海外移住準備

【海外移住FPが回答】海外に移住したらクレジットカードはどうなる?

海外移住をしたらクレジットカードの維持や更新、新規に作れるか知りたい人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
「海外赴任や海外就職で海外移住をすると、クレジットカードはどうなるんだろう。解約してなくなると困るし、更新や新しく作れたりするのかな。」

といった疑問に@海外移住FPが回答します。

当サイトではブログを書きつつ、海外移住の手続きや海外生活のコツを紹介しています。

海外に移住することになっても、使う機会が多いのが「クレジットカード」。

現地国のクレジットカードを作ることもできますが、為替レートの問題もあるので、日本のネットショッピングや一時帰国で買い物をする時などには日本のクレジットカードがあれば便利ですよね。

しかし、海外移住をするとクレジットカードは持てなくなるのでしょうか?さらに、海外で更新や新しく日本のクレジットカードを作ることができるのでしょうか?

そこで今回は、「海外に移住したらクレジットカードはどうなる?」をご紹介します。

このコラムでは、「海外移住後にクレジットカードを解約しなければいけないのか」や「クレジットカードの更新や新しく作れるのか」が分かります。

海外生活で便利な「おすすめのクレジットカード」もお伝えします!

海外に移住したらクレジットカードはどうなる?

住民票を抜いて、住民登録を抹消すると日本居住者ではなくなるので、原則としてクレジットカードは解約になります。

但し、あくまでも自己申告になるので、海外在住者は日本のクレジットカードをそのまま維持している場合が多いのが実情です。

もちろん、クレジットカードの更新は自動的に有効期限が新しいカードが登録した住所に郵送されますが、日本非居住者は新規にクレジットカードを作ることはできません。

それでは、海外移住をするとクレジットカードが取り扱いがどうなるのかを詳しく紹介していきます。

  • 海外移住でクレジットカードは自動的に解約にならない
  • 海外移住でもクレジットカードの更新は可能
  • 住民票を抜くとクレジットカードは新しく作れない
  • 海外移住におすすめのクレジットカード

海外移住でクレジットカードは自動的に解約にならない

実は、クレジットカード会社の多くは海外移住後に解約になるかどうかの明記はされていません

そのためクレジットカードは自動的に解約はならず、自己申告でカードを買いやすくすることになります。

一方、銀行口座や証券口座の場合は、原則として「住民登録の抹消(海外転出届を出す)をした場合は口座の維持はできない」という記載があります。

それを考えると、海外移住後に銀行の口座から引き落とされるのでクレジットカードも解約になるという考え方になりますが、実際には多くの海外在住者はクレジットカードをそのまま所有しています。

では、現在も持っているクレジットカードの更新は海外でもできるのでしょうか。

海外移住でクレジットカードの更新は可能

クレジットカード会社によっても対応は異なりますが、海外移住後でも更新は可能です

ただし、更新されたカードの郵送は日本国内に住所(実家など)に限定されています。

また、クレジットカードには有効期限があるので、期限を過ぎるとカードが利用できなくなります。そのため、海外在住のケースでは滞在中にクレジットカードの有効期限を迎えてしまうことがあります。

もし海外に長期間滞在するという場合は事前に手持ちのクレジットカードの有効期限をチェックしましょう。

海外滞在中に有効期限を迎える場合は、有効期限は短くなりますが、更新期限よりも早めに更新手続きができる場合もあります

住民票を抜くとクレジットカードは新しく作れない

住民票を抜いて住民登録を抹消すると、新しくクレジットカードを作ることはできないのが一般的です。

但し、クレジットカード会社によって対応が違っていて、一部の会社では日本国内に住所が必要ですが、新規にクレジットカードを作ることができます。

例えば、三井住友カードのホームページには下記の記載があります。

Q.海外に住んでいますが、カードは申し込みできますか。
海外にご滞在、ご勤務されている方も、弊社発行のカードをお申し込みいただけます。ただし、以下の点をあらかじめご了承ください。

(1)新しいカードの送付先は日本国内とさせていただいております。

(2)弊社ホームページからのお申し込みにあたりましては、ご勤務先の海外所在地は ご入力いただけませんので、紙のご入会申込書でのお手続きとなります。ご勤務先が日本国内の所在地をお持ちであればホームページ上でご入力いただけます。

(3)カードのお申し込みにあたりまして、カード送付先の日本国内のご住所・お客様のお名前・ 生年月日が記載された本人確認書類※(運転免許証、パスポート等)の写しをご提出いただく必要がございます。(なお、ホームページからのお手続きの場合は、写しのご提出が不要となる場合がございます)

(4)お引き落としの口座は日本国内で開設された円口座をご設定いただいております。

出典:よくあるご質問トップ|三井住友カード

ただし、クレジットカードなので収入が証明されないと作成することが難しいかもしれません。クレジットカード会社によっては審査の基準が違うので申し込んでみる価値はあります。

さらに、短期留学やロングステイ、ワーキングホリデーなど期間限定の海外移住を考えていて、住民登録を抹消されない方は心配する必要はありません。海外渡航前にクレジットカードを作成しておきましょう。

もし、海外留学や短期滞在などで住民登録を抹消されない方は、クレジットカードを2枚以上所持しておくことをオススメします。

その際、VISAとMASTERのように別のクレジットカード会社にしておきましょう。カードの磁気がおかしくなったり、暗証番号を忘れてロックがかかってしまったときに慌てなくてすみます。

それでは、海外移住FPが「海外移住におすすめのクレジットカード」をご紹介します。

海外移住におすすめのクレジットカード

海外移住と言っても、移住スタイルには色々あるので、住民票を抜いて住民登録を抹消せずに渡航するケースもあります。

例えば、1年未満のワーキングホリデーや海外留学、さらに短期の海外赴任など。

住民票が日本国内にあれば、クレジットの審査は別としてクレジットカードを作ることができます。

もし、クレジットカードの審査が通らないor通りにくい人は、「海外プリペイドカード」を検討しましょう。

【海外移住FPが回答】留学でも作れる海外プリペイドカードとは?【留学でも海外で使えるプリペイドカードについて知りたい人向け】海外移住FPが「海外留学をする予定があるけど、学生なのでクレジットカードが作れない。海外で使えるプリペイドカードなら作れるらしいけど、どのようなカードかな。」 といった疑問に回答します。...

海外移住におすすめのクレジットカードのポイントは、「ショッピングポイントが貯まりやすい」 or「マイルがつく」のどちらかです

では、海外移住におすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。

楽天カード
ポイントが貯まりやすいクレジットカードなら、楽天カードや楽天プレミアムカードがおすすめ。いろいろな特典が付いてくるので便利です。楽天カードは無料で作ることができますよ。
年会費 永久無料
ポイント 100円のご利用につき1ポイント
保険 海外旅行傷害保険付き(条件あり)
特典① 楽天市場でポイント最大3倍
特典② 手荷物宅配優待で通常価格より最大300円OFF
特典③ ハワイ・ワイキキに専用ラウンジ

詳細ページ公式サイト
 

楽天プレミアムカード
楽天カードの上位カード。年会費がかかりますが、新規入会&1回利用で、最大で10,000ポイントがもらえる特典あり。家族カードも作成できるので便利。
年会費 11,000円(税込)
ポイント 100円のご利用につき1ポイント
保険 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・動産総合保険付き
特典① 楽天市場でポイント最大5倍
特典② プライオリティ・パスの発行で海外空港ラウンジが無料
特典③ トラベルコース選択で手荷物宅配サービス(年2回)

詳細ページ公式サイト
 

三井住友VISAクラシックカード
三井住友クレジットカード
銀行系のクレジットカードで悩んだら「コレを作っておけば問題なし」という感じの三井住友クレジットカード。
年会費 1,375円(初年度無料)&年に一度利用で年会費が無料
ポイント 0.50%~2.50%
保険 海外旅行傷害保険付き
特典 ワールドプレゼントポイント
備考 三井住友VISAゴールドカード

お申込はこちら公式サイト

 

JALカード
JALカード
海外旅行や日本と行き来することが多いのなら、マイルが貯まる航空会社系のクレジットカードがお得。
年会費 2,200円(初年度無料)
ポイント 還元率0.50%~2.50%
保険 海外旅行傷害保険付き(条件あり)
特典 最大1,850マイルのボーナス
備考 JAL・MasterCard

お申込はこちら公式サイト

まとめ:海外に移住してもクレジットカードは必要です!

海外に移住しても移住スタイルによってもクレジットカードがどうなるかが変わります。

仮に住民票を抜いて住民登録を抹消しても自動的にクレジットカードは解約にはなりません。更新もできますが、日本国内の住所が必要ですが、新しくクレジットカードを作ることは原則として出来ません。

住民票を抜かないで海外移住をする人は、海外移住でも役立つクレジットカードを作ることをおすすめします。

海外でも日本のクレジットカードを使うと、ショッピングポイントやマイルが貯られるまることがあるので、有効に利用すべきでしょう。

特に、一時帰国のチケット代や買い物などに役立ちます。