海外移住準備

【誰に聞けばいい?】海外移住の方法を相談する相手の見つけ方3選

海外移住の相談

海外移住について相談したい人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
海外移住の方法を相談したいけれど、誰に聞けばいいのかな。ネットで調べてもよく分からないし、相談ができる人を教えて欲しい。
かいじゅう
かいじゅう
移住目的によって相談する人が違うよ

こんにちは、かいじゅうです。

海外移住をしたいけど何か始めればいいのか分からない、そういう人も多いと思います。

例えば、「ビザ(査証)の取得方法を知りたい」「海外留学する学校について知りたい」「現地のリアルな情報」など。

だた、海外移住の目的やスタイルによって相談する内容が違ってくるので、相談する相手を正しく選ぶ必要があります。

そこで、今回は「【誰に聞けばいい?】海外移住の方法を相談する相手の見つけ方3選」をご紹介します。

このコラムで分かること(読み飛ばしができます)

海外移住の方法を相談するために必要な3つのこと

海外移住の方法を相談するために必要なことは、「相談内容を明確する」「相談にかかる費用」「相談相手が信頼できるか」の3つです。

  • 相談の内容を明確する
  • 相談にかかる費用
  • 相談の相手が信頼できるか

相談の内容を明確する

相談の相手が一番困るのは抽象的な質問です。何から聞けばいいか分からない、という人もいるかもしれませんが、自分で調べて相談する内容を明確にしておく必要があります。

相談にかかる費用

相談する相手によって費用が発生します。当然、相談する相手にもメリットがないと相談にのる必要がないので、費用がかかるのが一般的です。

ただ、現地の語学学校とかの紹介では無料相談とかもあるので、そこは上手に利用する方法もあります。

相談の相手が信頼できるか

相談をする上で一番悩ましいのが相談相手が信頼できるかどうか。もちろん知名度もありますが、逆に相談料をしっかり明示しているところが望ましいでしょう。

無料相談を受け付けている場合もありますが、無料なりの理由があるので、そこは見極める必要があります。

海外移住の方法を相談する人の見つけ方3選

海外移住といってもスタイルや目的によっても相談内容が大きく変わるので、一般的な目的にあわせて相談の相手を考えてみました。

  • 渡航のためのビザ(査証)情報:移住コンサルタント
  • 海外留学先の学校情報:留学エージェント
  • 海外移住先のリアル生情報:現地の在住者

渡航のためのビザ(査証)情報

海外移住をするにあたって一番問題になるのが、ビザ(査証)の取得。ビザは国・地域によって取得条件が違うので、誰に相談するかは重要です。

日本人が多く在住している国・地域であれば、ビザの移住コンサルタントが職業として見つかる場合があります

かいじゅう
かいじゅう
ニュージーランドではビザの具体的な相談は資格を持った人がじゃないとできないよ

なので、現地国の日本人向け情報サイトなどでコンサルタントを見つけることができます。

特に、長期滞在(ロングステイ)に関しては、一般社団法人ロングステイ財団のサイトで認定のアドバイザーに相談できる場合があります。

海外留学先の学校情報

海外留学に関する学校情報やホームステイの情報であれば、留学エージェントを利用する方法もあります。

個別の学校情報や学生ビザの取得にも精通しているので、現地国にある留学エージェントを探してみましょう

かいじゅう
かいじゅう
ニュージーランドにも学校を紹介してくれる会社があるよ

特に、留学に関する情報なら留学に関する書籍などには留学エージェントの広告が掲載されていることもあるので、そこから探す方法もあります。

海外移住先のリアル生活情報

海外移住の具体的な方法までは考えてないので、とりあえず希望国の生活環境などを知りたい場合には現地の在住者に相談するのも方法のひとつです。

かいじゅう
かいじゅう
TiwtterやFacebookなどで現地在住者に質問する方法もあるよ

それ以外にも現地の在住者に相談したいなら、「ココナラ」が便利です。

ココナラ相談
ニュージーランドで検索すると約200件ヒットしました。すべてが相談できる内容ではないですが、留学の相談や生活情報を教えてくるなどのサービスが見つかりました。料金も安く相談できるのでおすすめです。

\相談相手を探すなら/

ココナラ

素人もいるので見極めが大事!

海外移住の方法を相談する相手の見つけ方3選まとめ

今回のコラムでは、「【誰に聞けばいい?】海外移住の方法を相談する相手の見つけ方3選」をご紹介しました。

海外移住の方法は人によってスタイルや目的が違うので、相談内容によって相談する相手を選びましょう。

無料相談をしている場合もありますが、そこは費用がかかってでも相談する方法があればそれも選択肢のひとつです。