英語学習

【レビュー】スピードラーニング・アルファを試してみました【英語の聞き流し】

スピードラーニングα(アルファ)の体験談を知りたい人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
「スピードラーニングのスマホ版スピードラーニングαを試してみたいけど、使い勝手や効果はあるのかな。レビューを知りたいな。」

こういった疑問に@海外移住FPが答えます。

当サイトではブログを書きつつ、海外移住の手続きや海外生活のコツを紹介しています。

日本でも小さな頃から英語教育が必須になりつつあり、英語の勉強法と言っても色々あるので、どれを選んでいいか分からないですよね。

最初に高い教材を買っても続かないと困るし、どのように進めていいか分からないこともたくさんあります。

そんな方の不安を解消し、通勤中や家事をしながらでも英語の勉強ができるのが「スピードラーニングα」です。

このコラムでは、「スピードラーニングαの特徴」や「メリットとデメリット」が分かります。

そこで、今回は「スピードラーニングαの特徴や内容についてレビューしてみました」です。

【レビュー】スピードラーニング・アルファを試してみました

結論は「スピードラーニングα」はおすすめです。

スピードラーニングαの特徴とレビューや、おすすめの理由は以下のとおりです。

「スピードラーニングα」の特徴

スピードラーニングα(アルファ)は毎月定額で、CD教材でおなじみのスピードラーニング教材を聞き放題ができるサービスです。

今まで本やテキストで学ぶことで場所や時間に制限がありましたが、スマホがあれば簡単に英語を学べるのが特徴。

日常のルーチンワークに英語を学ぶ時間を作ることができますよ。

まずは、そんな「スピードラーニングα」の特徴について紹介します。

スピードラーニングαの特徴

  • スマホがあればテキストは不要!
  • 勉強内容が豊富で子どもでもOK!
  • 料金は月額制でいつでも退会できる!

スマホがあればテキストは不要!

スピードラーニングα

スピードラーニングαはスマホ対応でストリーミング形式(毎回、ネット接続が必要)で聴く方法なので、テキストを見る必要がありません。

英語→日本語といった設定もできるので、いちいちテキストを確認しなくてもいいのが便利。

勉強内容が豊富で子どもでもOK!

コンテンツ数が3000以上と勉強できるテーマが豊富なので自分のレベルにあった教材を選べるのがメリット。

教材で学べる内容としては、「やり直し英語」や「日常生活の英語」、「ビジネス」、その他にも単語レベル別やTOEICに役立つ単語集なども入っています。

簡単すぎてもいけないし、難しいとついていけない、こういった悩みを解決するために自分で教材を切り替えられます。

いつもの教材に少し飽きてきたら、英語のニュースなどを隙間時間に聞くのもアリ。

対象も子どもにあった「キッズ」・「ジュニア」などのテーマから大人の本格的な教材まで選べ、家族3人までOKなので、家族であれば教材を共有することもできますね。

料金は月額制でいつでも退会できる!

料金はスピードラーニングの教材が高額であることを考えれば、月額3,800円(税抜)で決して安いとはいけません。

但し、一般的な高額な教材とは違って途中でネットから簡単に解約ができるのも大きな魅力。

スピードラーニングαの月額プランから年間プラン・ライトへの変更も可能です。

もし、年間プランなら1ヶ月あたり1,980円(税抜)と安くなるので、続けられるのであれば年間契約がお得ですね。

さらに、月額制ならスピーキングも練習したいという人向けに月に4回(1回5分)の電話英会話レッスンが無料でついてきます。

こちらは実際にやる人がいるのか疑問ですが、一応、スピーキングも練習できますよ、というものです。

↑上に戻る

「スピードラーニングα」のレビュー

短い文章でスクリプトもついているので時間の隙間で英語を聴く習慣つけやすい、が一番の印象です。

当たり前と言う風に思われるかもしれませんが、意外と使いやすい教材は多くはありません。

スピードラーニングαならスマホで完結するので、とても続けやすいと感じました。

さらに、英語の学習初心者であれば講座の内容というよりも、続けやすい操作性がとても大切です。

その点、スピードラーニングαならスピードラーニングの実績と簡単な操作で音声スピードやスクリプトの確認ができます。

ただ、スピードラーニングαを使う時のポイントがあります。

スピードラーニングα使う時のポイント

  • 1.パソコンでは利用できない
  • 2.ストリーミングなのでスマホのデータ量に注意
  • 3.瞬間英作文の音源として使える

1.パソコンでは利用できない

2020年5月現在、対象としている機種は対応デバイス:iPhone、Android携帯(Google Play非対応機種を除く)と対応OS:iOSバージョン11.0以上、Androidバージョン5.0以上です。

端末の使用状況により、対応OSバージョン搭載機種でも正常動作しない場合があること、さらにパソコンでは利用できないことに注意しましょう。

2.ストリーミングなのでスマホのデータ量に注意

一括ダウンロードではなくストーリミング形式なのでWIFIがあればいいのですが、なければ使えるデータ量を確認しておきましょう。約60分で30~40Mのデータを使用します。1ヶ月にすると結構なデータ量を使います。

3.瞬間英作文の音源として使える

おすすめの使い方としては、瞬間英作文の音源として使うこと。瞬間英作文とは「日本語をすぐに英語にする」方法です。

この教材では「英語→日本語」と流れるので、自分で「英語→日本語→英語で口ずさむ」がしやすいです。コレが一番、いい使い道じゃないかと思っています。

今まで英語を学べるアプリを試してきましたが、一番使い勝手がいいのでおすすめです。

公式サイトでサンプルを聴くことができます。公式サイト:スピードラーニングα

↑上に戻る

「スピードラーニング」は効果がないのは本当?

スピードラーニングは「聞き流すだけで英語が話せる」という触れ込みで話題になった英語教材です。

ただ、公式サイトでは「英語が話せる」とは書かれていないのですが、いつの間にか飛躍した表現になっていますね。

「聞き流しで英語が身につく」これがスピードラーニングの最大の特長です。
「そんなの信じられない?」そう思うかもしれません。たしかに意味の分からない英語を漫然と聞いていても力はつきません。

しかしスピードラーニングは英語のあとに日本語が流れています。ですから辞書やテキストを見なくても意味を理解しながら英語を聞くことができます。

出典:株式会社エスプリライン

ただ、現実は「聞き流すだけで英語を話せる」のは、かなり無理があります。例えば、私は洋楽をよく聞きますが、お気に入りの洋楽を何度も聞いても聞き取れるようになったかというと、いまだにほとんど聴き取ることが出来ません。

洋楽を聴くだけいいなら何度も耳にしているうちに理解が出来るようになっているはずです。それが、日本語の音楽であれば知らないうちに口ずさんでいることはよくあります。日本語だと出来ますが、英語だと無理というのが現実です。

「スピードラーニングを使っても英語を話せない=効果がない」というのは間違いです。英語を繰り返し聞く習慣が作れる教材というのがポイントです。

 そもそも、英語の聞き流しは効果があるのか?

一般的な意見としては、「英語の聞き流しは意味はない」とか「ラジオで英語を流していてもBGMになっているだけ」といった話がありますが、英語の聞き流しの方法を間違うとそういう意見になります。

以前、紹介したコラムでご紹介しましたが、結論から言うと効果の出る英語の聞き流しには条件があります。簡単に言うと、英語の勉強をしている人が学習を加速するのにいいよね、となります。

↑上に戻る

まとめ:スピードスピードラーニングαは「聞き流し英語」に最適な教材!

英語の勉強はすぐに効果がでるものではないので、継続が大切。その点、スピードラーニングαなら「英語→日本語」の順番に流れるので理解できないまま聴くのではないので、続けやすいでしょう。

ただ、月額3,800円は高いので、まずは1ヶ月だけ入会して続けられるかを試すのもアリです。ともかく、英語で成果を出そうとすると繰り返しますが、続けやすい教材選びがポイントです。

今回、コラムで紹介したサービス