海外生活hack

【特別郵袋印刷物とは】日本から海外に本をまとめて送る方法!料金表や送り方は?

特別郵袋印刷物

本をまとめて海外に送れる特別郵袋印刷物について知りたい人向け。

日本から海外に本をまとめて送りたいけど、送料が高いだろうな。特別郵袋印刷物なら安いと聞いたけど、料金表や送り方はどうなんだろう。
かいじゅう
かいじゅう
「とくべつゆうたいいんさぶつ」って読むよ

こんにちは、かいじゅうです。

日本から海外に本をまとめて送りたいと思ったことはありませんか?

最近は電子書籍が普及していますが、海外で日本の本を片手にペラペラとページをまくりながらコーヒーを飲むなんて最高ですよね。

ただ、本はどうしても重いので、海外に配送してもらうとなると送料も結構かかるからどうしようかと考えている人もいるでしょう。

そのような時は、特別郵袋印刷物を検討してみてはいかがでしょうか?思っていたよりも送料が安いかもしれませんよ。

そこで、今回は「【特別郵袋印刷物とは】日本から海外に本を送る方法!料金表や送り方は?」をご紹介します。

かいじゅう
かいじゅう
間違えやすいけど、特別郵印刷物じゃないよ

特別郵袋印刷物とは海外に本をまとめて送るのに便利な方法

特別郵袋印刷物(とくべつゆうたいいんさつぶつ)とは、大量の印刷物(本や書類など)を袋に入れて海外に発送できる方法です。

同一差出人さまから同一受取人さまあてに印刷物を送る際に便利な発送方法です。 専用の郵袋(ゆうたい)に印刷物を入れるだけ。 最大30kgまで送れます(ただし、英国、カザフスタン、ウズベキスタン又は北朝鮮あては20kg)。 航空便・SAL便・船便の中から発送方法を選べます。引用:日本郵便

上記のように、一部の国を除いて30Kgまで送れるので、本をまとめて送るのに適しています。但し、その名の通り印刷物の限定なので、中におもちゃなど入れることはできません。

↑目次へ戻る

特別郵袋印刷物が印刷物限定で送料が安く送れる理由

特別郵袋印刷物の特徴は、印刷物(本や書類など)に限定しているので、送料が安くなる特別な配送方法です。

印刷物として例に挙げられているのは「書籍・カタログ・定期刊行物などの本・雑誌」「カタログ」「手帳・日記帳」「トランプ(プラスチック可)」など。

さらに、配送方法を航空便・SAL便・船便の中から選べることも大きなポイント。

一部、船便などは対応していない国がありますが、EMSと比べると1,000円以上も安くなることもあります。

例えば、東京からアメリカのカリフォルニア州に5Kgの印刷物を送ると仮定すると、EMSと比べてどのくらい送料が安くなるかは以下のとおりになります。

EMS
  • 8,700円
特別郵袋印刷物
  • AIR(航空便):5,000円
  • SAL(エコノミー便):4、100円
  • 船便:2,200円

なんとEMSで送るのと船便で送るのとでは、6,500円も差がつきました。

もちろん、到着日数がEMSなら約2~3日、船便なら約2~3ヶ月と違いますが、急ぐ必要がない本ならかなり安く送ることができます。

国や地域によっては船便が就航していない場合もありますが、料金は料金・日数を調べる|日本郵便から検索ができるので試してみましょう。

↑目次へ戻る

特別郵袋印刷物の気になる料金表と送り方

特別郵袋印刷物の料金表は、国際郵便料金表|日本郵便を参考にしてみてください(5ページ目)。

送り方は、指定された郵便局で差し出す際は特別郵袋を出したい旨を伝えたら、宛名記入用のタグを渡されます。そのタグに受取人や差出人の住所氏名等を書いて、
箱と一緒に局員に渡します。

郵袋の中に直接本を放り込んでも構わないのですが、入れるのはビニール製の白い袋か青い袋が一般的なので本が破損する恐れがあります。

かいじゅう
かいじゅう
コーヒーの豆袋じゃないんだね

その場合は、段ボールなどの箱に詰めるほうがいいでしょう。さらに、濡れないように本をビニールに入れから詰めるのがおすすすめです。

あまり大きな箱だと郵袋に入らないので、事前に袋の大きさを郵便局で確認しておきましょう。但し、総量に袋と箱の重量が含まれるので注意が必要です。

オプションで書留(アメリカ・カナダ宛を除く)や受取通知もつけることができます。

↑目次へ戻る

特別郵袋印刷物が利用できる郵便局が決まっています

特別郵袋印刷物が利用する際に注意したいのが、どの郵便局でも受け付けているわけではないこと。特定の郵便局でのみ受け付けが可能です。

特定の郵便局は、特別郵袋印刷物| 日本郵便から確認ができます。

特別郵袋の処理方法を知らない局員もいるかもしれないので、窓口に持っていく場合には連絡を入れた方が良いでしょう。

↑目次へ戻る

日本から海外に本を送るのにお得な特別郵袋印刷物まとめ

今回のコラムでは、「【特別郵袋印刷物とは】日本から海外に本を送る方法!料金表や送り方は?」をご紹介しました。

海外生活をしていると日本の本が読みたくなりますよね。最近は電子書籍で読むことが多くなりましたが、実際に手に取って本を読むのとは感覚が違います。

特に、子どもの絵本などはiPadで読ませたくはないので、やっぱり実際の本がほうがおすすめですね。

ただ、本は重いので海外に発送するのは料金が高いんじゃないの?と思われがちですが、国際郵便の色々なやり方を知っていると意外と安く送れることもあります。

是非、このコラムを参考にしていただいて、日本の本を特別郵袋印刷物として送ってみることを検討してみましょう。

↑目次へ戻る