そうだ、海外移住をしよう。
海外生活hack

【自分で作れるサイン】漢字でくずして書くには?かっこいい書き方とは

漢字でサイン

漢字の名前をくずして、かっこいいサインを作りたい人向け。

海外生活をするとサインが必要になると聞くな。クレジットカードの裏や契約書にカッコいい漢字でサインしたいな。自分で作れる書き方を知りたいな。
みつき
みつき
サインは一生使えるのでよく考えて作りましょう。

日本では脱ハンコが叫ばれていますが、海外では家の賃貸契約書やビジネス上での書類にはサイン署名が当たり前。

英語でサインを作るのもいいですが、やっぱり自分の名前を漢字でかっこよく作りたいですよね。

もし漢字をくずすといってもデザインのセンスが必要です。例えば、サイン作成を代行するココナラではロゴ作成のデザイナーが作成しています。

ただ、それでも自分で作る方法がないかと探してる人もいると思います。

そこで、今回は「【自分で作れるサイン】漢字でくずして書くには?かっこいい書き方とは」をご紹介します。

オリジナルのサインを作る時の注意点

オリジナルのサインを作る場合には、サインを作れば終わりではなく、何度も練習して書くのに慣れておく必要があります。

サインを作った後に困るのは、昔作ったサインを書類にしていて、どんなサインかを忘れてしまうこと。

さらに、実は意外かもしれませんがサインは名前じゃなくても構いません。なので、複雑なサインを作ったものの、同じようにサインができないということも。

サインは本人と証明するという大事な役割があるので、そこは慎重に決める必要がありますね。

みつき
みつき
真似されないように複雑にすると困るかもしれません。

↑目次へ戻る

漢字をくずしてカッコいいサインを作る方法

漢字の名前をかっよくくずすといっても、どういった感じになるのか分からなければ作ることもできないですよね。そこで、漢字を崩す方法をご紹介します。

  • 1.縦書きか横書きかを決める
  • 2.フォントを決める
  • 3.画像検索を参考する
  • 4.ツールを利用する
  • 5.業者に代行して依頼する

1.縦書きか横書きかを決める

サインを決めるなら縦書きか横書きかという話がありますが、海外では基本的に横書き。縦書きは使う機会は少ないので、まずは横書きのサインを考えましょう。

2.フォントを決める

日本語のフォントには「ほのか明朝」「梅明朝」「御影毛筆」など色々とあります。日本語の色々なフォントを知りたいなら「Canva」が便利。自分が気に入ったフォントを見つけましょう。

3.画像検索を参考する

実際に漢字の崩し字を考える上で参考になるのがGoogleの画像検索を使う方法。1文字ずつ「〇 くずす」と検索すると色々な画像が現れます。それをまねて、1文字ずつ漢字を崩していきましょう。

4.ツールを利用する

漢字のくずし字を自分で考えるのは結構難しいので、ツールを使う方法です。そこで参考になるのが、「くずし字表示」や「新 書道三体辞典」を利用してみましょう。

5.業者に代行して依頼する

漢字でくずし字を作るにはデザインセンスも必要になるので、時間がかかってしまうことも。もし、自分で作るのはデザインセンスがないと思っているなら、業者に代行してもらうのもありでしょう。

↑目次へ戻る

反論:代行を使うのはお金がもったない

サインは一度決めて使用することになると、変更はしないほうがいい言われています。例えば、海外の銀行で口座を開設する際には自筆サインが求められます。

もし、サインを変えてしまうと開設時の書き方を忘れてしまうと本人証明が取れないということもあります。

なので、サイン署名は「一生使う」といってもいいほど重要なものなので、「かっこいい」「書きやすい」「オリジナリティ」があるほうがいいですよね。

ただ、オリジナルのかっこいいサインを考え出すのはデザインのセンスが必要です。

しかも、代行に依頼するといっても数千円から依頼できるので、そこで時間を使うよりもサクっとデザインを作ってもらう方が簡単な場合もあります。

みつき
みつき
まずは自分で作ってみて納得がいかないなら検討してもいいですね。

↑目次へ戻る

漢字をくずしたサイン作成の代行業者

代行業者にサインを作成してもらうなら、以下のサービス会社がおすすめです。

費用は数千円から本格的なサインとなると数万円がかかりますが、それだけ需要とデザイン性が求められる証です。

  • 1.プロに頼むなら「署名ドットコム」
  • 2.個人のスキルを売買できる「ココナラ」
  • 3.クラウドソーシング「ランサーズ」

1.プロに頼むなら「署名ドットコム」

署名ドッココム
出典:https://www.syomei.com/

オリジナルのサインサンプルが豊富に取り揃えている「署名ドットコム」。署名専門の会社なので、英語だけではなく「サイン漢字の作り方」も分かります。

出来たサインが気に入らなかったら再提案もでき、書き方の説明や練習資料も添付されるので安心です。

何といっても専門の会社なので、正式に使用できるサインを作ろうと考えているなら一番のおすすめです。

\校正(修正)が5回まで無料/

署名ドットコムをみてみる

✓本格的なサイン署名を作るなら

2.個人のスキルを売買できる「ココナラ」

自分でデザインが苦手だなと思う方は、ココナラを使って格安でデザインしてもらってもいいですね。ただ、校正の回数をよく確認しておきましょう。

例えば、「海外でも使えるサインをデザインします」では、すでに依頼が100件以上の実績があるので安心して依頼することができますね。

\数千円から依頼できる/

ココナラをみてみる

✓登録は無料

3.クラウドソーシング「ランサーズ」

もっとサインを本格的に作りたい方は、ランサーズでデザインを依頼する方法もあります。会員登録が必要ですが、オンラインでデザイナーに依頼することもできるの便利ですね。

\デザイナーに依頼できる/

ランサーズをみてみる

✓イラストレーターにも依頼可

みつき
みつき
サインは一生使うものなので慎重に決めましょう。

↑目次へ戻る

かっこいいサインを作る方法まとめ

今回のコラムでは、「【自分で作れるサイン】漢字でくずして書くには?かっこよい書き方とは」をご紹介しました。

一度、決めた漢字のサインは基本的には変えないほうがいいので最初にしっかりと決めておくことが大切です。

かっこいいサインを作る方法
  • 1.縦書きか横書きかを決める
  • 2.フォントを決める
  • 3.画像検索を参考する
  • 4.ツールを利用する
  • 5.業者に代行して依頼する

ただ、自分でサインをするのにもデザインのセンスが必要なので、もし作成に不安な人なら作成の代行をお願いしてみるのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る