MENU
海外移住に役立つ書籍を探す>>>

【Win10はセキュリティソフトいらない?】理由を徹底調査

win10とセキュリティソフト

Win10はセキュリティソフトがいらないかどうか知りたい人向けです。

海外でPCを利用するのに市販のセキュリティソフトを入れようか迷っています。Windows10やwin11ならWindows Defenderがあるからいらない!とも聞くけど本当かな。
みつき
私が市販のセキュリティソフトを利用している理由を紹介します。

実は、Windows10には「Windows Defender」というセキュリティソフトが標準搭載されています。

Windows 10 には、最新のウイルス対策の保護を提供する Windows セキュリティが含まれています。

お使いのデバイスは、Windows 10 を起動した瞬間からアクティブに保護されます。
引用:サポート|Microsoft

そのため、Windows10はセキュリティソフトはいらないのかな?と思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【Win10はセキュリティソフトいらない?】理由を徹底調査」をご紹介します。

このコラムでは「結局、セキュリティソフトはどれがいい?」もお伝えしています。

目次

Win10はセキュリティソフトいらない?


結論としては、PCセキュリティに詳しくないなら、悩まず市販セキュリティソフトをいれるべきです。

別に、Windows Defenderを信用していないわけではありません。

市販セキュリティもダブルで利用する理由は、以下のとおりです。

  • Windows Defenderだけで安全か分からない
  • 市販のセキュリティソフトは意外と安い
  • 銀行などの金融系アクセスを守る機能がある

Windows Defenderだけで安全か分からない

誰も本当にWindows Defenderだけで安全かは分からないから。

市販のセキュリティソフトは意外と安い

市販のセキュリティソフトの料金をご存知でしょうか?シンプルなプランなら1年で数千円で済むので、それほど費用が高くはないとも。

銀行などの金融系アクセスを守る機能がある

市販されているセキュリティソフトには、銀行などへのアクセスを別ウインドウで開く機能があり意識しないでも安全に利用できます。

どれがいい?おすすめのセキュリティソフト

ウイルス対策ソフト

海外で使用したいセキュリティソフトのおすすめは、下記のとおりです。

  1. ESETセキュリティソフト
  2. ノートン
  3. ウイルスバスター
  4. マカフィー(McAfee)
  5. ウイルスセキュリティZERO

1.ESETセキュリティソフト

私は「ESETセキュリティソフト」を利用しています。

実際に使用していますが、動作が軽く、何かあったときにしか反応しないので、本当に動いているの?と思っているぐらい軽いです。

さらに銀行などの金融サイトは別のセキュリティページが開きます。

ESET料金プランで一番ベーシックな「ESET インターネット セキュリティ」は、下記のとおりです。

スクロールできます
契約年数1台(税込)3台まで(税込)5台まで(税込)対応デバイス
1年4,950円6,160円7,480円Windows・Mac・Android
3年6,600円8,250円9,900円Windows・Mac・Android
5年7,480円9,900円
2022年1月現在

まずは、30日間無料のお試しができます。まずは、その軽さを体験してみましょう。

30日間お試し無料

ベーシックなら初年度4,950円(税込)

2.ノートン

世界売上シェアNo.1を誇るノートン。価格は高めですが、より安全なセキュリティソフトを求めている方向けです。

ノートンで一番ベーシックな「ノートン 360 スタンダード」の価格は、下記のとおりです。

スクロールできます
契約年数1台(税込)2台まで(税込)対応デバイス
最初の1年4,780円4,980円Windows・Mac
2年目以降6,980円7,680円Windows・Mac
2022年1月現在

ノートン セキュリティは無料体験ができますが、「ノートン360」ではなく「従来製品のノートン セキュリティ」となります。

30日間お試し無料

ベーシックなら初年度4,780円(税込)

3.ウイルスバスター

AI技術を用いたセキュリティ対策が特徴です。日本国内でのシェアも高く、日本では馴染みが深いセキュリティソフトとして人気があります。

ウイルスバスターで一番ベーシックな価格は、下記のとおりです。

スクロールできます
契約年数1台(税込)対応デバイス
1年5,720円Windows・Mac・Android
210,250円Windows・Mac・Android
3年13,580円Windows・Mac・Android
2022年1月現在

※2022年1月現在

日本で人気のウイルスバスター。国内市場シェア14年連続No.1を誇ります。ただ、価格が高めですね。

30日間お試し無料

ベーシックなら初年度5,720円(税込)

4.マカフィー(McAfee)

世界的に有名なセキュリティソフト。

価格が普通ですが、操作性は少し難しいという意見やインストールするとPCスピードが遅くなるという評判もあります。

マカフィーで一番ベーシックな価格は、下記のとおりです。

スクロールできます
契約年数1台(税込)対応デバイス
1年6,500円(更新時:9,980円/年)Windows・Mac・Android
3年11,000円(更新時:9,980円/年)Windows・Mac・Android
2022年1月現在

30日間無料体験ですが、返金制度なので他のサービスと比べると試しにくいのが難点。価格も高め。

30日間返金保証付き

ベーシックなら初年度6,500円(税込)

5.ウイルスセキュリティZERO

ただ、費用はかけたくない!という人には、更新費用が無料のセキュリティ対策ソフトもあります。

それは、ソースネクストの「ウイルスセキュリティZERO」です。

初回に1回払うだけで、OSバージョンの使用期限が続く限り更新が無料になっています。

費用を抑えたいなら便利なセキュリティソフトです。

初回購入後、更新料が永年無料

1台1,980円(税込)と格安!

結局、セキュリティソフトはどれがいい?

結論から言うと、ESETセキュリティソフトです。

理由は実際に私が使用していることもありますが、動作が軽く、何かあったときにしか反応しないので、本当に楽です。

例えば、私が導入しているESETは1年で4,950円(税込)、3年で6,660円(税込)です。

仮にPCが新しくなっても引き継げるので、3年契約で年間3,330円(税込)、1ヶ月で約270円ちょっと。

これくらいの金額なら、不安に思うよりサクっと有料セキュリティソフトを導入したほうがいいです。

ESETセキュリティソフトの金額やプランを確認してみましょう!

30日間お試し無料

ベーシックなら初年度4,950円(税込)

スマホにセキュリティソフトは必要?

パソコンはともかくスマホは大丈夫?と思って対策をされていない人も多いでしょう。

アンドロイドのスマホについてはスマホ用のセキュリティソフトを導入しておいた方がいいですね。

確かにiPhoneなどは審査が厳しいアップルストアでアプリなどをダウンロードするため、リスクは低いといえます。

ただ、アンドロイドについては、アップルストアほどアプリのダウンロードサイトは厳しく審査されていないません。

悪意のあるアプリがダウンロードできるようになっているのが通説です。

おすすめのセキュリティソフトESETにも「ESET モバイル セキュリティ」のプランがあります。

30日間お試し無料

ベーシックなら初年度4,950円(税込)

Win10はセキュリティソフト実は必要まとめ

今回のコラムでは「【Win10はセキュリティソフトいらない?】不要と言われる理由とは」をご紹介しました。

Windows Defenderだけでも十分なセキュリティ対策になりますが、ネット通販やネットバンキングなどを利用するなら市販のセキュリティソフトを導入するべきです。

おすすめの市販セキュリティソフトは、下記のとおりです。

料金も年間でも安いので、いちいち心配するぐらいなら導入しておいて損はありません。

市販のセキュリティ対策ソフトは迷わず導入しておきましょう!

目次
閉じる