そうだ、海外移住をしよう。
海外移住

【EMSの送り状の書き方】どうやって書く?インボイスの書き方とは

EMSの送り状の書き方を知りたい人向けです。

荷物の海外に在住する家族に送りたいな。EMSで送るのが一番簡単らしいけど、送り状(インボイス)はどうやって書けばいいんだろう。EMSの送り状の書き方を知りたい。
みつき
みつき
最近は手書きのEMSの送り状を認めない国も出てきました。

海外に荷物を送るなら、EMS(国際郵便スピード)が便利と聞いたことはありませんか。

EMSなら追跡サービスもついているし、配送日数も短いので利用されている人は多いと思います。

ただ、はじめて利用するとなると「EMSの送り状」をどのように書けばいいか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「【EMSの送り状の書き方】どうやって書く?インボイスの書き方とは」をご紹介します。

EMSの送り状とインボイスの違い

EMS(国際スピード郵便)で荷物を送るには、EMSの送り状が必要です。

送り状のことを英語でINVOICE(インボイス)と呼ばれるので、同じ意味になります。

ただ、荷物の量が少なければ送り状に「品名」「重量」「価格」を記入することができますが、品目が多いと書くスペースが足りなくなることも。

そのため、別紙で「税関告知書補助用紙」を作成する必要があります。

送り状も全巻告知書別用紙も郵便局でもらうことができます。

では、この送り状はどのように書けばいいのでしょうか?

↑目次へ戻る

【サンプルあり】EMSの送り状の書き方

ここでは手書きでEMSの送り状を書く方法をご紹介します。

下記がEMSの送り状です。それぞれカッコのように必要事項を書き込みます。

日本の住所を英語表記にする場合には、Googleで「住所 英語」と入力すると翻訳が表示されます。

↑目次へ戻る

手書きでEMSの送り状を書く時の注意点

送り状を書く際の注意点は、以下のとおりです。

  • 品目は商品名ではなく一般名で書く
  • 単品ごとの合計と総合計の重量を合わせる
  • 価格は正確でなくてもOK

品目は商品名ではなく一般名で書く

海外に発送するので、商品名を書いても外国の方は意味が通じません。そのため、品目はT-shirtsのように一般名で記入します。

単品ごとの合計と総合計の重量を合わせる

1個ずつの重量を書く必要がありますが、あまり細かい重さを書く必要はありません。ただ、総合計の重量が極端に違わないようにしましょう。

価格は正確でなくてもOK

中古のものを送る場合もあるので、その場合は時価で記入してもOKです。但し、0円はNGなので、購入価格の40%ぐらいを目途に記載しましょう。

国・地域によっては金額や品物・量で関税がかけられることも。だからといって嘘を書かないようにしましょう。

↑目次へ戻る

印刷は?ネットでEMSの送り状の作成方法

最近は、EMSの送り状を手書きでは認めない国・地域(アメリカなど)が出来てきました。

そのため、国際郵便のマイページから送り状やインボイスを作成することが求められています。

手書きだと修正が面倒なので、ネットで送り状を作成する方法を知っておきましょう。

しかも、一度、会員登録をしておくと住所入力の手間が省けるので便利です。

  • STEP1
    会員登録
    国際郵便のマイページから会員登録を行います。
  • STEP2
    依頼元を登録
    ご依頼主を登録から名前や住所を入力します。
  • STEP3
    依頼先を登録
    お届け先も同様に登録します。
  • STEP4
    品物を登録
    EMSを選択し、配送方法も選びます。その後、品目ごとに重量・価格を入力します。品目数が多ければ、下に長くなっていきます。
  • STEP5
    発送登録の確認
    内容を確認して印刷画面に移行します。

ただ、ネット上で作成したEMSの送り状を印刷しようにも家にプリンターがない!という人はいませんか。

そのような場合には、コンビニで印刷ができる機能を活用しましょう!

例えば、セブンイレブンには「ネットプリント」というマルチ複合機が店舗に置かれているので、ネットでアップロードした送り状を印刷することができます。

しかも、会員登録せずにアップロードができるので、非常に便利。自宅にプリンターがないなら活用法を知っておくと便利ですよ。

↑目次へ戻る

英語で書くEMSの送り状の書き方まとめ

今回のコラムでは、「【EMSの送り状の書き方】どうやって書く?インボイスの書き方とは」をご紹介しました。

日本国内で荷物を送る場合と比べて、海外に送る場合には品物を細かく書く必要があります。

是非、このコラムを参考にして送り状を作成してみましょう。

特に、ネット上で作成できるようになれば何度も送るなら手間が省けるので便利ですよ。

↑目次へ戻る