海外生活hack

【NZ在住者が説明】ニュージーランドと日本の時差は?【サマータイムかどうかで違います】

ニュージーランド日本時差

ニュージーランドと日本の時差がどのくらいあるかを知りたい人向け。

ニュージーランドへの旅行を考えているけど、時差がどれくらいあるんだろう。サマータイムで違うのかな。
かいじゅう
かいじゅう
ニュージーランド在住者が説明するよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

日本と海外で気になるのが、時差。海外から日本に連絡を取りたい時や逆の場合にも何時かな?と疑問に思う人も多いはず。

ニュージーランドも同様に日本と時差があるので、ニュージーランドが〇〇時だから日本が〇〇時とかいちいち気にしなくてはいけません。

そこで、今回は「【NZ在住者が説明】ニュージーランドと日本の時差」をご紹介します。

ニュージーランドと日本の時差

ニュージーランドと日本の時差は、3時間(夏時間の場合は4時間)です。

例えば、日本が朝の10時ならニュージーランドは昼の1時です。これが夏時間になると、昼の2時になります。

サマータイム(夏時間)とは?

ニュージーランドのサマータイム(夏時間)とは、毎年9月の最終の日曜日から翌年の4月の第1日曜日まで実施されます。

夏時間になると夜の9時頃まで日中のように明るく感じます。

サマータイムが始まる時は時計の針を1時間進め、また終わる時には時計の針を1時間戻す必要があります。

そのため、旅行を考えている人はフライト中か到着時に夏時間か冬時間に合わせて時計の時刻を変更しましょう。

ニュージーランドは日本の時間より3時間先に進んでいますが、サマータイムになると4時間先になります。

夏時間の期間についてはこちら(で確認することができます。

かいじゅう
かいじゅう
ニュージーランドは世界で最も早く1日の朝を迎える国だよ

時差をいちいち考えないために出来ること

ニュージーランドと日本の時間をいちいち考えないいけないのは面倒です。

なので、そこはiPhoneであれば「世界時計」で指定した年の時間を表示させることができます

すぐに時間を確認したい場合は、iPhoneの世界時間を利用しましょう。

時差ボケの解消法

時差ボケはフライト時間が9時間以上ある地域へ移動すると、起こりやすくなります。

症状は、夜に寝られなくなったり、日中のねむけ、疲労感などがあるので、このような経験したことがある人は多いと思います。

なぜかは分かりませんが、時差ボケの症状の程度は西へ飛行した場合よりも東へ飛行した場合に強くなるそうです。

ニュージーランドは南東にあるので時差ボケを感じやすいかもしれません。

時差ボケの解消法は、出発前に十分な休養と睡眠をとっておくこと。

東へ移動する場合は早起き、西方へ向かう場合はその逆で遅く寝て遅く起きるようにします。滞在地では太陽に浴びて体内リズムを現地の時間に早く同調させるようにします。

よく飛行機に搭乗しているCAさんの中には「現地でも運動を初日から取り入れる」という意見がありましたが、これも身体のバランスを整えてくれます。

時差ボケ解消の方法は、原始的ですが朝に太陽を浴びることと初日に運動することで徐々に脳内時間を調整するしかないようですね。

ニュージーランドと日本の時差まとめ

今回のコラムでは、「【NZ在住者が説明】ニュージーランドと日本の時差は?【サマータイムかどうかで違います】」をご紹介しました。

日本とニュージーランドの時差は3時間か4時間もあるので、旅行をしたときには時差ボケで身体のリズムを取り戻すのには大変かもしれません。