そうだ、海外移住をしよう。
ワイズ(旧トランスファーワイズ)

【ワイズ(旧トランスファーワイズ)】送金の上限額は?1回で海外送金ができる金額とは

ワイズ(旧トランスファーワイズ)の送金の上限額を知りたい人向けです。

ワイズ(Wise)で学費の資金を海外送金をしたいけど、上限額はいくらかな。銀行では100万円までとよく聞くけど、なぜだろう。
みつき
みつき
一般的な海外送金の上限額を紹介しますね。

海外送金の手数料が安いことで人気があるのが、「Wise(ワイズ)」です。

海外留学で学費などを海外送金をしたい人もいるでしょう。

ただ、学費となると100万円を超えることもありえるので、ワイズを使う場合に送金の上限はあるのかな?と疑問に思いますよね。

そこで、今回は、「【ワイズ(旧トランスファーワイズ)】送金の上限額は?1回で海外送金ができる金額とは」をご紹介します。
【ワイズ(Wise)の評判】悪い口コミは?デメリットとメリットから分かる海外送金の特徴とは

結論は1回100万円までで、数回に分けることも可能です。じゃあ、「早速、使ってみたい!」と思う人もいると思います。

申し込みの詳細は、下記から。実際に利用していますが、最強です。気になる方は、是非チェックしてみましょう!

>>>Wise(ワイズ)をみてみる

ワイズで送金ができる金額の上限額

ワイズで送金ができる金額の上限額は、送金先や送金元の通貨、送金方法により異なります公式サイトで確認しましょう。

例えば、日本から海外、海外から日本に送金する場合は原則として1回100万円です。

実は、100万円以上の海外送金は可能ですが、その場合は「SWIFT送金」になるため手数料が高くなります。

SWIFT送金とは、銀行間など海外送金をする国際送金です。そのため、銀行を利用する手数料(中継銀行や受け取り銀行側の手数料など)がかかる場合があります。

そのため、ワイズで現地国と日本から海外に送金をする場合には、1回100万円相当まで。ただ、回数制限はないので、小分けにして送金するのがお得でおすすめです。

但し、100万円以下の送金を頻繁に繰り返していると不正を疑われる可能性もあるので、あまりおすすめできません。

\海外送金ならワイズ一択/

Wise(ワイズ)を試してみる

✓登録は簡単

↑目次へ戻る

ワイズで自動的にSWIFT送金になる場合も

ただし、ワイズでもSWIFT送金になる場合があります。

当社では次の送金の際にSWIFT送金を行います。 米国以外へのUSD送金、英国以外へのGBP送金、SEPA(Single Euro Payments Area)に加盟していない銀行、及びSEPA圏外へのEUR送金
出典:SWIFT送金についてWise

そのため、ワイズで海外送金をするからといって手数料が必ずしも安くなるわけではないので注意が必要です。

まずは、送金したい国、送金したい通貨などから条件を公式サイトで確認することをおすすめします。

>>>Wise(ワイズ)をみてみる

↑目次へ戻る

ワイズの送金限度額が100万円相当の理由

1998年の外為法改正によって海外送金の規制はなくなり、現在では、いくら海外送金をしても問題はありません

では、なぜ100万円という金額がよく言われているのでしょうか?

実は、外為業務を取り扱う業者は1回100万円を超える海外送金については所轄の税務署に送金調書を提出する必要があります(海外から日本への送金も同じ)。

実際にHSBC(日本は廃止)で日本からニュージーランドに100万円以上の海外送金をしましたが、詳細な送金の目的などを聞かれました。

そのため、1回100万円相当までという金額が一般的に使われています。

↑目次へ戻る

海外送金の上限額が上がる可能性も

一般的な海外送金の上限額は1回100万円相当となっていますが、上限が変更される可能性があります。

現在、政府では送金事業者への規制を緩和することが検討されており、100万円超の高額な送金も認める方向にあります(令和2年6月現在)。

今後、上限金額が上がる可能性もあり、事業や不動産の購入、学費などの理由で1回で高額な送金をしたい人にとって便利になるでしょう。

↑目次へ戻る

ワイズの海外送金の上限額まとめ

今回のコラムでは、「【ワイズ(旧トランスファーワイズ)】送金の上限額は?1回で海外送金ができる金額とは」をご紹介しました。

日本と海外で海外送金をする場合には、1回あたり100万円相当が一般的です。

事業や不動産の購入などで100万円以上を海外送金をすることも可能ですが、手続きが必要になることもあります。

\海外送金ならワイズ一択/

Wise(ワイズ)を試してみる

✓登録は簡単

↑目次へ戻る