MENU
海外移住に役立つ書籍を探す>>>

【海外で役立つ防災グッズならコレ!】海外生活で準備しておくべきもの

防災グッズ

海外生活で準備しておく防災グッズが何かを知りたい人向けです。

海外移住したい人
海外生活をすることになったけど、最近、災害が多いな。日本で準備しておくべき防災グッズとかあるかな。
みつき
海外では日本よりも防災対策が必須です。

近年、世界のあらゆる国や地域で風水害などの天災が報告されています。

特に、海外で天災に遭遇してしまうと、圧倒的に日本より面倒なことになることは間違いありません。

そのような時こそ、事前に準備をしておくことが海外生活をする上で大切です。

ただ、防災といっても何を準備すればいいの?と疑問におもいますよね。

そこで、今回は「【海外で役立つ防災グッズならコレ!】海外生活で準備しておくべきもの」をご紹介します。

目次

海外生活で役立つ防災グッズの選び方

日本と海外では言葉の問題もあるので、イザという時のためにも準備が必要です。

では、どのような防災グッズを選べばいいのでしょうか。ポイントは、下記のとおりです。

  • 日本の防災グッズと考え方とほぼ同じ
  • 海外では手に入りにくいものを選ぶ
  • 海外より日本の方が安いグッズ

日本の防災グッズと考え方とほぼ同じ

海外生活で必要な防災グッズは、基本的には日本で災害用に準備しておきたいものと同じです。

総務省防災庁では、最低これだけは必要というグッズを紹介しています。


引用:データベース:総務省消防庁

海外では手に入りにくいものを選ぶ

日本では通販などで簡単に手に入るグッズでも海外だと手入りにくい物も多いでしょう。日本でしか手に入りにくそうな物を選びましょう

海外より日本の方が安いグッズ

海外で買うと日本で買うより何倍もする物があるので、事前に価格を調べて安い日本で買っておくことが大切です。

そのため、一時帰国や日本から出国前までに用意をしておくことが大切。海外配送をしてもらうのも方法の一つでしょう。

海外生活で準備しておくべき防災グッズ5選

海外生活で準備しておくべき防災グッズは、以下のとおりです。

  • 1、食品・飲料
  • 2.生活用品
  • 3.電化製品
  • 4.身に守る物・防寒具
  • 5.貴重品・現金

1.食品・飲料

自然災害で大きな問題になるのが、飲料水や食品の確保。特に飲料水は賞味期限も長いので事前に準備しておくことが大切です。水の貯蔵や持ち運びがしやすいポリタンクも用意しておくと便利。

食料は最低でも3日、できれば1週間以上の備蓄が必要とされています。そこで、長期保存が可能な食品がベスト。

例えば人気なのが、パン・アキモト「パンの缶詰」。長期保存が可能です。

その他にも、「井村屋 えいようかん」・「カロリーメイト」・「ビスコ」・「アルファ米」「お湯のいらないカレー」などもあれば便利。

 

2.生活用品

防災グッズで必要な生活用品は、下記のとおりです。

非常用トレイセット

水道が使えなくなるとトレイの水も使えなくなることも多いはず。そこで便利なのが、「凝固剤、汚物袋、消臭袋の3点セット」です。

携帯浄水器

こちらの浄水器は飲み水に適した水へと浄水と濾過してくれるもの。日本では不要でも飲み水に困るので、海外では用意しておくほうがいいでしょう。

3.電化製品

防災グッズで必要な電化製品は、下記のとおりです。

手回し式のライト

一般的な懐中電灯はもちろん、できれば手回し式のライトがおすすめです。

スマホ用の充電器

緊急時の連絡で困るのが、スマホの充電。Anker製の充電器が人気でおすすめ。充電器があれば必要な時に電池がない!という心配もなくなります。

小型でも十分充電できる充電器もあるので1台は用意しておいたほうがいいですね。最近はソーラーで充電できるタイプもあるので1台あれば日常使いにも便利です。

イワタニ ガスコンロ

海外のガスボトルは日本で市販されているものとタイプが普通は同じなので、本体だけ持ち込めばOKです。普段使いにもできるので、1つあると便利。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナ

コンロのスモール版。これがあれば温かい飲み物やカップ麺も食べられるので、1つは準備しておきたいアイテムです。

created by Rinker
Iwatani
¥4,290 (2022/05/22 01:56:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

4.身に守るもの・防寒具

防災グッズで必要な身に守るもの・防寒具は、下記のとおりです。

一般的なヘルメットを準備するのが一番いいですが、海外では手に入れるのは難しい。そこは、折りたたみヘルメットを用意しておきましょう。軍手も必須ですね。

created by Rinker
DICプラスチック
¥4,780 (2022/05/22 07:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

そでもイザと言う時には、防具にもなるリックサックを防災グッズ入れとして準備しておきます。

あとは寒い時期のために厚めのタオルや、折り畳みのレインコート、カイロなどあれば安心です。

リュックに入りきらない場合は、小型のスーツケースに詰めておきましょう。

 

5.貴重品・現金

天災で避難などをした時に困るのが、現金がないことです。カードがあっても小売店や飲食店などが停電で端末が使えない、ということも。

海外ではカード決済が一般的になっていますが、現金の用意もしておきましょう。

さらに、天災などで急に家を出ないといけなくなると、トラブル中にカードが盗まれるということも。

カードの緊急連絡先をメモしておくと何か必要になった時に連絡しやすくなります。カードごとコピーしておくのも方法のひとつです。

 

みんな、防災グッズは何を準備してる?

防災グッズといっても種類が多いので、他の人はどのような準備をしているか気になりますよね。

そこで、SNS上で防災グッズについての意見を集めてみました。防災グッズを決める際の参考にしてみましょう。

3ヶ月以上を海外に滞在するなら「在留届」

海外に3ヶ月以上を滞在する場合には、在外公館に在留届を出しておくことができます。3ヶ月以内なら海外旅行や海外出張などの「旅レジ」を使いましょう。

わざわざ在外公館に行かなくてもオンラインでも提出できるので、災害情報などをメールなどで連絡が来やすくなるので届けておきましょう。

災害情報以外にも防犯情報もお知らせしてもらえるので、何かトラブルがあった時にも情報が得やすくなるので安心です。

あわせて読みたい
【在留届の届け出はするべき?】海外在住の対象者と手続き方法 在留届とは何かや届け出の方法を知りたい人向けです。 最近は、海外で大規模な地震や洪水などが日本で報道されることがあります。 その際に、その国に日本人が何人在留...

 

何日分用意する?防災グッズのよくある疑問

防災グッズのよくある疑問をまとめてみました。

  • Q.食品や飲料はどのくらい必要?
  • Q.子どもや赤ちゃんがいるなら何が必要?
  • Q.防災グッズで実際にいらなかったものは?

Q.食品や飲料はどのくらい必要?

一般的に最低3日分、できれば7日分は用意するべき。例えば、1日に水が1Lなら7L分として、一般的な2Lのペットボトルで約4本分です。

Q.子どもや赤ちゃんがいるなら何が必要?

子どもがいる場合でも食品や飲料は同じですが、赤ちゃんなら「おむつ」や「離乳食」も準備しておきましょう。

Q.防災グッズで実際にいらなかったものは?

SNSを調査してみると、意外と防災グッズで実際にいらなかったものが投稿されているのが見つかりました。

その代表的な防災グッズは、下記のようなものでした。

  • テント:避難所があるのでほぼいらない
  • 大容量サイズの水:10Lや15Lは持ち出せない
  • 携帯浄水器:そこまで汚い水は飲むことはない
  • 発電機:これも重いので持ち出すことは難しい
  • ロープ:ほぼ使うことはない
  • ヘルメット:折りたためないタイプは邪魔

主に重量があるものは持ち出せない、という意見が多かったのですね。もし、重量のものなら車に積んでおくなどしておくほうがいいでしょう。

まとめ

今回のコラムでは「【海外で役立つ防災グッズならコレ!】海外生活で準備しておくべきもの」をご紹介しました。

 

目次
閉じる