そうだ、海外移住をしよう。
自己啓発のための資格

整理収納アドバイザー資格の難易度|独学OK?合格率を徹底調査

整理収納アドバイザーの試験を独学で受験しようか悩んでいる人向けです。

独学で資格が取れるなら費用も少なくても済むけど、整理収納アドバイザー試験の難易度や合格率を知りたいな。
みつき
みつき
整理収納アドバイザーは講座の受講が必要です。

最近、自宅で過ごす時間が増え、片付けが体系的にみにつく「整理収納アドバイザー資格」が注目されています。

ただ、整理収納アドバイザーの資格は3級~1級まであり、職業として資格を活かすのであれば1級の資格取得が必須。

1級を目指すのであれば、資格の難易度や合格率が気になりますよね。

整理収納アドバイザー1級の概要を下記にまとめてみました。

整理収納アドバイザー1級
受験形式1次試験:マークシート受験 or CBT(コンピューター)試験
2次試験:会場 or オンラインZoom or 動画提出
認定団体NPO法人ハウスキーピング協会
受験資格2級資格及び準1級資格の取得者
受験料(税込)1次試験:マークシート試験(11,000円)or CBT試験(17,600円)
2次試験:会場13,200円・Zoom18,700円・YouTube19,800円
試験内容1次:筆記試験
2次:研究発表(一次試験合格者のみ)
試験形式1次:100問
2次:プレゼンor課題提出
合格基準1次試験70点以上
2次試験70点以上
合格率1次試験:70~80%
2次試験:80~90%

ただ、そもそも整理収納アドバイザーは独学で取得できるのかな?と思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「整理収納アドバイザー資格の難易度|独学OK?合格率を徹底調査」をご紹介します。

整理収納アドバイザーの試験は独学NG!

結論は、整理収納アドバイザー資格は独学でも取得できません

1級の資格を取得するには協会が主催する予備講座を受講し、筆記試験とプレゼン(実技)試験で合格しなければなりません。

さらに、1級の資格を取得するには、2級(3級は必要なし)を取得している必要があります。そのため、まずは2級の取得を目指すことになります。

ハウスキーピング協会が認定する「ユーキャンの整理収納アドバイザー講座」であれば、在宅で2級の資格を取得でき、さらには1級の受験資格も取得できます。

1級の受験資格が取得できる/


資料請求は無料です。

ただ、気になるのが整理収納アドバイザーの取得がしやすいかどう。次に、難易度と合格率をお伝えします。

↑目次へ戻る

整理収納アドバイザーの難易度と合格率

まずは、整理収納アドバイザーといっても級が3級~1級に分かれていています。

整理収納アドバイザー2級試験の難易度と合格率

整理収納アドバイザー2級の試験はなく、在宅受験で講座の最終課題の「まとめテスト」を修了するだけです。

受験資格はないため、3級を飛ばして2級から挑戦することも可能です。合格率はほぼ100%で、難易度は低いと言えるでしょう。

整理収納アドバイザー1級試験の難易度と合格率

整理収納アドバイザー1級の合格率は一次試験が70%~80%、二次試験が80%~90%です。合格率から考えると、それほど難易度が高いではありません。

これで整理収納アドバイザーを目指す上で難易度と合格率は分かった。でも、気になるのが、1級の試験内容でしょう。

試験内容は、一次(筆記)試験や、その合格者を対象とした二次(実技・プレゼン)試験です。

筆記試験は100問で、実技やプレゼンは「会場・オンラインZoom・動画提出」の中から選択ができます。合格基準70点以上合格です。

まずは、1級の受験資格である2級と準1級資格の取得を目指しましょう!

1級の受験資格が取得できる/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

通信講座を利用するメリットとデメリット

独学と比べて通信講座を受講する場合の良い点・悪い点をご紹介していきます。

メリット(良い点)

整理収納アドバイザーの通信講座を受けるメリットは、以下のとおりです。

  • 2級と準1級の資格が取得できる
  • 体系的に学習することができる
  • 質問やサポートが受けられる

2級と準1級の資格が取得できる

ユーキャンの通信講座では、2級と準1級の資格が取得できます。そのため、1級の試験資格を在宅で取得できることができます。

体系的に学習することができる

通信講座大手のユーキャンなので利用者が多く、体系的に学習できるので、効果的ともいえます。

質問やサポートが受けられる

学習していくなかでどうしても疑問が出てきます。その際、通信講座なら質問ができるので安心です。

次に、デメリットをみていきましょう。

デメリット(悪い点)

逆に整理収納アドバイザーの通信講座を受けるデメリットは、以下のとおりです。、

  • 通信講座の受講料が高い
  • 1級の学習が必要になる

通信講座の受講料が高い

通信講座の受講料は約4万5千円と費用がかかるので、ためらう人もいるでしょう。

ただ、家庭で片付けの一生のノウハウを体系的に学べることを考えることを考えるとコスパがいいとも言えます。

1級の学習が必要になる

整理収納アドバイザーを仕事として活躍したいなら、1級の取得が必須です。そうなると2~1級の学習に費用と手間がかかるのも事実です。

ただ、自宅でテレビを見て過ごすだけではもったない!何かを役立つ資格を取得しておきたい、こういったニーズもあります。

そのため、在宅で取得できる「ユーキャンの整理収納アドバイザー講座」を検討してみるのも考え方のひとつです。

1級の受験資格が取得できる/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

整理収納アドバイザーの難易度まとめ

今回のコラムでは「整理収納アドバイザー資格の難易度|独学OK?合格率を徹底調査」をご紹介しました。

整理収納アドバイザー2級は在宅受験で合格率がほぼ100%、1級は一次試験が70%~80%、二次試験が80%~90%なので、難易度は高くはないと言えるでしょう。

ただ、仕事で整理収納アドバイザーを使いたいわけではない人が体系的に片付けのスキルを身につけるだけなら2級だけでも十分です。

↑目次へ戻る