そうだ、海外移住をしよう。
海外移住

【海外移住の教科書】何をすればいい?手続きとチェックリスト一覧|2021年版

海外移住の教科書

海外移住の教科書のように手続きやチェックリストを知りたい人向け。

移住するのにの手続きや準備はどうすればいいのかな。教科書のように海外移住の準備が体系的にまとめた情報が欲しい。チェックリストとかあればいいな。
みつき
みつき
チェックリストを活用してモレがないようにしましょう。

いざ海外移住をしようと思っても、どうやって移住先を決めればいいの?どんな手続きが必要なの?など、多くの疑問が出てくると思います。

特に、はじめて海外移住をしようする人は何から手を付ければいいのか悩んでしまうかもしれません。

意外と海外移住に関する情報が少なく、当時、ニュージーランドに移住した時に苦労した経験があります

このコラムは、移住前から海外在住している人まで、海外移住に関する総合情報を教科書のようにまとめました。

そこで、今回は「【海外移住の教科書】何をすればいい?手続きとチェックリスト一覧|2021年版」をご紹介します。

このコラムで分かること(読み飛ばしができます)

タップできる目次

海外移住のための情報収集(移住前)

海外移住をしようと思ったら、まずは移住先を選んで必要な情報を集まることから始めましょう。

海外移住のための移住先選び

海外移住といっても海外永住、海外就職、海外赴任、海外留学、親子留学、長期滞在(ロングステイ)、ワーキングホリデーなど色々なスタイルがあります。

スタイルによって滞在目的や期間が異なってくるので、海外移住先の選び方は「移住目的」「ビザの種類」「治安」「生活費」によっても左右されます。何を優先させるかも考慮にいれて選びましょう。

↑目次へ戻る

海外移住のための海外就職・海外転職

海外移住を成功させるには現地国で働くことも必要です。そのためには、「現地で仕事を探す」「日本から求人に応募する」など方法がいくつかあります。

現地に渡航する前に日本の転職サイトで求人情報を調べて、応募するのも方法の一つです。

↑目次へ戻る

海外移住のための書籍や雑誌一覧

海外移住をはじめようと思ったら何から始めればいいのでしょうか。まずは、書籍や雑誌から色々な情報を集めるのが基本です。

海外移住に必要な基礎情報から税金、国別の情報など様々な情報を得るようにしましょう。ただ、書籍や雑誌は過去の情報になるので注意が必要です。

↑目次へ戻る

海外移住のための行政手続き(2週間前~)

海外移住が決まったら、市町村役場や税務署などの手続きが必要になります。

海外転出届/住民票の手続き

海外転出届は、1年以上を海外に滞在する人が市役所などに出す届け出。届け出る場合は出国の約2週間前から可能です。

但し、届け出は義務ではなく、提出しないまま海外で滞在している人もいます。

この海外転出届を出して住民登録を抹消するかどうかで、年金や国保、住民税の義務が発生するかどうかが決まります

届け出を出すか出さないかはメリットとデメリットをよく考えて決めましょう。

海外転出届
【海外移住FPが回答】海外在住なら住民票は?海外転出届と住民登録の関係【海外在住になるので海外転出届を出すかどうか迷っている人向け】海外移住をすると住民票を抜いて住民登録を抹消しないといけないのかな。海外転出届を出すメリットやデメリットを知りたいな。出し忘れたらどうなるんだろう。こういった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

国民年金の手続き

国民年金は、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方はすべて国民年金に加入する義務があります。

非居住者になると義務ではなくなり、年金を脱退することになります。届け出は海外転出届を出すと自動的に脱退となります。

ただし、年金は任意で加入することもでき、受給条件を満たせば海外でも年金を受け取れるようになります。

非居住者ならではルールや手続きなどが発生するので注意しましょう。

海外移住と年金
【海外移住FPが回答】海外在住なら国民年金や厚生年金はどうなる?知っておきたい将来の保障【国民年金や厚生年金は海外移住をするとどうなるのか知りたい人向け】海外移住FPが「老後になったら、海外でも年金を受け取れるのかな?海外に移住すると今まで支払っていた国民年金や厚生年金はどうなるのか知りたい。」といった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

国民健康保険の手続き

海外転出届を出し非居住者になると、国民健康保険や健康保険も脱退になります。

国保には、国民年金のような任意加入制度がないため、保険が使えなくなるため注意が必要です。

国民健康保険がなくなるということは、今までは原則3割負担で済んでいた費用が全額負担になります。

海外移住と国民健康保険
【海外移住FPが回答】海外在住なら国民健康保険や健康保険はどうなる?知っておきたい手続きのこと【海外在住になると国民健康保険や健康保険がどうなるかを知りたい人向け】海外移住をすると、日本で加入している国民健康保険や健康保険はどうなるのかな。海外在住になると保険が使えなくなるのだろうか。こういった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

住民税の手続き

海外転出届を出し非居住者になると、住民税の支払い義務もなくなります

ただし、住民税は当年度の分を翌年に支払うルールになっているので、非居住者になったとしても当年度分は支払う義務が発生します。

そのため、移住後に住民税の支払いが必要になる場合があるので費用の準備や手続き方法を考えておきましょう。

住民税
【海外移住FPが回答】海外に移住すると住民税はどうなる?【海外移住で海外移住をすると、移住の前後の住民税はどうなるのか知りたい人向け】海外移住FPが「海外に移住するために会社を退職した場合、年の途中で移住したら住民税はどうなるのかな。」といった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

所得税(確定申告)手続き

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日まで)の所得金額から計算して得られる税金を計算して納付する制度です。

これが海外移住で年度の途中で退職された方や、他の収入がある方(不動産所得など)、住民登録を抹消して海外移住をする方は原則として確定申告が必要となります。

会社を退職される場合は、会社で所得税の処理をしてもらえる場合もあるので相談してみましょう。

海外移住と確定申告
【海外移住FPが回答】海外在住になると確定申告や所得税はどうなる?知っておきたい手続きのこと【海外移住をして海外在住になると確定申告や所得税はどうなるのか知りたい人向け】出国前に確定申告で所得税を納税する必要はあるのかな。もし、納税し忘れたらどうすればいんだろう。こういった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

納税管理人の手続き

海外に居住することになると年金保険料の支払いや納税義務などが発生した場合、日本に納税管理人を選定しておくと本人の代理で納税等をすることが可能になります。

海外に長期滞在をする予定がある方は、指定の手続きしておくことをおすすめします。特に、納税管理人は誰でもなることができます。

納税管理人とは
【誰でもなれる!】海外移住をする前に決めるべき納税管理人とは?【海外移住をする前に決めるべき納税管理人について知りたい人向け】海外移住FPが「海外赴任で日本に自宅を残したままにするので、固定資産税の納税が必要です。非居住者の本人の代理で納税する納税管理人について知りたいな。」といった疑問に回答します。 ...

↑目次へ戻る

マイナンバーの手続き

マイナンバーが割り当てられるのは住民票を有するすべての個人なので、原則として非居住者にはマイナンバーはないことになります。

ただし、非居住者の方が住民登録をするとマイナンバーが発行され、その後に非居住者になっても抹消や変更は原則ありません。

完全帰国をすることがあれば、マイナンバーの手続きを忘れないようにしましょう。

海外在住者マイナンバー
【海外移住がFP回答】海外送金にはマイナンバーは必要?知っておきたい送金ルール【海外在住者になるとマイナンバーはどうなるか知りたい人向け】海外移住をして非居住の海外在住者になるとマイナンバーはどうなるんだろう。取得できるのかな。海外送金にはマイナンバーが必要なのかな。こういった疑問に海外移住FPが回答します。...

↑目次へ戻る

海外移住のための金融手続き(3ヶ月前~)

海外移住のために必要な金融手続きを確認しておきましょう。

生命保険や医療保険の手続き

非居住者になると新規に医療保険や生命保険に申し込みができなくなりますが、既に加入している保険については継続できることが一般的です。

ただし、保険料の支払いが必要になるので、保険内容の見直しを検討しましょう。

海外移住の保険
【海外移住FPが回答】海外在住なら生命保険や医療保険はどうなる?知っておきたい手続きのこと【海外移住をする際に日本で加入している保険がどうなるか知りたい方向け】海外に移住をすると、今も加入している生命保険や医療保険はどうなるのかな。移住後も保険は適用できるたらいいな。といった疑問に海外移住FPが回答します。 ...

↑目次へ戻る

クレジットカードの手続き

海外生活をするようになってもクレジットカードは一時帰国や現地での買い物で使うことができるので必要なものといえますが、移住後は更新や新規開設ができない場合があります。

クレジットカード比較
【どれがいい?】海外移住におすすめのクレジットカード比較5選|2021年版【海外移住に役立つおすすめのクレジットカード比較を知りたい人向け】海外移住FPが「海外赴任や海外就職で海外移住をすると、クレジットカードはどうなるんだろう。解約してなくなると困るし、更新や新しく作れたりするのかな。」といった疑問に回答します。 ...

↑目次へ戻る

海外プリペイドカードの手続き

海外プリペイドカードは信用審査がないので一定の年齢以上であれば学生でも作ることができるので、海外留学や海外卒業旅行などに便利です。

海外プリペイドカード比較
【比較表あり】海外プリペイドカードおすすめ5選!トラベルでも便利なのは?【海外で使えるプリペイドカードのおすすめを比較した情報を知りたい人向け】海外留学をする学生の子どもにも持たせられるカードはあるのかな。トラベルやワーホリするなら海外プリペイドカードがおすすめと聞いたけど。といった疑問に海外移住FPが回答します。...

↑目次へ戻る

国際キャッシュカードの手続き

国際キャッシュカードは主に銀行のデビットカードとも言われ、クレジットカードと違い口座から使った分だけがその場で引き落とされるので使い過ぎや手数料が軽減されるメリットがあります。

国際キャッシュカード
【海外移住FPが回答】国際キャッシュカードおすすめ3選!海外で便利なカードはどれ?【国際キャッシュカードのおすすめがどれか知りたい人向け。】 海外移住をするので、おすすめの国際キャッシュカードを知りたいな。クレジットカードと何が違うんだろう。違いやメリットを教えて欲しいな。といった疑問に海外移住FPが回答します。 ...

↑目次へ戻る

銀行口座の手続き

海外移住のスタイルによっては、住民登録を抹消せずに移住できる場合があります。

そのような場合は、銀行口座の維持や新規開設が可能です。銀行によって対応が異なるので、事前に確認しておきましょう。

海外移住で銀行口座
【海外移住FPが回答】日本の銀行口座は維持?解約?海外在住になるなら知っておきたいルール【海外移住をすると日本の銀行口座がどうなるか知りたい人向けです】 海外在住をすると日本にある銀行口座は解約しないといけないのかな。維持しておきたいけど、海外移住の場合はどうなるんだろう。こういった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

海外送金の手続き

海外移住するのにあたって海外留学している子どもにお金を送る以外にも、念のために海外送金をする方法を確保しておきましょう。急に海外送金をすることになるとどうやってやるのか困ってしまいます。

海外送金の方法やルール、注意点を知っておくと手数料が節約できたりするので、海外送金をしたい金額によっても使うサービスを変えるのも方法のひとつです。

海外送金の方法
【海外移住FPが回答】海外送金で手数料が安い方法は?国際送金を利用する時の注意点【はじめての海外送金で具体的な方法や注意点を知りたい人向け】海外送金はどうやったらいいのかな。安心できる方法や手数料が安い方法がいいけど、どうやって選べばいいのかな。国際送金をするときの注意点も知りたいな。そういった疑問に海外移住FPが回答します。...

↑目次へ戻る

外貨両替の準備

海外移住前に準備しておきたいのが、現地の紙幣や通貨。外貨両替は約1ヶ月前から両替レートを確認して、レートが良いときに事前に両替しておくのがおすすめです。

両替方法は、現地国の空港や両替所、日本の空港、銀行や金券ショップ、外貨両替宅配サービスなど様々。一番手数料が安いのはFXを使った両替ですが、メリット・デメリットがあるので、両替をする時期や金額を考慮しましょう。

外貨両替方法
【外貨両替の方法】おすすめの手数料が安いのは?為替レートで比較してみました外貨両替で手数料が安く損をしない方法を知りたい人向け。 こんにちは、みつきです。 皆さんが海外旅行をするとき...

↑目次へ戻る

海外移住のための国内手続き(6ヶ月前~)

海外移住のために必要な手続きやモノを準備しましょう。

パスポート取得や更新

パスポートの取得方法は、各都道府県のパスポート申請窓口にて申請書を手に入れます。

申請書は5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類に分けられます。20歳未満の方は5年有効なパスポートしか申請できません。

この申請書に戸籍謄本または戸籍抄本、住民票の写し、パスポート用の写真、本人確認の書類などが必要になります。

土日祝日を除く7日前後で受け取ることができますが、早めに準備しておきましょう。

パスポートの有効期限
【パスポートの有効期限に注意】海外移住のために必要な有効期間とは?【海外移住の準備をする上で気つけることを知りたい人向け】海外移住FPが「海外移住をすることになってパスポートの有効期限が残り少ないんだけど、問題ないのかな。パスポートを準備する上で気を付けることはあるのか知りたい。」 という疑問に回答します。 こういった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

海外移住のためのビザ(査証)取得

海外で長期滞在するには、観光ビザなどではない限り、ワークビザやパートナービザ、リタイヤメントビザなどが必須です。

目的に応じたビザの取得が必要になるので、事前にどのように取得すればいいのかを確認しておきましょう。

ビザ査証
【取得必須】海外移住に必要な基本的なビザの種類8つ!どんな査証がある?【海外生活するのために必要なビザには何があるか知りたい人向け】海外移住FPが「海外移住をしたいけど、どういったビザを取得すればいいのかな。ビザを取るのが大変だとも聞くけど、海外移住しやすいビザとかあるのかな。」といった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

航空券予約や購入

海外移住が決まったら、航空券の手配が必要です。日程に合わせて早めに予約をしておくと割安プランや割引が適用になるのでお得です。

時期によっては航空券の価格が高くなるため、料金にあわせて海外渡航をする時期や日程を決めましょう。

航空券
【航空チケット】料金が安い航空券はどこで買う?格安航空チケットも比較できる!【海外移住のために安くて便利な航空券の予約・購入サイトを知りたい人向け】海外移住FPが「海外移住をするために航空券の予約や購入をしたいけど、価格が比較できるおすすめの購入サイトを教えて欲しい。」といった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

健康診断や虫歯治療

海外に移住してから病気などが分かると大変なので、移住前できるだけ早めに健康診断を受けておきましょう

特に、海外で虫歯の治療をすると費用が高くなったり、治療レベルが心配になるので、移住前に歯科検診を受けるkとが大切です。最低でも移住する6ヶ月前には受診しておきましょう。

https://www.kaigaiizyufp.com/dental-checkup/

↑目次へ戻る

海外引越し

海外移住が決まったら、海外への引越し準備も必要になります。国内間に引越しをする場合と比べて、梱包のルールや税関手続きなどがあるので専門の業者に任せるのが便利

ただ、できるだけ費用を安く抑えるためには、自分で郵送する方法もあります。但し、配送できない物や制限がある物などは事前に確認しておく必要があります。

海外引っ越し
【海外引越しの方法】引っ越し料金を安く抑えるコツは?【海外赴任や家族移住、単身赴任で必要な海外引越し費用を安くしたい人向け】海外移住FPが「海外駐在で東南アジアに引越すことになったのだけど、いくらかかるのかな。国際引越しの料金を安くするコツもあれば教えて欲しい。」といった疑問に回答します。...

さらに、海外引越しで出た不用品は早めに処分しておきましょう。

不用品
【不用品回収】海外引越しで出た物を処分する4つの方法!買取もあり【海外引越しの不用品を回収や買取してもらいたい人向け】 海外移住のために海外引越し中に、もう使わない不用品がたくさん出てきた。売るのも面倒だし、不用品回収や買取してくれるサービスとかないかな。こういった要望に海外在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

自動車関連の手続き

現地で自動車などの運転することを考えている人は、一旦、国際免許証を取得しておくことも検討しておきましょう。

海外移住で長期間車を運転しなくなり、自動車保険を解約する場合には保険会社に依頼すると「中断証明書」という書類を発行してくれます。

中断した同じ等級から契約を再開できるだけではなく、海外の保険会社に自動車保険を申し込みをする際に等級によっては保険料が安くなる可能性があります。

車輸出
【自動車を日本から海外へ】車やバイクを持ち出す方法や費用は?知っておきたい手続きのこと【海外移住先に自動車やバイクを持ち込む方法や費用を知りたい人向け】運転し慣れた自家用車やバイクを海外移住先に持ち込みたいけど、どのような手続きがあるのかな?色々と面倒そうだけど、サクッと知りたい。こういった疑問に回答します。 ...

↑目次へ戻る

スマホや携帯の手続き

海外で長期滞在をすることになったら、今使用しているスマホ・携帯をどうすればいいか悩みますよね。基本的に、解約・一時停止・SIMロック解除の3つの方法があります。

それぞれ、解約手数料や一時停止時の月額利用料・事務手数料・SIMロック解除手数料など費用がかかることがあるので、契約内容によってどれが一番安くなるのかを検討しましょう。

一時利用停止サービス
【一時利用中止サービス】海外移住をするならスマホの契約はどうする?【海外移住が決まったらスマホはどうすればいいのか知りたい人向け】海外移住FPが「海外で日本で契約しているスマホや手続きはどうしたらいいんだろう。海外でも使えるようにするにはどうすればいいかな。」といった疑問に回答します。 ...

↑目次へ戻る

子どもや育児関連の手続き

海外移住に子どもを同行させる、海外留学をする方は現在の通っている学校に転校届を出しましょう。

留学先によっては、転校前の成績証明書や出席表などが必要になる場合があります。

もし、海外で日本の教科書を使って勉強させたい場合には海外子女教育振興財団で海外移住する小・中学生のために無料で日本の教科書を配布しています。申込期間などがあるので事前の確認が必要です。

転校
【子どもが海外に転校】海外在住なら退学にすることになる?知っておきたい手続きと準備したいこと【子どもの海外への転校や退学の手続きについて知りたい人向け】子どもの転校手続きはどうすればいいんだろう。退学になるのかな。海外在住になると教科書とかもどうすればいいか知りたいな。こういった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

郵便関係の手続き

郵便局では、郵便物の転送サービスは国内住所のみ可能であるため海外へは転送してもらうことはできません。

実家などの親族の住所を指定するのが一般的ですが、基本は1年間です。

転居届
【転居届は忘れずに】自宅に届く手紙や荷物をどうする?海外移住前に届け出が必要!【海外移住後に自宅に届く手紙や荷物をどうすればいいか知りたい人向け】海外移住前に郵便局で転居届を出したほうがいいのかな?もし移住後に手紙や荷物が届いたらどうしよう、こういった疑問に海外在住者が回答します。 ...

もし、日本から荷物を親や親族に送ってもらうとなると国内郵便のようにいかないので、EMSの送り状の書き方やインボイスの作成など国際郵便で送る方法を確認しておきましょう。

https://www.kaigaiizyufp.com/ems/

↑目次へ戻る

公共サービスの手続き

海外移住先や国内の一時滞在先(実家など)への引っ越し日が決まったら、旧居の電気・水道・ガス・ネットを停止する手続きが必要です。

使用している会社によって手続き先が異なるので、まずは現在使用している各会社を解約手続きの方法や、いつまでに解約すればいいのかを確認しましょう。

基本的に1~2週間前には済ませるのがおすすめです。

↑目次へ戻る

準備しておきたいもの

海外で生活していると段々と海外では手に入りにくい日本のものが分かるようになってきます。

特に、日本の食材や医薬品、文房具、衛生用品などは手に入っても価格が高いことがあるので事前に準備しておきましょう。

海外生活の必需品
【随時追加】海外生活の必需品と便利グッズ21選+!日本から持ってきてよかった物一覧【海外生活のために日本から持ってきてよかった必需品を知りたい人向け】海外赴任で海外移住をすることになったので、日本から持ってきてよかった必需品や便利グッズを知りたいな。こういった疑問に海外在住者が回答します。...
海外対応
【海外対応も】海外に持っていくべき電化製品5選+!おすすめの家電は?【日本から海外に持っていくべき家電を知りたい人向け】海外生活をするのに日本から持って行ったほうがいい海外対応の電化製品は何かな。海外で家電を買うと高いし、性能がよくないとも聞くし、といった要望に回答します。 ...

↑目次へ戻る

海外移住前から出国までの準備チェックリスト一覧

上記で紹介した「海外移住のための準備チェックリスト」を一覧にしてまとめてみました。

準備チェックリスト 実施時期の目安 ポイント チェック メモ欄
パスポート取得や更新 6ヵ月前から 海外渡航先の国や地域で入国できる有効期限を確認しましょう              
海外移住のためのビザ(査証) 6ヵ月前から ビザの申請に必要な書類や条件を確認しておきましょう              
航空券予約や購入 6ヵ月前から 航空券は時期によって値段が違うので渡航時期をよく考えましょう              
健康診断や虫歯治療 6ヵ月前から 虫歯の治療などは数週間もかかることも。早めの受診がおすすめ              
海外引越し 6ヵ月前から 引越し会社に問い合わせて見積もりを比較しましょう              
自動車関連の手続き 6ヵ月前から 自動車の売却や保険の一時中断の書類を取得しておきましょう              
スマホや携帯の手続き 6ヵ月前から 解約や一時利用中止サービスの利用を検討しましょう              
子どもや育児関連の手続き 6ヵ月前から 転校や退学の手続き方法の確認。教科書や育児グッズの入手しておきましょう              
郵便関係の手続き 6ヵ月前から 転送届は原則として1年まで。忘れずに届け出をしておきましょう              
公共サービスの手続き 6ヵ月前から 電話・ガス・水道などの解約方法などを先に調べておきましょう              
準備しておきたいもの 6ヵ月前から 海外に持って行きたいものを早めに購入しておきましょう              
保険関係の手続き 3ヵ月前から 海外在住でも適用になるかを保険会社に確認しましょう              
クレジットカードの手続き 3ヵ月前から 住民票を残す方は新規作成が可能。便利なクレジットカードを選びましょう              
海外プリペイドカードの手続き 3ヵ月前から 住民票を残す方は新規作成が可能。便利な海外プリペイドカードを選びましょう              
国際キャッシュカードの手続き 3ヵ月前から 住民票を残す方は新規作成が可能。便利な国際キャッシュカードを選びましょう              
銀行口座の手続き 3ヵ月前から 海外赴任などで帰国予定の方は非居住者向けサービスを検討しましょう              
海外送金の手続き 3ヵ月前から すぐに利用しなくても海外移住前に海外送金の準備をしておきましょう              
外貨両替の準備 3ヵ月前から 海外渡航してすぐに使える生活費は数か月分は用意しておきましょう              
海外転出届/住民票の手続き 2週間前から 海外転出届は義務ではないのでメリットとデメリットを把握して決めましょう              
国民年金の手続き 2週間前から 非居住者は加入義務なし。任意加入制度の利用を検討しましょう              
国民健康保険の手続き 2週間前から 非居住者は強制脱退。移動は海外旅行保険、到着後は現地の保険加入を検討しましょう              
住民税の手続き 2週間前から 住民税の課税対象は1月1日時点。1年後の住民税に納税に備えておきましょう              
所得税(確定申告)手続き 2週間前から 年度の途中で非居住者になる場合は原則として確定申告が必要です              
納税管理人の手続き 2週間前から 非居住者になるなら納税管理人を指定しておくと安心です              
マイナンバーの手続き 2週間前から 海外移住をしてもマイナンバーは抹消されませんが、カードは返却しておきましょう              

上記の表を範囲指定してエクセルなどに貼り付けをすると、準備チェックリストが出来上がります。自分なりにアレンジしてみてくださいね。

海外在住者向けの手続きチェックリスト(移住後)

海外移住した後に必要になる可能性がある手続きについてご紹介します。

運転免許更新の手続き

自動車免許は海外で更新することができないため、一時帰国などで更新することになります。

ただ、更新時期によっては期間前更新ができる場合があるので移住前に免許証の有効期限を確認して必要であれば更新しておきましょう。

運転免許の期間前更新
【運転免許の期間前更新】海外在住者が一時帰国で更新するための手続きや書類は?【海外在住者が一時帰国でも出来る運転免許証の期間更を知りたい人向け】海外在住だけど運転免許証の有効期限が切れるけど、海外で免許更新はできなのかな。一時帰国なら期間前更新ができるらしいけど、手続き方法を知りたい。こういった疑問に海外移住FPが回答します。...

↑目次へ戻る

在留届の手続き

旅券法第16条により外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本人は、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられています。

近年、海外ではテロや被災などに巻き込まれるケースが増えてきており、在留届を出しておくことで事前に注意すべきことや被災した場合の連絡がつきやすくなるメリットがあります。

在留届
【海外在住者は必須】在留届はなぜ必要?届け出の意味と届け出方法【在留届の意味や届け出の方法を知りたい人向け】海外在住になったので在留届を出さないといけないのかな。どういう意味があるんだろう。義務だと聞くし、届け出しないと罰則とかあるのだろうか。といった疑問に海外移住FPが回答します。...

↑目次へ戻る

相続関連の手続き

海外在住者のなかには日本に親族を置いて渡航している人も多いと思います。

急に親族が亡くなって相続などが発生することも考えられるので、海外在住者が相続に直面したら何をすればいいかを知っておくと役立ちます。

突然相続
【突然相続とは】海外で相続の手続きを突然することになったら?日本に住んでいる親族が亡くなったので相続の手続きについて知りたい人向け。海外移住FPが「海外生活中に日本にいる親がなくなったので、急遽、帰国しなくてはいけなくなりました。相続とかの問題もあるらしいので、海外在住者が知っておくべき相続手続きについて詳しく知りたい。」といった疑問に回答します。...

↑目次へ戻る

贈与関連の手続き

海外移住をしている人のなかには、子どもが海外留学や親子留学をしているケースが年々増えてきています。

その場合や両親や祖父母から学費や生活費の援助をしたい場合に贈与税はかかるのでしょうか。

最近では、教育資金贈与制度も新設されているので贈与しやすくなっています。海外移住と贈与に関係を知っておきましょう。

↑目次へ戻る

海外移住FPが教える手続き方法と準備チェックリスト一覧まとめ

今回のコラムでは、「【海外移住の教科書】海外移住FPが教える手続き方法と準備チェックリスト一覧」をご紹介しました。

海外就職や海外転職でスキルアップしたい人、海外生活をしてみたい人、国際結婚で海外に住む人など、ワーキングホリデーで海外留学をしたい人など、移住する目的は様々です。

なかには予想もしていなくて海外移住をすることになった人もいるでしょう。そのような人でも、そうでない人でも海外移住の手続きや始め方をご紹介してみました。

「海外移住をもっと身近に。」これが、このブログのテーマの一つです。

↑目次へ戻る