MENU
海外移住に役立つ書籍を探す>>>

【自分のサインが欲しいならコレ!】かっこいい漢字の書き方

かっこいいサイン

かっこいい自分のサインが欲しい人向けです

漢字やローマ字をくずして自分で作れるのかな。サインの書き方を知って、かっこいいや可愛い自分のサインが欲しい。
みつき
サインは一生使えるのでよく考えて作りましょう。

海外生活をする上で賃貸の契約やビジネス上でやり取りに必要なのが「サイン署名」です。

そうなると、かっこいい自分のサインを作りたいですよね。

特に海外では印鑑代わりにもなるので、コロコロと変えるわけいかず、一生使うサインとも言えます。

では、どのようにして自分のサインを作ればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【自分のサインが欲しいならコレ!】かっこいい漢字の書き方」をご紹介します。

このコラムでは「反論:自分のサインぐらい自分で作ろう!」以外にも「サイン作成代行のおすすめサービス」もお伝えしています。

ただ、自分でサインを作るのはセンスがないから、サクッとプロに作ってもらいたい!という時は「署名ドットコム」がおすすめです。

目次

自分のサインが欲しい時のかっこいい書き方

かっこいい自分のサインが欲しい人のために、まずは自分の名前をくずす方法ををご紹介します。

  1. 縦書きか横書きかを決める
  2. フォントを決める
  3. 画像検索を参考する
  4. ツールを利用する
  5. プロに作ってもらう

1.縦書きか横書きかを決める

サインを決めるなら縦書きか横書きかという話がありますが、海外では基本的に横書き。

縦書きは使う機会は少ないので、まずは横書きのサインを考えましょう。

2.フォントを決める

日本語のフォントには「ほのか明朝」「梅明朝」「御影毛筆」など色々とあります。

日本語の色々なフォントを知りたいなら「Canva」が便利。自分が気に入ったフォントを見つけましょう。

3.画像検索を参考する

実際に漢字の崩し字を考える上で参考になるのがGoogleの画像検索を使う方法

1文字ずつ「〇 くずす」と検索すると色々な画像が現れます。それをまねて、1文字ずつ漢字を崩していきましょう。

4.ツールを利用する

漢字のくずし字を自分で考えるのは結構難しいので、ツールを使う方法。

そこで参考になるのが「くずし字表示」や「新 書道三体辞典」を利用してみましょう。

最近では、自分のサインが作ることができるアプリ「署名デザイン – 署名アートデザイナー」もありますね。

5.プロに作ってもらう

漢字でくずし字を作るにはデザインセンスも必要になるので、時間がかかってしまうことも。

かっこいい自分のサインだけでなく、かわいいサインのデザインも依頼することできるのも魅力です。

もし、自分で作るのはデザインセンスがないと思っているなら、業者に代行してもらうのもありでしょう。

反論:自分のサインぐらい自分で作ろう!

サインは一度決めて使用することになると、変更はしないほうがいい言われています。

もし、サインを変えてしまうと開設時の書き方を忘れてしまうと本人証明が取れないということも。

なので、サイン署名は「一生使う」といってもいいほど重要なものはありません。

1度作れば使い続けることになるので、自分が気に入ったサインを考え出すのは意外と大変です。

そのため、書き方で悩んで時間を使うより、サクっとカッコいいデザインを作ってもらうほうがいい場合もあります。

じゃあ、どこでサインを作ってもらえるの?と疑問に思いますよね。次に、サイン作成の代行サービスをお伝えします。

サイン作成代行おすすめサービス3選

おすすめの代行業者は、下記の3つのサービスです。

  1. 署名ドットコム
  2. ココナラ
  3. ランサーズ

1.署名ドットコム

サイン専門の会社なので書き方の練習もしやすいのが、署名ドットコムです。

プロのデザイナーのみが在籍しているので、高い実績があり安心

書き方の練習もついて、かっこいい一生使える自分のサインを作るなら一番おすすめです。

\  初回登録で300ポイントGET  /

優待コード「4QBN3」と入力

2.ココナラ

個人のスキルを販売するマーケット「ココナラ」が安くて便利。プロ・アマにかかわらず、サインのデザインを格安で依頼することができます。

あなただけの署名やサインをデザインします」以外にも「あなたのサイン考えます」など、さまざまサービスが提供されています。

かっこいい自分のサインだけではなく、可愛いサインも依頼できるのも魅力。書き方も教えてもらえます

ただ、プロではない人もいるので見極めが難しく料金が安いので、割り切って依頼することも必要かもしれません。

\  初回登録で300ポイントGET  /

優待コード「4QBN3」と入力

3.ランサーズ

プロも多く在籍しているのが、ランサーズ登録者の本人確認がしっかりしているので安心して利用できます。

企業が間に入っているので対応が迅速で問題があったら相談しやすい安心感が魅力ですね。

\  身元が保証されているので安心  /

登録は無料です。

オリジナルのサインを作る時の注意点

自分だけのサインを作った後は、何度も練習して書くのに慣れておく必要があります。

サインを作った後に困るのは、昔作ったサインを書類にしていて、どんなサインかを忘れてしまうこと。

さらに、実は意外かもしれませんがサインは名前じゃなくても構いません。複雑なサインを作ったものの、同じようにサインができないということも。

サインは本人と証明するという大事な役割があるので、そこは慎重に決める必要がありますね。

そのような時には、サインの書き方を繰り返し練習できるツールがある「署名ドットコム」の利用も検討してみましょう。

みつき
真似されないように複雑にすると困るかもしれません。

かっこいい自分のサインの書き方まとめ

今回のコラムでは「【自分のサインが欲しいならコレ!】かっこいい漢字の書き方」をご紹介しました。

かっこいい自分のサインが欲しい時の作り方は、下記のとおりです。

  • 縦書きか横書きかを決める
  • フォントを決める
  • 画像検索を参考する
  • ツールを利用する
  • プロに作ってもらう

ただ、自分でサインをするのにもデザインのセンスが必要なので、もし作成に不安な人なら作成の代行をお願いしてみるのも方法のひとつです。

目次
閉じる