海外生活hack

【自分で作れるサイン】漢字でくずして書く方法!かっこいい書き方とは?

漢字でサイン

海外で当たり前に使われるサインを感じでかっこよく作りたい人向け。

海外生活をするとサインが必要になると聞くな。クレジットカードの裏や契約書とかにカッコいい漢字でサインしたいな。自分で作れるのかな。
かいじゅう
かいじゅう
海外ではサインがよく使われるよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

日本では脱ハンコが叫ばれていますが、海外では家の賃貸契約書やビジネス上での書類にはサイン署名が当たり前。

英語でサインを作るのもいいですが、そこはやっぱり自分の名前を漢字でかっこよく作りたいと思う人もいるでしょう。

ただ、漢字となるとローマ字と違ってくずしにくいので、どうやって漢字をくずせばいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「【自分で作れる?】サインを漢字でくずして書く方法!かっこいい書き方とは」をご紹介します。

漢字をくずしてカッコいいサインを作る5つの方法

海外に渡航するならサインを作っておきましょう。では、サインを作る方法には何があるのでしょうか?

  • 1.海外のサインなら横書きが基本
  • 2.フォントを決める
  • 3.画像検索を参考する
  • 4.ツールを利用する
  • 5.業者に代行して依頼する

1.海外のサインなら横書きが基本

サインを決めるなら縦書きか横書きかという話がありますが、海外では基本的に横書き。縦書きは使う機会は少ないので、まずは横書きのサインを考えましょう。

2.フォントを決める

日本語のフォントには「ほのか明朝」「梅明朝」「御影毛筆」など色々とあります。もし、日本語の色々なフォントを知りたいなら「Canva」が便利。ブログのアイキャッチを作成する際に便利なサービスですが、フォントの種類が多く試せるのでおすすめです。

3.画像検索を参考する

実際に漢字の崩し字を考える上で参考になるのが、Googleの画像検索を使う方法。1文字ずつ「〇 くずす」と検索すると色々な画像が現れます。

現れた漢字の崩し字をまねて自分のサインとしてもいいかもれません。

4.ツールを利用する

漢字のくずし字を自分で考えるのは結構難しいので、ツールを利用する方法もあります。そこで参考になるのが、「くずし字表示」や「新 書道三体辞典」です。

5.業者に代行して依頼する

漢字でくずし字を自分で作るのはデザインセンスがないからちょっと無理!かっこいいのがいい!などと思ったら、業者に代行してもらうのもありでしょう。

一度、決めた漢字のサインは基本的には変えないほうがいいので最初にしっかりと決めておくことが大切。

↑目次へ戻る

漢字をくずしたサインを作る代行業者

代行業者にサインを作成してもらうなら、以下のサービス会社がおすすめです。費用は数千円から本格的なサインとなると数万円がかかりますが、それだけ需要とデザイン性が求められる証です。

  • 1.個人のスキルを売買できる「ココナラ」
  • 2.クラウドソーシング「ランサーズ」
  • 3.サイン署名の専門会社「署名ドットコム」

個人のスキルを売買できる「ココナラ」

自分でデザインが苦手だなと思う方は、ココナラを使ってデザインしてもらってもいいですね。

無料登録ができるので、登録してみて「サイン署名」の検索をしてみましょう。

例えば、「海外でも使える、オリジナルの署名サインを制作します」では、イニシャルを4,000円でオシャレなサインにしてくれます。

\2,000円から依頼できる/

個人のスキルを売買できる「ココナラ」

✓サイン専門家にも依頼可

クラウドソーシング「ランサーズ」

もっとサインを本格的に作りたい方は、ランサーズでデザインを依頼する方法もあります。

会員登録が必要ですが、オンラインでデザイナーに依頼することもできるの便利ですね。

\デザイナーに依頼できる/

クラウドソーシング「ランサーズ」

✓イラストレーターにも依頼可

サイン署名の専門会社「署名ドットコム」

署名ドッココム
出典:https://www.syomei.com/

オリジナルのサインサンプルが豊富に取り揃えている「署名ドットコム」。

署名専門の会社なので、英語だけではなく「サイン漢字の作り方」も分かります。

\本格的なサイン署名を作るなら/

署名ドットコム

✓オシャレなサインが作れる

かいじゅう
かいじゅう
カッコいいサインは一生使えるよ

↑目次へ戻る

サインは名前じゃなくてもOK

実は、意外かもしれませんがサインは名前じゃなくても良いんです。海外では、コレ名前なの?というようなサインのことがよくあります。

そもそも、名前だったとしてもローマ字をくずして書いているので自分じゃないとよく分からないことがあります。

逆に、サインがロゴのような意味合いになっているのではないかと思うので、自分の名前をロゴ感覚で作るというのもありですね。

↑目次へ戻る

オリジナルのサインを作る時の注意点

オリジナルのサインを作る場合には、サインを何度も練習して慣れておく必要があります。

サインを作って困る場合は、昔作ったサインを書類にしていて、どんなサインかを忘れてしまうこと。

それならサインを決めなくていいんじゃないの?と思われがちです。ただ、サインを真似されないように凝ったサインにしてしまうことが多いのです。

かいじゅう
かいじゅう
真似されないように凝りすぎると困るかも

↑目次へ戻る

個人的におすすめするサインの決め方

クレジットカードやキャッシュカードなどにサインをする場合には、「漢字+ひらがな」がおすすめです。

理由は、漢字なら基本的に真似ができるのは中国や台湾の人になるので真似されにくいということ。さらに、ひらがなであればカタカナよりも曲線が多いので、さらに真似されてにくいためです。

日本でそのクレジットカードを使う時には少し変に思われるかもしれませんが、その書き方がセキュリティを考えるのなら一番でしょう。

かいじゅう
かいじゅう
クレジットカードにサインをするなら、怪獣たろうと書くのが安全!

↑目次へ戻る

サインを漢字でくずしてかっこよく書く方法まとめ

今回のコラムでは、「【自分で作れるサイン】漢字でくずして書く方法!かっこいい書き方とは?」をご紹介しました。

海外ではサイン署名が一般的なので、自分でオリジナルのサインを作ってみましょう。

ただ、サインを作ると作ったサインがどんな形をしていたかを忘れてしまうこともあるので、記録に残すか何度も書いて手になじませておきましょう。

サイン署名
【サイン署名の作り方】サインの作成や添削に代行業者を使うべき理由とは?【海外移住や海外赴任でサイン署名を作りたい人向け】海外赴任をすることになったので、オシャレなサイン署名を作りたいな。自分で作るのは難しそうなので代行業者に依頼するのはどうだろう。といった疑問に海外在住者が回答します。...