そうだ、海外移住をしよう。
ワイズ(旧トランスファーワイズ)

【ワイズ(旧トランスファーワイズ)の使い方】送金方法は? 海外から日本へ送金する方法とは

ワイズ(旧トランスファーワイズ)の送金方法や使い方を知りたい人向けです。

ワイズ(Wise)の使い方を知りたいな。ワーホリが終わったので海外から日本へ送金したいけど、難しいのかな。送金方法を知りたい。
みつき
みつき
このコラムでは、ワイズの使い方を手順付きでご紹介します。

海外赴任や海外留学、ワーキングホリデーで終わったときに困るのが、現地国にある資金をどうすればいいのか?

そのまま日本に持ち帰って両替をすると、多くの手数料が取られそうな気がする。。。

とはいえ、現地で両替するのも簡単ではないですよね。その時には、「海外送金のワイズ(Wise)」がおすすめです。

ただ、海外から日本へ海外送金するのは難しいんじゃないの?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は、「【ワイズ(旧トランスファーワイズ)の使い方】送金方法は? 海外から日本へ送金する方法とは」をご紹介します。
【ワイズ(Wise)の評判】悪い口コミは?デメリットとメリットから分かる海外送金の特徴とは

ただ、内容はともかく「早速、使ってみたい!」と思う人もいると思います。

申し込みの詳細は、下記から。実際に利用していますが、最強です。気になる方は、是非チェックしてみましょう!

>>>Wise(ワイズ)をみてみる

ワイズ(旧トランスファーワイズ)の使い方

ワイズ(Wise)を利用するには、登録が必要になります。

まずは、はじめて海外でワイズを利用する場合には、以下のものを事前に準備しておきましょう。

  • 資金を受け取る銀行の情報(口座番号など)
  • 身分証明書(パスポート、運転免許証など)
  • 住所を証明する書類(公共料金のレシートなど)
  • マイナンバー(日本を居住国とする場合)

※日本居住国でない場合には、執筆時点でマイナンバーは不要ですが、今後変更される可能性があります。

登録が完了するまでに数日かかることがあるので、早めに登録をして準備をしておきましょう!

\登録は無料で出来る/

Wise(ワイズ)を試してみる

✓登録は簡単

登録が完了していれば、海外送金の方法は下記の手順となります。

  • 手順1.送金額を入力する
  • 手順2.個人か法人かを選択
  • 手順3.個人情報の入力および確認
  • 手順4.受取人の口座情報の入力
  • 手順5.指定の口座に入金する

以上となりますが、次に、具体的に「日本から海外に送金する場合」と「海外から日本へ送金する場合」に分けてご紹介します。

登録している国によって、少し使い方が異なります。

↑目次へ戻る

ワイズで日本から海外へ海外送金をする方法

まずは、日本から海外へ海外送金の方法から。次の手順は以下になります。

  • STEP1
    サインアップ(ログイン)
    ワイズのウエブサイトで必要事項(メールアドレスと任意のパスワード)を入力してサインアップします。
  • STEP2
    送金したい金額を入力し通貨を選択
    受け取り総額以外に各種手数料、着金予定日が表示されます。
  • STEP3
    個人アカウントなどの入力
    個人アカウントまたは法人アカウントを選択し、次に自分(送金人)の情報を入力します。
  • STEP4
    受取人情報の入力
    受取人を「自分自身」「その他」「法人・団体」から選択します。初めて海外送金をする場合には本人確認が必要になります。
  • STEP5
    入金先情報の入力と実行
    入金方法を銀行振込またはデビットカードから選択します。

送金先は、銀行とデビットカードを選択することができ、デビットカードは「マルチカレンシー口座(複数の通貨が入る財布)」があり、そちらに入金することもできます。

デビットカードには発行手数料1,200円がかかりますが、口座維持手数料は無料です。海外出張や海外に行く機会が多い場合など、必要に応じて作成しましょう。

以上が、ワイズで海外送金の使い方になります。なれると意外と簡単です。

\操作が簡単で安心/

Wise(ワイズ)をみてみる

受け取り額を試算できる!

↑目次へ戻る

ワイズで海外から日本へ海外送金をする方法

基本的に手順は日本から海外へ海外送金をする方法と同じですが、注意点があります。

日本居住国で登録した人は、上記では海外送金ができないので注意が必要です。
もし、海外送金をしようとすると、下記のメッセージが表示されます。

Sorry,Japan residents must first add enough money to their NZD balance to continue with a NZD transfer 」と表示されています。

分かりにくいですよね。。。

簡単にいうと「ごめんね。日本の居住者で登録した人は、最初にNZDの口座に先にお金を入れてね。」とういことになります。

では、NZDの口座はというと、ワイズの開設すると左側に通貨の口座を設定することが可能です。

表示される手順に従って、銀行からの入金の場合は現地通貨ごとの銀行口座番号が表示されます。その口座に入金して完了です。

まずは、該当通貨の口座の設定が必要になります!

あとは、上記で紹介した手順と同じです。慌てないようにしましょう!

\エラーメッセージが出ても大丈夫/

Wise(ワイズ)をみてみる

登録は無料です。

↑目次へ戻る

ワイズで海外から日本への送金する上限金額

送金元の通貨により異なり、受け取り銀行側でも上限額が設定されている場合があります。一般的には1回あたり100万円以下です。

さらに、1回の送金額が100万円を超える場合は追加で手数料(SWIFT送金)が発生する場合があります。

SWIFT送金とは、一般的な銀行間で行われる国際送金の方法です。追加の手数料などについては、下記の公式サイト(ヘルプ)をご確認ください。

>>>Wise(ワイズ)で調べてみる

↑目次へ戻る

ワイズで海外から日本へ送金する方法まとめ

今回のコラムでは、「【ワイズ(旧トランスファーワイズ)の使い方】送金方法は? 海外から日本へ送金する方法とは」をご紹介しました。

海外送金サービスといっても送金手数料が安くても為替手数料が高いというサービスもあるので、受け取り総額がどのくらいになるかを確認する必要があります。

その点、ワイズであれば手数料を低く抑えることができます。

使い方もシンプルで、着金までの日数も当日~2日で完了するので、緊急時やイザという時のために事前に登録を済ませておくべきでしょう。

\海外送金ならワイズ一択/

Wise(ワイズ)を試してみる

✓登録は簡単

↑目次へ戻る