MENU
海外移住に役立つ書籍を探す>>>

【海外就職の職種ならコレ!】どれがいい?おすすめ15選一覧

海外就職しやすい職種

海外就職しやすい職種のおすすめを知りたい人向けです。

海外で働きたいけど、どのような職種があるのかな。未経験や語学力なしでも就職できるのかな。おすすめの職種があれば知りたい。
みつき
海外在住の経験が海外就職におすすめの仕事をお伝えします。

  「海外で働く」と聞くと、語学が堪能で、やり手のビジネスマンやビジネスウーマンというイメージがあるかもしれません。

ただ、実際には上記のようなハイスペックと呼ばれる方でなくても、問題なく海外で働くことができます。

では、海外ではどのような職種が就職しやすいのでしょうか

そこで、今回は「【海外就職の職種ならコレ!】どれがいい?おすすめ20選一覧」をご紹介します。

目次

海外就職しやすい職種のおすすめはシェフ!

結論として、海外就職がしやすい職種はシェフです。なかでも、シェフは万国共通で海外就職しやすい職種といえます。

その理由は、主に下記の3つです。

  • 基本的にいつでも人材不足
  • 海外では日本食が人気
  • 永住権の取得につながりやすい

基本的に調理できる人は人材不足

調理師(シェフ)はスキル・経験があるなら、どの国や地域でも必要とされています。

もともと世界中に飲食店は山ほどあるので、有名なレストランから小さなカフェまで幅広い職場があるのが魅力。

特に、シェフはどこ国や地域でも共通の経験とスキルがあるので、資格を持っていればさらに有利でしょう。

海外では日本食が人気

世界でも飲食店は圧倒的に多いので、どこかしら求人が出ている状況には間違いありません。飲食店が多いということは求人も多いことにつながります。

特に、日本食が人気でなのでアジア方面やタイ、台湾などであれば日系のレストランが進出していることも。。

永住権の取得につながりやすい

海外ではシェフは専門職として、海外移住の目的の一つでもある永住権の取得につながりやすいことも。

例えば、ニュージーランドではシェフは特に望まれる職種として、永住権の取得で有利な職種として一般的。

さらに、日本と違って、スキルや経験があれば給料が高いこともあるので、海外生活を安定させやすいのも魅力です。

未経験・語学力不問で海外就職しやすい職種

経験がなく、語学力が問われない海外就職しやすい職種は、下記のとおりです。

ただ、未経験や語学力不問はあくまでも職場によるので、絶対に経験や語学力が問われないというわけではありません。それらを問われにくい職種と考えましょう。

  • ファームジョブの作業員
  • 日本向けコールセンターのスタッフ
  • ホテルのスタッフ
  • ウェイトレス/ウェイター
  • バリスタ

ファームジョブの作業員

ファームジョブは、農場や牧場などで野菜の収穫や動物の世話などを行う仕事です。

オーストラリアやニュージーランドなどのような農業大国では、常に求人を募集していることが多く、国によってはワーホリビザが延長できることも。

非正規雇用として安心はしていない季節労働ですが、給料が高いのが特徴。現地の語学を勉強しつつ、ワーホリで稼ぎたい方に人気の職種です。

日本向けコールセンターのスタッフ

日本向けコールセンタースタッスは、海外で日本から企業への問い合わせなどに回答するコールセンターの職種です。

特に、日本人向けの電話サービスなので、未経験や語学力が問われないことが多いのが特徴

主に東アジアや東南アジアなどの国や地域などで人気の職種ですね。給料も現地で生活する分には問題なく稼げることが一般的です。

ホテルのスタッフ

ホテルのスタッフは、その名のとおりリゾートバイトのように受付から部屋の清掃まで幅広い仕事内容の職種です。

ホスピタリティ業界と呼ばれる接客業のひとつなので、常に需要があるのが特徴。但し、一般的に専門職でなければ給料が高くはなく、ホテルのグレードによるでしょう。

ただ、部屋の清掃やベットのメンテナンスなどでは、未経験や語学力が問われないこともあります。

レストランのスタッフ

レストランのスタッフは、ウェイターやウェイトレス、皿洗い、調理補助など幅広い職種です。

ウェイトレスなどは語学力が必要になると思われがちですが、意外と同じメニューなどで語学力がそれほど求められないのが特徴

特に、海外では皿洗いや調理補助は当たり前に行われている職種なので、さらに語学力は問われないことも。どちらかというと体力仕事です。

バリスタ

バリスタは、コーヒーを淹れる専門のスタッフです。特に、注文を受けてコーヒーを作るのが仕事なので、こちらも語学力が問われないことが多いのが特徴

人気のカフェやレストランなどでは、注文は他のスタッフが受け、コーヒーを淹れるだけの場合もあります。

ただ、スタバや小さいカフェなどでは簡単な日常会話が必要になるので、基本的な語学力は必要という意見も」

専門職として海外就職しやすい職種

技術を持った専門職として海外就職しやすい職種は、下記のとおりです。

  • 美容師
  • IT系プログラマー
  • リラクゼーションスタ
  • 保育士
  • 航空CA

美容師

美容師は、どの国でも求められる職種です。特に、日本在住者が多い国や地域では、日本人の美容師に髪を切ってもらいたいというニーズもあり、なかには出張でカットをすることも。

IT系のプログラマー

永住権にもっとも違いとされる職種が、プログラマーなどのIT系の職種です。スキルと経験があれば、世界のどこでも働くことができる本命の職種です。

リラクゼーションスタッフ

リラクゼーションスタッフも専門職として海外で働きやすい職種です。大きいサロンから少人数のサロンまで活躍できる職場が多いのが魅力でしょう。

保育士

保育士は現地の資格が必要な場合が多いので、日本の資格だけでは就職できないことも。ただ、海外で保育士を目指している方も多いでしょう。

航空CA

昨今の事情で航空CAの求人が減少していますが、いずれは回復するとされています。そのため、海外旅行などの需要が増えた時にCAの数が足りなくなる予想も

日本人ならではの海外就職しやすい職種

  • お土産屋のスタッフ
  • 寿司ショップのスタッフ
  • 日本食レストランのスタッフ
  • ツアーガイド
  • 日本語教師

お土産屋のスタッフ

お土産屋のスタッフは、観光客向けの職種。日本が多く訪れる国や地域ならニーズが十分にあります。

寿司ショップのスタッフ

海外では寿司ショップが人気で、持ち帰りができる店舗も多いでしょう。寿司がにぎれる、巻物が作れると有利です。

日本食レストランのスタッフ

日本食レストランで働くといっても、シェフでなくてもウェイトレスなどの仕事もあります。日本食なので、日本人スタッフが望まれていることも。

ツアーガイド

ツアーガイドは資格がなくてもできる職種です。ニュージーランドではワーホリでもできる職種として人気がありました。ガイド関係の資格があると色々な国で働けるチャンスも。

日本語教師

東アジア、東南アジアでは特に日本語教師の求人が多く、日本に帰国後も日本語教師として働くことも。日本語教師になる方法は「ヒューマンの日本語教師養成講座」で取り寄せできる資料が分かりやすくなっています。

上記以外にも「大工」や「配管工」、「電気工事士」の職種くなら、スキルや経験、資格があれば永住権を狙えることも。日本での専門スキルを活かせる職種を探しましょう。

海外ならではの海外就職しやすい職種

  • ナニーやオーペア
  • 通訳や翻訳

ナニーやオーペア

ナニーやオーペアは、現地家族の家庭で子どもの世話をする仕事です。ナニーは給料が支払われる仕事、オーペアは世話の代わりに家賃が不要なるのが一般的。ニュージーランドやカナダなどで求人の募集が多いのが特徴です。

通訳や翻訳

語学力に自信があるなら、通訳や翻訳の仕事がスキルも活かせるのでおすすめです。会社に所属して働く以外にも、フリーランスとして働ける道も。

海外就職におすすめの転職エージェント

海外就職をするなら、求人を紹介してもらえる転職エージェントが便利です。

それぞれ、紹介してもらえる求人が異なる場合があるので、2~3社登録しておくことをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは企業規模も多く、海外就職の専用サイトもあるので海外の就職状況も把握しているのが大きな特徴。

英語力を活かした仕事につきたいなど、ニーズにあわせた手厚いサポートが魅力的です。

\海外も国内も転職に強い/

登録無料です。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職活動をする人なら知っている人も多い大手の転職エージェント。

特徴は、海外の求人も扱っており、未公開の求人が多いので登録すると求人にあった仕事を紹介してもらえる可能性があります。

\ 転職エージェントの定番 /

海外求人が豊富!

上記以外にも海外就職に役立つ転職サイトなどは、下記のコラムもご覧ください。

未経験もあり!海外就職しやすい職種まとめ

今回のコラムでは「【海外就職の職種ならコレ!】どれがいい?おすすめ15選一覧」をご紹介しました。

海外就職におすすめの職種一覧は、下記のとおりです。

  • シェフ
  • ファームジョブ
  • 日本向けコールセンター
  • ホテルのスタッフ
  • ウェイトレス/ウェイター
  • バリスタ美容師
  • IT系プログラマー
  • 鍼灸師
  • 保育士
  • 航空CAお土産屋のスタッフ
  • 寿司ショップのスタッフ
  • 日本食レストランのスタッフ
  • 旅行会社の受付やツアーガイド
  • 日本語教師

上記以外にも様々な職種がありますが、海外就職を目指すならスキルや経験が活きる職種を選びましょう。

ただ、もし永住まで目指すなら、永住権が取得できる職種を調べておくことが大切です。

もし、どのような求人があるのか知りたい方は、下記の転職エージェントなどを利用しましょう。

目次
閉じる