【カランメソッドのテキストどっちがいい?】eBookと紙のメリットとデメリット

カランメソッドのテキスト

カランメソッドのテキストはeBookと紙はどっちがいいのかな

カランメソッドのテキストには電子書籍のeBookタイプと書籍の紙タイプがあります。

eBookはかさばらないけど使い勝手が悪そうだから、ベーシックな紙タイプのほうがいいんじゃないかと悩んでしまいますよね。

そこで、今回のコラムではカランメソッドのテキストはebookタイプと紙タイプはどっちがいいのかを紹介します。

なお、すぐにカランメソッドを試してみたい方はQQ Englishがおすすめです。eBookタイプか紙タイプかをテキストを選ぶことができます。

\ 先生全員がカランメソッドOK /

無料で体験ができます!

このコラムの著者
みつき

海外移住FP

プロフィール

元ニュージーランド在住者の海外移住FPみつきです。

このブログでは、「海外で、暮らす、楽しむ。」をテーマに海外移住の手続き海外生活hack一時帰国hackをお伝えしています。プロフィールの詳細はコチラへ。

目次

カランメソッドにテキストは必要?

疑問

カランメソッドをやるには、eBookタイプか紙タイプのどちらかのテキストを購入しなければいけません

ただ、気になるのがテキストの料金。例えばQQEngishでは、eBook版が1,760円、紙版が2,100円となっています。

これが12レベルまでと考えると単純計算で、合計で約21,000円~25,000円ほどかかることになりますね。

これだけならeBookのほうが費用が安くて済みそうです。では、結局、カランメソッドのテキストは紙版とeBook版はどちらがいいのでしょうか。

カランメソッドのテキストどっちがいい?

結論は、カランメソッドのテキストならeBookがおすすめです

大きな理由のひとつは2024年の2月頃にカランメソッドのテキストがリニューアルされます!

もし今、紙タイプを購入すると対応ができなくなる可能性があります。

例えば、大手英会話スクールでは2024年6月までは旧タイプで対応できますが、それ以降は新版タイプではないといけなくなっています。

なので、今テキストが必要なら、カランメソッドを実施しているQQ EnglishではeBookを購入しておくほうが将来的にはいいでしょう。

とはいえ、紙タイプにもメリットがあるので、eBookと比較してどちらがいいかを検討しましょう。

そこで、次にカランメソッドのテキスト各タイプについてメリットとデメリットをまとめてみました。

eBookテキストのメリットとデメリット

メリットとデメリット

カランメソッドのテキストで、eBookタイプのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
価格が紙タイプより安い
どこでも学習がしやすい
リニューアル後も使え
書き込みができない
目が疲れやすい
電池切れの場合も

eBookテキストのメリット

メリット
価格が紙タイプより安い
どこでも学習がしやすい
保管の場所が必要ない

カランメソッドのテキストで紙タイプが1,760円のところ、eBookなら1,460円と300円ほど安くなっています。これがレベルを重ねていくごとにテキストが必要になると数千円の差になってきます。

eBookはパソコンだけでなく、スマホでも見ることができるので、移動中などのスキマ時間にもテキストを開くことができます。さらに保管の場所も必要がないのもメリットです。

eBookテキストのデメリット

デメリット
書き込みができない
目が疲れやすい
電池切れの場合も

カランメソッドのeBookテキストでは、書き込みができないのが一番のデメリットです。ちょっとしたメモができないことがストレスになることも。

しかも、スマホとかでは画面が小さく、じっと見ていると目が疲れてくるかもしれません。そもそも、スマホだと電池切れの心配もありますね。

紙テキストのメリットとデメリット

メリットとデメリット

カランメソッドのテキストで、紙タイプのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
書き込みやメモができる
取り出しやすく見やすい
中古テキストとして売れる
テキストのサイズが大きい持ち運びがしにくい
使用後は邪魔になる

紙テキストのメリット

メリット
書き込みやメモができる
取り出しやすく見やすい
中古テキストとして売れる

紙テキストのメリットは、何と言っても書き込みやメモができること。気づいたことを書き込むと効率が上がりますよね。

さらに、本としてなら取り出しやすいのでイライラせずに済みます。しかもテキストは大きいの見やすいのも魅力です。最後は中古テキストとして売ると意外と費用を抑えられます。

紙テキストのデメリット

デメリット
テキストのサイズが大きい
持ち運びがしにくい
使用後は邪魔になる

カランメソッドで紙テキストはサイズが大きいので保管や持ち運びに苦労することも。家ならまだしも外出先でテキストを開くのは場所をとります。

しかもレベルがあがってテキストを使わなくなると邪魔になってしまいます。もちろん売って構いませんが、なんとなく置いといたままになってホコリを被ることも。

結局、eBookタイプも紙タイプもメリットとデメリットがあるので、自分にあったほうが大切です。もし迷ったら、eBookにしましょう!

カランメソッドのテキストが購入できる!

カランメソッドのテキストも買える英会話スクールは、主に下記のとおりです。

  • QQ English
  • Native Camp(ネイティブキャンプ)

QQ Englishでカランメソッド

引用:QQ English

QQイングリッシュは、先生全員がカランメソッドのトレーニングを修了しているオンライン英会話スクールです。

もしカランメソッドを受講した場合は、下記の料金がかかります。

  • 月4回コース:2,980円(税込) / 月
  • 月8回コース:4,980円(税込) / 月
  • 月16回コース:7,980円(税込) / 月
  • 月30回コース:10,980円(税込) / 月

QQEngish受講でのカランメソッドのテキスト代は下記のとおりです(変更される可能性があり)。

  • eBookタイプ:1,760円
  • 紙タイプ:2.100円

まずは2回分の無料チケットがもらえ、1回はカランメソッドを試すことができるので、実際に体験してみましょう。

\ 先生全員がカランメソッドOK /

無料で体験ができます!

ネイティブキャンプでカランメソッド

引用:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、月額6,480円でレッスン回数無制限のオンライン英会話レッスンができるスクールです。但し、カランメソッドは追加料金がかかります。

もしカランメソッドを受講した場合には、下記の料金がかかります。

  • 月額受講料:6,480円(税込)
  • 予約料金:3,000円/30回分(税込)※講師による
  • テキスト代:1,800円(税込)~
  • 月額合計:約11,000円(税込)~

ネイティブキャンプ受講でのカランメソッドのテキスト代は下記のとおりです(変更される可能性があり)。

  • eBookタイプ:2,000円
  • 紙タイプ:2.700円

テキストもレベルに応じて追加でコインの購入が必要になりますね。ただ、回数無制限を考えるとお得とも。まずは7日間無料体験がで、授業の様子を体験してみましょう。

\ 先生全員がカランメソッドOK /

7日間の無料体験ができます!

QQ EnglishとNative Campはどっち?

QQ EnglishとNative Campはどちらいいかは、個人的にはQQ Englishです

理由は、Native Campは回数無制限のフリートークが受講できますが、カランメソッドを受講すると追加料金がかかる上に他のレッスンに割く時間がないほど大変だからです。

息抜きに他のレッスンを受講するのもいいですが、せっかくカランメソッドをするのであれば集中してやるほうがいいでしょう。

その点、QQ Englishは回数によって料金が異なっているので、自分のペースで進められるのが魅力です。

QQ Englishで試してみる

カランメソッドのテキストのよくある質問

Q&A

カランメソッドのテキストのよくある質問をまとめてみました。

カランメソッドは中古テキストでいい?

カランメソッドのテキストを中古で買う方法あります。メルカリなどでも市販されていますね。ただ、テキストの価格は新品と比べても極端に安いわけではありません。

まとめ:カランメソッドのテキスト

今回のコラムでは「【カランメソッドのテキストどっちがいい?】eBookと紙のメリットとデメリット」を紹介しました。

結論として、カランメソッドのテキストはebookがおすすめです。ただ、自分でメモを書いたり、コメントを付け加えたいなら紙も検討してましょう。

目次