そうだ、海外移住をしよう。
自己啓発のための資格

整理収納アドバイザーの資格は意味ない?2級は無駄と言われる理由

整理収納アドバイザー2級は意味ないとか無駄と言われる理由を知りたい人向けです。

片付けのプロの整理収納アドバイザー2級を取っても国家資格ではないしな。とっても意味ない!とか無駄!とか聞くけど、なぜかな。
みつき
みつき
仕事で整理収納アドバイザーと名乗れるのは1級だけです。

整理収納アドバイザーは、整理収納のプロフェッショナル。

プロとして実際に収納のコツを伝えるだけでなく、リバウンドしない考え方までアドバイスをする仕事です。

特に、部屋が汚いからどうすればいいのかな。。。など、困っている人が多くニーズが高いとされています。

そのため、国家資格ではないのにかかわらず、人気が高い資格として知られています。

ただ、ネット上で調べてみると、整理収納アドバイザーを取っても意味ないという意見を目にすることがあります。

例えば、下記のような意見です。

では、意味がないと言われる原因には何があるのでしょうか?整理収納アドバイザー資格が人気がある理由もお伝えしています。

そこで、今回は「整理収納アドバイザーの資格は意味ない?2級は無駄と言われる理由」をご紹介します。

整理収納アドバイザーは意味ない?無駄?

資格を取得しても意味がない!無駄!と言われる原因は、以下の3つです。

  • 仕事で活用するなら1級が必要
  • 試験が簡単なので取得者が多い
  • 資格を取得しても活用法が分からない

仕事で活用するなら1級が必要

整理収納アドバイザーとして仕事をするなら1級を取得しなければいけないので、名称を使うなら2級なら意味がないや無駄と言われてます。

試験が簡単なので取得者が多い

整理収納アドバイザーの試験は2級は最低1日で取得でき、1級も合格率が約70%以上なので、取得は難しくないので取得者も多いのも事実です。

資格を取得しても活用法が分からない

整理収納アドバイザーはアドバイスを仕事としていますが、資格を取得しただけではどのように活用すればいいのか分かりにくいでしょう。

上記のような理由から整理収納アドバイザーの資格を取得しても意味ないや無駄という風に言われることになります。

ただ、それでもなぜ整理収納アドバイザーは人気がある資格と言われているのでしょうか?

↑目次へ戻る

整理収納アドバイザー資格が人気がある理由

実は、整理収納アドバイザーの名称を使って仕事するより自分のために活用できるためです。

やはり、名称を使って仕事をするのには2級ではできず、仮に1級を取得しても他の強みがなければ成功はしにくいと言えるでしょう。

ただ、今の仕事で活用できる知識やスキルが身につき、生活でも活用できる一生の資格なのも魅力です。

整理整頓ができない悩みは誰にでもあるので、それを自分で体系的に解決できるスキルがみにつくことで心が安らぐのも取得の意義にもなっています。

1級の受験資格が取得できる/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

一生使える!整理収納アドバイザーの魅力

仕事以外にも、子供のいる家庭で活用できる一生の資格です。

実は数多くの有名人が資格を取得しています。

整理収納アドバイザーに限らず、資格は今すぐに活用ができなくても、意外と後で何かに役立つことも。

では、整理収納アドバイザー資格をどのように取得すればいいのでしょうか?

↑目次へ戻る

整理収納アドバイザー資格の取り方

では、整理収納アドバイザーになるためにはどのようにすればいいのでしょうか?

実は、整理収納アドバイザーとして名乗るには1級が必要です。資格には3級~1級まであり、1級を受験するには準1級の資格取得が要件になっています。

2級から1級の取得を目指す場合の取り方は、下記のとおりです。

  • STEP1
    整理収納アドバイザー2級の取得
    ハウスキーピング協会かユーキャンの講座を受講して2級を取得する。
  • STEP2
    整理収納アドバイザー準1級の取得
    ハウスキーピング協会かユーキャンの講座を受講して準1級を取得する。
  • STEP3
    整理収納アドバイザー1級の取得
    準1級取得者が一次試験・二次試験を受験して合格する。
  • STEP4
    整理収納アドバイザーの認定
    1級合格者はハウスキーピング協会に登録申請して資格を取得する。更新はなし。

1級の受験資格である準1級取得をいきなり取得することもできますが、まずは整理収納アドバイザー2級資格の取得を目指すのが一般的です。

2級資格の取得に必要な講座は、下記の2つです。

  • ハウスキーピング協会の講座
  • 通信講座ユーキャンの講座

どちらでも構わないのですが、協会認定の講座は1日の受講(オンラインOK)で資格が取得できます。

ただ、準1級認定講座も受講が必要となるため、次に紹介するユーキャンの講座と比べると費用が高くなります。

そのため、在宅で資格取得するには準1級認定も取得できる「ユーキャン」の通信講座を受講がおすすめです。

これで2級の取り方は分かったけど、1級は取得できるのかな?と心配になると思いますよね。

そこで、整理収納アドバイザー1級の試験概要を下記にまとめてみました。

整理収納アドバイザー1級
受験形式1次試験:マークシート受験 or CBT(コンピューター)試験
2次試験:会場 or オンラインZoom or 動画提出
認定団体NPO法人ハウスキーピング協会
受験資格2級資格及び準1級資格の取得者
受験料(税込)1次試験:マークシート試験(11,000円)or CBT試験(17,600円)
2次試験:会場13,200円・Zoom18,700円・YouTube19,800円
試験内容1次:筆記試験
2次:研究発表(一次試験合格者のみ)
試験形式1次:100問
2次:プレゼンor課題提出
合格基準1次試験70点以上
2次試験70点以上
合格率1次試験:70~80%
2次試験:80~90%

意味はある!整理収納アドバイザーまとめ

今回のコラムでは、「整理収納アドバイザー2級の資格は意味ない?無駄と言われる理由とは」をご紹介しました。

結局、整理収納アドバイザーの資格に限らず、どの資格でも取得しただけでは「意味がない」と言われているのが実情です。

そのまま価値がない!と判断するのは間違いです。

まずは整理収納アドバイザーを使ってできることを自分で探してみてはいかがでしょうか。

1級の受験資格が取得できる/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る