった疑問に@海外移住FPが回答します。

このサイトではブログを書きつつ、海外移住の手続きや海外生活のコツを紹介しています。

海外移住のときに気になるのが、出国前に所得税の納税をどのようにするかでしょうか?

会社員であれば年の暮れになると会社が代行して年末調整で完結しますが、年度の途中に海外に移住することになるとどうすればいいか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は、「海外に移住すると確定申告や所得税はどうなる?」について紹介します。

このコラムでは、「海外移住に関係する所得税の基礎知識」や「移住前の確定申告方法」」が分かります。

年度の途中で海外移住をする場合は、所得税の納税をどうするのかを知っておきましょう!

海外に移住すると確定申告や所得税はどうなる?

原則として、年度の途中で海外に移住する場合は確定申告が必要です。

「原則として」というのは、会社員であれば退職時に一括して、会社が納税してもらえるケースがあるからです。

それでは、具体的に海外移住に関係する所得税の基礎知識や、確定申告の方法をご紹介していきましょう。

海外移住時に確定申告が必要な人

対象は、年度の途中で退職された方や、他の収入がある方(不動産所得など)は確定申告が必要となります。

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日まで)の所得金額から計算して得られる税金を計算して納付する制度。

会社員ではあれば年末調整が受けられますが、自営業などの方や給与以外の所得がある場合には、2月16日から3月15日までの間に管轄の税務署に確定申告書を提出することになります。

ただし、会社に勤めているサラリーマンの場合は給与やボーナスから源泉徴収されている上に年末調整があるため、税務署で確定申告は経験する人は少ないかもしれません。

例えば、今まで勤務していた会社を年の途中で退職し、転職をせずに海外移住をした場合には年末調整ができません。

ただ、会社によっては退職時に年末まで日本で他の所得はないことを申し出れば年末調整してくれる場合もあります。

海外移住時の確定申告方法

もし、個人で確定申告が必要な場合は申告期間前(準確定申告)に退職した会社で発行された「源泉徴収票」をもとに確定申告しておくことができます。

次に、具体的な申告方法をご紹介しましょう。

申告方法としては2つ。

  • 納税管理人を選定せずに出国の日までに当年度の確定申告書を提出する
  • 出国の日までに納税管理人の届けて翌年2月16日から3月15日までに申告する

納税管理人というのは、親族等の代理人が納税管理人となって本人に代わって納税する人です。

親族でなくても、会社や税理士等を選ぶことができ、納税管理人の届出は渡航前に税務署で行います。

もし住民登録を抹消して海外移住をする場合には、納税管理人を指定しておくほうがいいでしょう。

特にデメリットもありませんし、何かあったときには代わりに納税をしてもらうことができるので、ご家族がいればお願いしてみるのも方法のひとつです。

関連サイト:
[手続名]所得税・消費税の納税管理人の届出手続(国税庁)
海外転勤と納税管理人の選任(国税庁)

↑目次に戻る

税務手続きを忘れたどうする?

仮に住民登録を抹消されている人で日本での不動産の貸し付けによる所得や譲渡所得など所得等の国内源泉所得があった場合、出国後(転出日)に関わる所得税については日本で納税する必要があります。

日本の税務署は原則として海外との納税のやりとりはしないので、前述のような本人が一時帰国して納税するか、納税管理人を定めて申告することになります

もし申告する所得が海外移住後にあった場合のためにも出国前に納税管理人を選んでおくほうが賢明です。

↑目次に戻る

知っておきたい全世界所得課税

全世界所得課税とは、日本居住者であれば世界中で得られた所得に対して課税される(例:海外不動産の賃貸益・売却益など)という課税制度です。

これが、日本非居住者であれば日本国内で発生した所得(例:国内不動産の賃貸益・売却益など)のみ課税されます。

逆に、この全世界所得制度を採用している国(例:ニュージーランド)に居住している場合は、日本国内で得られた所得を現地国で申告しなければいけないことになるので注意しましょう。

↑目次に戻る

海外ではe-Taxが使えない

インターネットが普及している時代ですが、国内ではe-Taxと呼ばれるネット上での確定申告は海外からは使用できません

本人がe-Tax上で作成した書類を郵送することは可能なようですが、提出期限や方法には注意が必要となります。

↑目次に戻る

まとめ:海外移住時には税務手続きを忘れないようにしましょう!

海外移住前には原則として確定申告が必要です。申告期限が申告方法によって違うので注意が必要ですね。