そうだ、海外移住をしよう。
自己啓発のための資格

【整理収納アドバイザーの費用】10万円は高い?協会とユーキャンの違いを徹底比較

整理収納アドバイザー資格を取得に必要な費用を知りたい人向けです。

ハスキーピング協会の認定講座かユーキャンの通信講座を受講しようと思うけど、整理収納アドバイザーになるにはどちらがいいのかな。必要な費用を知りたいな。
みつき
みつき
協会の認定講座かユーキャンの通信講座の違いも紹介します。

整理収納アドバイザーは国家資格ではなく、民間団体が認定している民間資格。

そもそも、名称を仕事して使うには1級が必要ですが、その受験資格である2級の取得が必須です。

なかには2級資格は「協会の認定講座」か「ユーキャンの通信講座」で取得することができることをご存知の方もいるでしょう。

では、どちらを利用すればいいのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

このコラムでは、受講するならハウスキーピング協会かユーキャンのどちらがいいかも分かります。

そこで、今回は「【整理収納アドバイザーの費用】10万円は高い?協会とユーキャンの違いを徹底比較」をご紹介します。

いくらかかる?整理収納アドバイザーの費用

整理収納アドバイザー1級までの資格取得に必要な費用は、総額で10万円からです。意外と高い!と思われたかもしれません。

実は、この金額には講座の受講料以外に受験料が必要になるためです。

2級や準1級には受験料は必要ありませんが、1級のみかかります。

  • 1次試験:11,000円(税込)
  • 2次試験:13,200円(税込)

そのため、整理収納アドバイザーを目指したのはいいものの、費用がかかることで断念しないようにしましょう。

では、協会の講座とユーキャンの通信講座では費用に違いはあるのでしょうか?

↑目次へ戻る

ハウスキーピング協会とユーキャンの費用

2級の資格を取得するには「ハウスキーピング協会の講座」と「ユーキャンの通信講座」の2つのどちらかを受講するのが一般的です。

ハウスキーピング協会の講座

整理収納アドバイザーは、NPO法人ハウスキーピング協会が認定する資格です。

2級と準1級の取得は、オンライン又は会場で講座を受講することで取得することができます

1級の合格までに必要な費用は、以下のとおりです。

受講料(税込)1次試験料(税込)2次試験料(税込)合計(税込)
1級36,300円11,000 円13,200円60,500円
準1級23,600円なしなし23,600円
2級36,300円なしなし36,300円
合計120,400円

ハウスキーピング協会の講座では、2級と準1級の講座が分かれており、それぞれ受講が必要になります。

ユーキャンの通信講座

通信教育大手のユーキャンでも「整理収納アドバイザー」の2級と準1級の資格が自宅で取得できます。

受講料(税込)1次試験料(税込)2次試験料(税込)合計(税込)
1級36,300円11,000 円13,200円60,500円
2級&準1級44,000円なしなし44,000円
合計104,500円

ユーキャンの通信講座では、ハウスキーピング協会が認定する整理収納アドバイザーの2級と準1級の両方を同時に取得できます。

しかも、費用はハウスキーピング協会の講座よりもユーキャンの受講料が安くなっていますね。

1級の受験資格が取得できる/


資料請求は無料です。

ただ、費用だけを見れば、ユーキャンの通信講座がお得のようですが、違いはあるのでしょうか?

↑目次へ戻る

ハウスキーピング協会とユーキャンの違い

実は、ユーキャンの通信講座はハウスキーピング協会が認定している講座なので、どちらを取得しても問題はありません。

それでは、2つの違いはどこにあるのでしょうか?

  • 整理収納アドバイザー1級までの費用
  • 整理収納アドバイザーの学習期間
  • 整理収納アドバイザーの取得レベル

整理収納アドバイザー1級までの費用

整理収納アドバイザー1級取得までに必要な費用の合計は、下記のとおりです。

2級&準1級の取得費用1級の取得費用合計
ハウスキーピング協会59,900円(税込)60,500円(税込)120,400円(税込)
ユーキャン44,000円(税込)60,500円(税込)104,500円(税込)
差額15,900円(税込)なし15,900円(税込)

費用だけを見ると、ユーキャンのほうが『差額15,900円』が安いことなりました。

整理収納アドバイザーの学習期間

ハウスキーピング協会の2級(1日)や準1級(2日)の受講で取得できますが、ユーキャンの通信講座は受講期間(標準約4ヶ月)がかかります。

ただ、ユーキャンの通信講座は自分のペースで学習を進めることができるメリットも。

整理収納アドバイザーの取得レベル

整理収納アドバイザー2級と準1級はハウスキーピング協会ではそれぞれ単体で受講できるのに対して、ユーキャンでは2級と準1級の両方がセットになっています。

そのため、1級まではいらないけど、2級の知識だけ取得したい人は単体で受講し費用を抑えることができます。2級の受講料は24,700円(税込)です。

さらに、1級の受験資格は「整理収納アドバイザー準1級認定講座」になっているので、2級を飛ばしていきなり準1級を取得するという方法もできます。

上記で、2つの違いをご紹介しましたが、結局、どちらの講座を受講すればいいのでしょうか?次に、結論をお伝えします。

↑目次へ戻る

結局、協会とユーキャンはどちらがいいの?

結論は、整理収納アドバイザー1級を目指すならユーキャン。1級を目指さないならハウスキーピング協会がおすすめです。

理由は、1級までの取得を考えているならコスパを考えるとユーキャンが自宅で学習ができるし、費用も安いから。

ただ、1級までいらないよ、という人は、ハウスキーピング協会は2級と準1級の講座が分かれているので、準1級の費用が必要ないからです。

では、整理収納アドバイザー2級と準1級の違いは何でしょうか?

整理収納アドバイザー2級で学べること

整理収納アドバイザーの理論・スキルを総括的に学び、自身の抱える整理収納の課題や家庭環境の改善に生かすための資格です。

整理収納アドバイザー準1級で学べること

整理収納アドバイザー2級認定講座で学んだ整理収納の知識(1級同等)をより深めることができます。

つまり、準1級は2級資格で得た整理収納の知識をより深めたいけど、整理収納アドバイザーとして活動することは現時点では考えていない方のための資格です。

  • 1級を目指さない⇒ハウスキーピング協会
  • 1級を目指す⇒ユーキャン

\1級の取得を目指すなら/


資料請求は無料です。

↑目次へ戻る

整理収納アドバイザー資格取得の費用まとめ

今回のコラムでは「【整理収納アドバイザーの費用】10万円は高い?協会とユーキャンの違いを徹底比較」をご紹介しました。

整理収納アドバイザー資格は目指す級によって費用が違い、1級を目指すのであれば10万円以上かかることは知っておくべきです。

まとめ
  • 2級から取得すると費用が10万円以上必要
  • 3&2級を飛ばして準1級から取得ができる
  • 2級まで取得するならハウスキーピング協会
  • 1級までの取得するならユーキャンがお得

2級を取得するにはハウスキーピング協会の講座かユーキャンの通信講座を受講が必要ですが、1級を目指すならユーキャン、2級までなら協会がおすすめです。

↑目次へ戻る