▶えっ、手数料が安い!お得な海外送金はコチラ⇒ click!

【ワイズ(旧トランスファーワイズ)の評判】Wiseは安全?手数料は安い?噂の海外送金を徹底調査

トランスファーワイズの口コミ

海外送金ワイズWise(旧トランスファーワイズ)の評判や口コミを知りたい人向けです。

海外送金のワイズは手数料が安いらしい。Wiseの安全性と使い勝手はどうか、口コミや評判を知りたい。受け取り方法や使い方が簡単だといいな。

海外在住者にとって必要になるのが、海外送金。その中でも、ワイズ(Wise・旧トランスファーワイズ)が注目されています。

実際に、海外在住の私がワイズ(Wise)を使ってみたら、手数料が安く、送金方法も簡単、早ければ数時間で着金するので、使わない理由はありません。

ただ、海外の送金サービスなので、Wiseの安全性や使い方が簡単かなど、色々な評判や意見を知りたいと思う人も多いでしょう。

では、ワイズ(Wise)の評判や口コミはどうなのでしょうか。

そこで、今回は「【ワイズ(旧トランスファーワイズ)の評判】Wiseは安全?手数料は安い?噂の海外送金を徹底調査」をご紹介します。

海外送金のワイズ(Wise)は、手数料が安くて操作が簡単、着金も早いのは分かった。じゃあ、すぐに利用してみたいと思う方は、ワイズ(Wise)公式サイトからどうぞ。

まずは1,000円ぐらいから試してみましょう。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

なお、このコラムでは、ワイズ(Wise)は安全性は?以外にも、海外送金のワイズ(Wise)を使ってみた!についてもお伝えしています。

目次

ワイズ(旧Transferwise)の評判や口コミ

海外送金のワイズ(Wise)の口コミや評判を集めてみました。

ワイズ(Wise)の良い評判や口コミ

上記に以外にも多くの意見が見つかりましたが、ワイズの良い評判・良い口コミをまとめてみました。

  • 銀行と比べると手数料が安い
  • 着金が早く数時間でできた
  • 為替レートが事前に分かりやすい
  • 手数料が定額ではないので少額OK
  • 海外在住でもアカウントを作れる
  • 海外在住ならマイナンバーがいらない
  • ネットで完結、操作が楽で簡単

特に、ワイズの良い評判や口コミをみると、手数料が安くて操作性が高いのに受け取るまでの時間が銀行よりも極端に短いという意見が多かったですね。

意外と手数料が安くても着金が遅いとイライラしてしまいがち。その点、着金が早いのもワイズの魅力です。

ワイズ(Wise)の悪い評判や口コミ

次に、ワイズの悪い評判や悪い口コミも調査してみました。

https://twitter.com/000_young_000/status/1547786182737551366?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1547786182737551366%7Ctwgr%5E0ad3c847e34281cbbb0ef6c6e5874749d6afbed7%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2F000_young_0002Fstatus2F1547786182737551366widget%3DTweet

上記に以外にも多くの意見が見つかりましたが、悪い評判・悪い口コミをまとめてみました。

  • ワイズの仕組みが分からないので不安
  • 海外送金ができない国もあった
  • 受取銀行で入金が拒否された
  • 最初の登録に手間がかかって面倒

ワイズの悪い評判や口コミをみると、海外送金ができなかったという意見もありました。事前に対応している国や地域、通貨を調べておきましょう

まずは、公式サイトで国や通貨が対応しているか確認してみましょう。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

ワイズ(Wise)のメリットとデメリット

ワイズを利用するなら、メリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。

メリットデメリット
為替レートが明確になっている
少額でも送金手数料が安い
早ければ数時間で着金する
家族からの仕送りにも便利
海外送金の操作が簡単
海外居住登録で日本から海外に送金できない →OK
現地の銀行口座が必要
日本のサービスじゃないから不安

海外送金ワイズ(Wise)のメリット

では、ワイズのメリットは以下のとおりです。

  • 為替レートが明確になっている
  • 少額でも送金手数料が安い
  • 早ければ数時間で着金する
  • 家族が仕送りする際にも便利

為替レートが明確になっている

外貨に海外送金をする際には為替レートを利用しますが、ワイズでは中間レートを為替レートとして使用しているので、手数料が明確です。

中間レートとは公開されているレートで、一般的にこのレートに各種の手数料を加えられています。

銀行や海外送金の会社によっては、この中間レートにどのくらい上乗せして加算をしているのか明確にされていないことがほとんど。

そのため、銀行などでは送金手数料が安いと思っても、実際には為替レートで損をしていることも

送金手数料が変動額なので少額でもOK

ワイズの手数料は送金したい金額によって手数料が変動するので、少額の送金額でも手数料を安く抑えることができます

一方、銀行や海外送金の会社などを利用すると、海外送金の手数料は固定額です。例えば、少額の海外送金を使用と思っても変わりません。

そのため、銀行などでは数万円の送金で手数料が数千円もかかるということも

早ければ当日も!着金が早い

ワイズなら送金指示を出してから早くて数分~数時間、遅くても約2日で送金が完了します。

土日などを挟むと現地の銀行との関係もあるので、遅れがちになりますが、それでも週明けには着金していることがほとんどです。

一方、一般的に銀行などでは5日~1週間ほど着金に時間がかかることが一般的です。

海外送金の操作が簡単

ワイズでの海外送金の方法は簡単で、手順にそって入力していくだけ。登録の手間がかかりますが、一度済ませてしまえば、送金入力は2~3分で終了します。

しかも、一度、送金元と送金先を入力しておくことができるのも便利なところ。さらに早く操作が完了します。

これが銀行などであれば実際に行って送金手続きが必要な場合も。ネットで完結するのもワイズの魅力のひとつです。

家族からの仕送りにも便利

例えば、ワーキングホリデー中の生活費などを家族が仕送りたいと思っても、普通は簡単にできません。

その点、ワイズなら家族がATMや銀行の窓口から日本の指定口座(UFJ)に振り込むだけで送金の操作は海外で出来るので簡単です。

海外移住先で自分で稼ぐから大丈夫と思っている人でも、急にトラブルでお金が必要になることに備えて登録しておくべきです。

みつき

ワイズ以外でも構いませんが、緊急用にいつでも送金できる準備は必ずしておいてください。

海外送金ワイズ(Wise)のデメリット

ワイズのデメリットは、下記のとおりです。

  • 海外居住登録で日本から海外に送金できない →OK
  • 現地の銀行口座が必要
  • 日本のサービスじゃないから不安

海外居住登録で日本から海外に送金できない →OK

今まで海外居住で住所登録をした場合は、日本から海外に原則として送金ができませんでした。

ただ、現在は海外在住でも日本から海外への送金ができるようになりました

In 2016, we launched payments from JPY. But until now, you could only send Japanese yen if you were in Japan.

Today, all this changes – you can now send JPY anywhere, from everywhere 🇯🇵💸https://t.co/u6tC2Z727W pic.twitter.com/lyOX9O7jzr

— Wise (ex-TransferWise) (@Wise) June 28, 2021

現地の銀行口座が必要

海外送金を受け取るには、基本的に送金先の現地の銀行口座が必要です。そのため、海外旅行などでは現地に口座がないので、使いずらくなっています。

最近、日本在住でもワイズのデビットカードが利用できるようになり、そのカードに外貨両替した通貨を置いておけるので、カードを使って買い物などが出来るようになりました。

これ意外と現地から外国への海外旅行、日本への一時帰国でも便利です。

日本のサービスじゃないから不安

確かに日本企業のサービスではないから不安に思う人もいるでしょう。

ただ、ワイズは日本でも海外送金の取り扱いにおいて免許を取得しています。

みつき

心配だったので、私は1,000円ぐらいで試してみました。

これでワイズ(Wise)の評判や口コミ、メリットとデメリットも分かった。じゃあ、1000円ぐらいから試してみようと思ったら、公式サイトで手数料を確認してみましょう。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

怪しい?大丈夫?ワイズ(Wise)の安全性

一番、気になるのはワイズ(旧トランスファーワイズ)って会社は大丈夫なの?ということでしょう。

確かに一部の意見ではワイズは銀行ではないので、大丈夫なのか不安に思う人もいるでしょう。私も同じでした。。。

ただ、日本では関東財務局から資金移動業者としての免許を取得しています。

もちろん各国での規制について|ワイズでも、国ごとに規制を順守しているのが分かります。

では、入金した資金はどうなのでしょうか?

セーフガードとは、法律により、当社のビジネスで使用している口座とは完全に別の口座でお客様の資金を保管しなければならないことを意味します。 そのため、万が一Wiseに何かあった場合でも、お客様の資金は安全に保管されています。
引用:お問い合わせ|Wise

海外送金だけの目的であれば、もし心配があっても専用口座に入金して、すぐに送金をする方なら問題は起こりにくいでしょう。

もちろん、ワイズのデビットカードに資金を置いて、海外旅行や海外赴任の時に使うこともできます。

私は初めて使った時は1,000円ぐらいで送金してみましたが、同様に心配な人は、まずは少額でワイズを試してみましょう。

みつき

銀行の海外送金は固定手数料が多いので、簡単に試せないのに比べてワイズは変動制なので少額から試せるのが魅力です。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

海外送金のワイズ(Wise)を使ってみた!

best

そこで、実際にワイズ(旧トランスファーワイズ)を使ってみた手順もお伝えします。

まず、はじめてワイズを利用する方は、以下のものを事前に準備しておきましょう。

  • 資金を受け取る銀行の情報(口座番号など)
  • 身分証明書(本人確認書類)
  • 日本からの登録はマイナンバーが必要

但し、登録までに数日がかかるので、すぐに使おうと思ってもできないので、早めに登録しておきましょう

登録はコチラ>>>ワイズ(Wise)公式サイト

事前に準備を整えたら、次の手順は以下になります。

ここでは、海外送金ワイズーワイズ)での送り方や受け取り方を実際の画面を見ながら手順をお伝えしていきます。

海外送金ワイズの入金方法

ワイズの入金方法は、指定された現地国の口座に両替を希望する金額を入金します。

例えば、日本であればPaypay銀行、海外であれば現地国の指定銀行への振り込みなります。これは一般的な振込と同じなので特に問題はありませんね。

入金の際には、名前の前に決められた番号を付けるとワイズのスタッフが認知しやすいことがあります。そもそも入力ができない銀行もありますが、なくても届きます。

海外送金ワイズの受け取り方

ワイズの受け取り方は、指定した銀行口座に振り込むのが基本です。別途、デビットカードに預け入れすることもできます。

海外送金ワイズの使い方【手順付き】

では、実際の操作画面を見ながら紹介していきましょう。

STEP
サインアップ(ログイン)

ワイズのウエブサイトで必要事項(メールアドレスと任意のパスワード)を入力してサインアップします。

STEP
送金金額と通過を選択

受け取り総額以外に各種手数料、着金予定日が表示されます。

STEP
受取人情報の入力

受取人を「自分自身」「その他」「法人・団体」から選択します。初めて海外送金をする場合には本人確認が必要になります。

STEP
送金目的の入力

送金目的を選択し、送金情報の確認を行います。

STEP
入金先情報の入力と実行

入金方法を銀行振込またはデビットカードから選択します。一般的には指定した銀行を選択します。


以上です。ワイズ(Wise)の海外送金の使い方は、かなり簡単です。

さらに、ワイズのサイトではシュミレーションができますし、操作の途中でキャンセルもできます。手数料や送金額などを確認してから実行しましょう。


他の代表的な海外送金サービスとも比較することもできますね。さらに詳しい使い方は、ワイズ(Wise)公式サイトをご覧ください。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

なお、ワイズ(Wise)の使い方については、下記のコラムでもお伝えしています。

ワイズ(旧トランスファーワイズ)の手数料

ワイズ(旧トランスファーワイズ)の手数料は、固定費と変動費の組み合わせで算出されています。

海外送金ワイズの手数料の仕組み

固定費は数十円~数百円なので、手数料のほとんどは送金額の約0.5~1%(国によって異なる)の変動費です。

もし、例えば50万円を海外送金をすると、変動費が0.5%とすると2,500円がかかることになります。

そのため、送金額が大きいと、銀行などの手数料が固定のほうが安くなることがあります。但し、実際には銀行などでは為替手数料が別途かかるので損になっていることも。

>>>Wise(ワイズ)で手数料を試算してみる

海外送金ワイズと銀行の手数料を比較

実際に、ワイズと銀行で手数料や受取額がどれくらい違うのかなを調査してみました。一般的な銀行では固定手数料(約2,000円~約3,000円)ですね。

では、ワイズと楽天銀行で10万円を日本からニュージーランドに送金する際の手数料や受取額の比較は下記のとおりです(同日同時間帯で比較)。

ワイズ(Wise)楽天銀行
送金手数料約671円1,750円(+約1,079円)※
為替レート78.158080.2
受取額約1,270NZD約1,225NZD(△約45NZD)
着金日数時間~2営業日1~3営業日

※中継銀行手数料1,000円含む

今回はワイズと楽天銀行で手数料を比較してみましたが、ワイズのほうが手数料で約1,000円安く、受け取り額で約45NZD(約3,500円)も多いことが分かりました。

さらに、そもそもシュミレーションすら出来ない銀行も多いので、そこは実際に受け取り額が分かるワイズなら安心です。

受け取り額のシュミレーションは、ワイズ(Wise)公式サイトからどうぞ。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

ワイズ(Wise)のよくある質問

海外送金のワイズを利用したい!と思っても、色々な疑問が出てきますよね。よくある質問をまとめてみました。

海外からワイズに申し込みはできる?

現在、日本に居住していない海外在住者でも申し込み可能。海外在住だからこそ、登録しておきたいサービスです。

ワイズ(Wise)を利用するには、事前に下記の本人確認などの書類が必要になります。

  • 資金を受け取る銀行の情報(口座番号など)
  • 身分証明書(パスポート、運転免許証など)
  • 住所を証明する書類(公共料金のレシートなど)
  • マイナンバー(日本を居住国とする場合のみ)

※日本居住国でない場合には、執筆時点でマイナンバーは不要ですが、今後変更される可能性があります。

登録が完了するまでに数日かかることがあるので、早めに登録をして準備をしておきましょう!

海外から日本に海外送金ができる?

日本から海外に海外送金するだけではなく、海外から日本にも利用できます。一時帰国や完全に日本に帰国する場合に利用するのに便利です。

ワイズの登録にマイナンバーは必要?

海外送金については現在、マイナンバーは選択する項目はありますが必要ありません(今後、変更の可能性あり)。

但し、日本のワイズ専用口座を開設する場合にはマイナンバーが必要です。早めに登録しておく方が安心かも。。。

海外から日本に外貨でも送金できる?

外貨のままデビットカードにチャージすることができるようになっています。

ワイズのデビットカードについては、下記のコラムでもお伝えしています。

海外送金ワイズの口コミ・評判まとめ

今回のコラムでは「【ワイズ(旧トランスファーワイズ)の評判】Wiseは安全?手数料は安い?噂の海外送金を徹底調査」をご紹介しました。

海外送金ワイズ(Wise)の評判や口コミをまとめてみました。

  • 銀行と比べると手数料が安い
  • 着金が早く数時間でできた
  • 為替レートが事前に分かりやすい
  • 手数料が定額ではないので少額OK
  • 海外在住でもアカウントを作れる
  • 海外在住ならマイナンバーがいらない
  • ネットで完結、操作が楽で簡単
  • ワイズの仕組みが分からないので不安
  • 海外送金ができない国もあった
  • 受取銀行で入金が拒否された
  • 最初の登録に手間がかかって面倒

ワイズの評判をみてみると、海外送金としておすすめしている意見が多いのが分かると思います。

実際に利用していますが、ワイズは海外在住者にとって登録しておくべきサービスのように感じました。

ただ、新しいサービスを利用するの大丈夫なの?と心配になりますよね。ただ、手数料は両替したい金額によって変動するので、銀行と違って少額から試せるのが魅力です。

まずは、少額で試してみることをおすすめします!

みつき

私は1,000円で試してみました。

\ 海外在住OK!手数料が安くて早い /

海外送金ならコレ一択です。

目次