▶えっ、手数料が安い!お得な海外送金はコチラ⇒ click!

【インタビューの文字起こしはコレ!】卒論に代行を使う理由

文字起こし

卒論や論文に使うインタビューの文字起こしをしたい人向けです。

卒論や論文にインタビューで録音した内容を入れたいけど、いちいち文字起こしが面倒。何かいい方法がないかな。

卒論や論文にインタビューで録音した内容を入れるなら、どのように文字起こしをしたらいいか悩みますよね。

なかには録音内容を聞いて自分で文字に打ち換えると時間もかかるし、面倒だなと思う方も多いでしょう。

そのような場合には、卒論や論文のインタービューの文字起こしに代行を使うべきです。

では、なぜ代行を使うべきなのでしょうか。

そこで、今回は「【インタビューの文字起こしはコレ!】卒論に代行を使う理由」をご紹介します。

なお、すぐに文字起こしの代行がどのようなサービスか知りたい方はココナラがおすすめです。

目次

インタビューの文字起こしに代行を使う理由

best

卒論や論文のインタビューの文字起こしを代行してもらうべき理由は、下記のとおりです。

  1. 卒論は完成しないと意味がない
  2. 自分でやろうとしても続かない
  3. 代行を利用するとコスパがいい

1.卒論は完成しないと意味がない

卒論や論文の内容も大事ですが、卒論が完成しないと意味がありません。

卒業論文を早く完成させてブラッシュアップに時間を使うべきでしょう。

2.自分でやろうとしても続かない

自分で録音テープを聞いて文字起こししても時間がかかるので、やり始めてもなかなか続かないことが普通です。

一般的に60分の録音データで文字起こしに約3~4時間かかることも。

3.代行を利用するとコスパがいい

代行を利用すると数時間の作業が数千円で済むこともあるので、そこは時間とコストを比較してみてから考えるべき。

実は、ソフトを使って文字起こしをしたら、手直しが多くて結局よけいに時間がかかる場合も。そこは、人が文字起こしをしてもらうべきです。

これで卒論や論文のインタービューの文字起こしに代行を使ったほうがいい理由は分かった。

じゃあ、どこに依頼にすればいいの?と思われた方はココナラがおすすめです。

\ 初回登録300円OFF /

登録は無料です。

ただ、なかには自分の卒論や論文なんだから代行を使うべきではないという意見も。

反論:自分の卒論なのだから自分でやるべき

正直、インタービューを入れるのが目的ではありません

インタービューの多くは、第三者の意見や権威のある方の意見を参考に内容を固めるのが目的です。

そのため、卒業論文では自分の意見や考え方を示すことが一番の目的なので、そこはインタービュー内容をもとに自分の意見を反映させるべきです。

なかには、文字起こしが目的になって、打ち込むだけで満足してしまうことも。

そこは、文字起こしに時間をかけずに、サクッと代行してもらって卒論や論文の内容を濃くすることに時間をかけましょう。

おすすめの文字起こし代行サービス

音声の文字起こし代行サービスしたいおすすめの代行業者は、下記のとおりです。

数千円から依頼OK!ココナラ

個人のスキルを販売するマーケット「ココナラ」が安くて便利

音声データ・手書きデータ等を文字起こし致しますなどが見つかるので、希望にあったサービスをココナラで探してみましょう。

ただ、費用がかかる事実なので、重要なテーマの内容だけお願いするというのもアリですね。

身元確認で安心のランサーズ

重要な内容なら外部に漏れると問題だな、と思われる人もいるでしょう。その場合は身元確認ができているランサーズがおすすめです。

登録者の本人確認がしっかりしているので安心して利用でき、企業が間に入っているので対応が迅速で問題があったら相談しやすい安心感が魅力。

ただ、費用もかかるので、そこはソフトを使ってインタービューの文字起こしをしたいと思っている人も多いと思います。では、どのような方法があるのでしょうか。

インタビューの文字起こし無料ソフト

無料や有料で文字起こしができるソフトやアプリもあるので、利用を検討してみましょう。

AIソフトVrewで文字起こし

文字起こしを自動的にしてくれるソフト「Vrew」を利用するのもありでしょう。

Vrewとは、AIが動画の音声を自動で文字起こしをしてくれるソフトです。

無料でダウンロードできます。ただ、精度は高くないので、コストを抑えたい人向けですね。

Googleドキュメントで文字起こし

文字起こしを自動的にしてくれるGoogleドキュメントを利用するのも方法のひとつです。一方、ウィンドウズのワードでは文字起こしまではできませんね。

ただ、音声を取り込むのに手間がかかるため、無料で使えますが、使いづらいかもしれません。

卒論のインタビュー文字起こし方法まとめ

今回のコラムでは「【卒論のインタビュー】文字起こし方法は?代行を使うべき理由」をご紹介しました。

卒論や論文にインタビューの内容を記載して、信頼性や権威性を高めるのは有効な方法です。

ただ、文字起こしに時間をかけていて内容が薄くなっては元も子もありません。誰でもできることは、代行を利用するべきでしょう。

なお、代行を利用するなら、ココナラがおすすめです。登録は無料なので、予算に合ったサービスを見つけてみましょう。

\ 初回登録300円OFF /

登録は無料です。

目次