一時帰国

【日本人でも免税で買える?】一時帰国にタックスフリーで買い物をする条件

免税タックスフリー

一時帰国で海外在住者が免税で買う方法を知りたい人向け。

一時帰国で海外在住者でも免税でショッピングができると聞いたけど、何か必要なのかな。どうやったら免税で買えるのか知りたい。
かいじゅう
かいじゅう
免税で購入できるルールを説明するよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

海外在住者にとって数年に1回ほどしかないのが、一時帰国。日本に帰国したら現地国では買えない物を大量に買おうと計画している人もいると思います。

そんな海外在住者にとって気になるのが、免税で買い物ができるかどうか

実は、訪日外国人だけではなく、日本人でも免税で買い物ができるんです!ただし、日本で免税(タックスフリー)を使って買い物をするには条件があります。

そこで、今回は「【日本人でも免税で買える?】一時帰国にタックスフリーで買い物をする条件」をご紹介します。

かいじゅう
かいじゅう
日本人でも条件を満たせば免税で買い物ができるよ

一時帰国で免税(タックスフリー)になる対象者

タックスフリーになる対象者の前提は、日本の非居住者に対する販売であることが前提です。非居住者とは、外国人のほかに日本人であっても一定の条件を満たす者です。

この条件には色々とあるのですが、帰省などで一時帰国をする日本国籍を持つ海外在住者のケースをご紹介します。

  • 外国にある事務所等に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
  • 2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
  • 日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者

以上の条件に当てはまる日本の国籍を持つ人は、原則として対象者になります。この場合、外国に2年以上滞在しているかどうかの証明ですが、口頭の申告で問題がないそうです。

ただし、購入時にはパスポートの入国スタンプで行うので、必ず持っていきましょう。特に入国のスタンプなどが必要になるので、スマートゲートを利用すると証明ができなくなるので注意しましょう。

以上のことをまとめると以下のようになります。


出典:免税店とは(観光庁)

一時帰国で免税(タックスフリー)になる店舗

免税になるのは、空港内の入国審査後のお店や、ドラックストアや家電などの小売店、デパートなど。

但し、税務署から「輸出物品販売場(免税店)」の許可を受けた店で購入した場合のみです。

なので、どこでも買い物をすれば免税扱いになるわけではありません。

かいじゅう
かいじゅう
対象の店舗かどうかをステッカーか口頭で確認しておこう

最近では「免税手続一括カウンター」が設置された大型ショッピングセンターや百貨店、アウトレットモールなどが増えています。

そのような場合は、1つのカウンターでまとめて免税の手続きをすることができることが多いでしょう。

そのため、色々な商品を買う予定があれば大型店舗のほうが楽に買い物ができるかもしれません。

一時帰国で免税(タックスフリー)になる対象商品

タックスフリーになる対象商品ですが、日常生活の使われる物品や食べ物であれば、ほとんどのものが対象となります。

ただし、非居住者が事業用又は販売用として購入することが明らかな場合は対象外です。

基本のルールは、電化製品などの非消耗品や食品などの消耗品は、1日の販売合計額が5千円を超えることです。

その他の条件については、以下を参考してください。

消耗品
  1. 1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円以上
  2. 同上かつ、50万円までの範囲内
  3. 消耗品を購入した日から30 日以内に外国に持ち出す
  4. 消費されないように指定された方法による包装が必要
非消耗品(一般物品)
  1. 1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円以上
  2. 購入金額の上限はなし

消耗品とは食品や化粧品など、非消耗品(一般物品)とは洋服や電化製品などを意味しています。

かいじゅう
かいじゅう
消耗品か非消耗品かで条件が違うよ

一時帰国で免税(タックスフリー)の手続き方法

タックスフリーの受付は簡単で、免税を標榜している店舗であればパスポートを見せてレシート又は書類を付記に貼り付け、割印が押されるだけです。

  • STEP1
    手順1
    買い物をした商品を免税受付カウンターに持って行く
  • STEP2
    手順2
    パスポートを見せる(入国スタンプとビザの証明を見せる)
  • STEP3
    手順3
    専用のレシートを発行してもらいサインをする
  • STEP4
    手順4
    専用のレシートをパスポートの備考欄などに貼ってくれる
  • STEP5
    備考
    入国審査前にパスポートに貼られた用紙を税関に見せる

空港で税関の窓口にパスポートに貼られたレシートなどを渡しますが、購入した商品を見せる必要はありません。

そのため、事前に預け入れ荷物のスーツケースに購入したものを入れておいても問題はありません

ただし、一時帰国の際に日本で免税で買い物するのには、パスポートに押されている入国スタンプが必須です。

そのため、自動ゲートなどを通過した後に係員から入国スタンプをもらい忘れないようにしましょう。

かいじゅう
かいじゅう
手続きは簡単。パスポートは忘れずに持っていこう

一時帰国で免税(タックスフリー)で買い物をする条件まとめ

今回のコラムでは、「【日本人でも免税で買える?】一時帰国にタックスフリーで買い物をする条件」をご紹介しました。

日本で免税で買い物をするには訪日外国人だけだと思われがちですが、日本人でも条件を満たせばタックスフリーで買い物ができます。

海外在住者にとっては、一時帰国で大量に免税で買い物ができれば大変お得ですよね。

ただ、日本の入港スタンプをもらい忘れると免税で買い物が出来なくなってしまうので、もらい忘れに注意しましょう。

入国スタンプ
【もらい忘れに注意!】一時帰国でパスポートの入国スタンプが必要な理由一時帰国で入国スタンプをもらい忘れに注意する理由を知りたい人向け。 こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。...