そうだ、海外移住をしよう。
海外生活hack

【在住者厳選】ニュージーランド旅行におすすめのガイドブック5選|持っていくならどれがいい?

ニュージーランドガイドブック

ニュージーランド旅行のためのおすすめのガイドブックを知りたい人向け。

ニュージーランドの観光地やおすすめスポットを知りたいので、おすすめの便利なガイドブックがあれば教えて欲しい。
みつき
みつき
こういった要望に合うガイドブックを紹介するよ

近年、「イッテQ」などのテレビで紹介されることが多い「ニュージーランド」。

ニュージーランドは山や海の自然が多く、色々な観光スポットやグルメもあるので、事前の情報収集は欠かせません。

ただ、ニュージーランドのガイドブックといっても種類も多く、どれを選んでいいか分からなくなりますよね。

そこで、今回は「【在住者厳選】ニュージーランド旅行におすすめのガイドブック5選|持っていくならどれがいい?」をご紹介します。

海外旅行を考えているのなら、Kindle Unlimitedへの入会がおすすめ。無料で読めるガイドブックもあります!

スマホでも読めるので、移動時に便利で無料体験もできますね。

ニュージーランドで役立つガイドブック5選

ニュージーランド旅行に役立つおすすめのガイドブックは、以下の5つです。

それでは、それぞれの特徴を紹介していきましょう。

るるぶ:一般的な情報を知りたい人向け

るるぶは、他のガイドブックに載らない小さなニュージーランドの街も掲載されています。写真が多いので見る人の心をゆさぶりますね。

ショッピングやグルメ、お土産などがカテゴリーされていて定番のガイドブック。価格も安いので比較的手軽に購入できます。

地球の歩き方:とにかく情報量が欲しい人向け

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,870
(2021/07/21 14:15:37時点 Amazon調べ-詳細)

海外旅行の最新観光情報といえば、「るるぶ」と並んで定番の「地球の歩き方」。細かな現地情報も記載されていますね。

ただ、他ガイドブックと比べて情報量が多いため価格が高く、重いのが難点

タビトモ:持ち運びに便利なものがいい人向け

「るるぶ」のJTBパブリッシングが出版しているコンパクトサイズ。持ち運びには便利で、写真よりも文字が重視されているので情報量が多いのが特徴

可もなく不可もなくという感じなので、持ち運び用として準備してもいいかもしれませんね。

ことりっぷ:情報量より読みやすいがいい人向け

「ことりっぷ」は、女性目線から監修したガイドブック。大手ガイドブックには載らないような女性向きのお店も多く掲載されています。女子ウケするレイアウトとお店のチョイスがいいので、ワクワクさせてくれるでしょう。

情報量は他のガイドブックと比較すると少ないですが、薄いので持ち運び用として便利です。

LOVELY GREEN NEW ZEALAND:マニアックな情報を知りたい人向け

ニュージーランドのマニアックな情報ならLOVELY GREEN NEW ZEALAND。NZ在住者たちがクラウドファンディングを使って作り上げた一冊です。

文字が小さくマニアックな情報も掲載されているので、初めてのガイドブックには不向き。ただ、ニュージーランド在住者でも知らない情報が満載なので、長期滞在されている方にはおすすめ。

↑目次へ戻る

結局、どれがいい?おすすめのガイドブック

個人的におすすめなのは「るるぶのKindle版」と「地球の歩き方orタビトモ」の2冊持ちです

理由は、大きいガイドブックは邪魔だけで写真も多いので、ホテルやカフェなどで読むならKindle版のるるぶ。ただ、移動しながらだと読みにくいので、そこはリアル本が使いやすいですね。

「ことりっぷ」や「LOVELY GREEN NEW ZEALAND」は細かい情報まで掲載されているので、ガイドブックというよりも読み物として楽しむ価値ありです!

↑目次へ戻る

知っておこう!ニュージーランドの基本情報

ニュージーランドに訪れる前に基本情報を知っておきましょう。

首都ウェリントン(オークランドではないですよ!)
通貨ニュージーランド ドル
言語英語・マオリ語
時差+3時間(サマータイム:+4時間)
日本からのフライト時間直行便で約11時間
電圧・変換プラグ230~240V・O型(ハ型)プラグ

↑目次へ戻る

まとめ:ニュージーランドのおすすめガイドブック

今回のコラムでは、「【在住者厳選】ニュージーランド旅行におすすめのガイドブック5選|持っていくならどれがいい?」をご紹介しました。

ニュージーランドのガイドブックには色々種類があるので、できれば多くの情報を得たいと思う人も多いはず。

ただ、何冊も買うのは無駄だし、旅行後の扱いには困ってしまうので、そこは電子書籍のガイドブックとリアル本の2冊を用意するのが一番コスパがいいですね。

なので、無料で読めるKindle版「るるぶ」と、「タビトモ」か「ことりっぷ」のリアル本を購入するのがおすすめです。

現地在住者ならマニアックな情報が掲載されている「LOVELY GREEN NEW ZEALAND」もおすすめです。

まとめ

↑目次へ戻る