海外移住

【海外生活トラブル実例あり】海外で身の危険を感じないようにするには?

海外生活トラブル

実際に海外生活で身の危険を感じることがあるか知りたい人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
「海外で生活していると危険なことがあるんじゃないの?ニュースとかで色々と聞くけど、大丈夫なのだろうか。」

こういった疑問に@海外移住FPが回答します。

当サイトではブログを書きつつ、海外移住の手続きや海外生活のコツを紹介しています。

近年、海外での凶悪な犯罪がニュースで報道されることがあり、度々、日本人が被害に巻き込まれています。海外では日本では想像していないようなトラブルも起こるので事前にどのようなことがあり得るのか想定しておくことも大切です。

このコラムでは、「海外は本当に危険なのか」や「トラブルに巻き込まれた実例」が分かります。

そこで、今回は「海外で身の危険を感じたことがある?」をご紹介します。

海外で身の危険を感じたことがある?

ないです。

ただ、ニュージーランド生活6年で車の盗難や、タクシー料金のぼったくり、カードの不正利用にあいました。

トラブルにあった事例紹介

では、実際に私が体験したトラブルをご紹介しましょう。

  • 【実例】車の盗難
  • 【実例】タクシー料金のぼったくり
  • 【実例】クレジットカードの不正利用

【実例】車の盗難

ニュージーランドに在住して約6年になりますが、その間に車の盗難にあいました。鍵をかけていた車まるごとです。

前日の夜に仕事から帰宅して、朝に出勤しようと思っていると車がないのです。てっきり別の場所に駐車したのかと思い探してみましたが見つかりません。

結局、車が見つかず盗難にあったことが分かりました。駐車していたスペースの周りにはベンツやBMWなどの高級車が停まっていたのにも関わらず、一般車である私の車が狙われました。

あくまで想像ですが、高級車はセキュリティ対策がしっかりしている、一般車なら足がつきにくい、などの理由で盗難されやすかったのかもしれません。

一応、保険に加入していたので市場価値の価格で保険金が補償されたので実害としては少なくて済みました。今はハンドルロックをして防犯をしています。

対策

車の中に荷物があることが分かるとガラスが割られることもあるので、特に海外では車の中に荷物を置いたままにするのはやめましょう。車自体の盗難防止にはハンドルロックが有効です。

【実例】タクシー料金のぼったくり

こちらもニュージーランドに住み始めた当初でしたが、一般的なタクシーでは乗車料金はメーターを下ろして距離数や待機時間などで料金が決まります。これは日本でも同じですね。

ただ、このときはメーターを下ろさず普通に走り始めていたのを途中で気づいてタクシードライバーに指摘しました。そうすると、どうやら到着してから料金を吹っ掛けようとしていたようです。

この時は海外での怖さを知らなかったので、途中までの料金の支払いを拒否して会社に通報すると伝えたら諦めて途中で下ろしました。今考えると、危ない目にあっていたかもしれません。

海外のタクシーでも日本と同様にメーターを下ろして料金が決まりますが、たまにわざと下ろさなかったり交渉を持ちかけてくることがあります。また、わざと遠回りして料金を稼ごうとするケースもあります。

対策

海外ではUberなどのタクシー配車アプリがあれば、料金の支払いで揉めることもないのでおすすめです。もし、トラブルになりそうであれば車内にドライバーの識別番号などが記載されているはずなのでメモをしておきましょう。

【実例】クレジットカードの不正利用

最近、クレジットカードから不正使用の疑いがあると連絡がありました。実はクレジットカード会社の中には自動で不正の疑いがある取引を見つけるシステムを導入しているらしく、それにひっかかりました。

カード会社の担当者に連絡すると、アメリカの通販サイトで少額のクレジットカードの使用があったそうです。手口として、まずは少額で使用して問題がなければ多額が使われます。カードを紛失した覚えがないので、おそらくどこかでカード番号を抜き取られたのかもしれません。

対策

クレジットカード会社のなかにはカードを使用した後にメールで明細のお知らせを連絡してくれるサービスがあります。さらに、不正利用のためのショッピング補償が付帯している場合もあるので確認しておいたほうがいいですね。

治安がいいから安全とは言えない

ニュージーランドは治安が良い国として知られていますが、以前、オークランド市内の公園で女性が襲われる事件や駅の駐車場で男性が集団暴行を受けるといったニュースがありました。

治安がいい国であったとしても、このような事件が起こえり得るので安心はできません。特に海外では予想できないことや言葉の問題もあるので、トラブルに巻き込まれたらどうすればいいか考えておく(警察や救急車の番号、大使館や領事館への連絡など)ことは大切ですね。

海外でのトラブルを避けるためできること

外務省の海外安全ホームページ海外生活編には「ケーススタディ集~トラブル事例と対策~」も掲載されているので参考にしておきましょう。

さらに、国・地域別「安全の手引き」では各国の治安や注意すべき点が掲載されています。

ニュージーランド版に下記の内容が記載されていました。

郊外では家畜,羊・牛等が集団で道路上を移動することもあり,また,ハリネズミやポッサム等の小動物による飛び出しもありますので注意してください

出典:国・地域別「安全の手引き」

ハリネズミやポッサムは本当に道路に出てきますね。

海外では自分の身は自分で守る意識とリスク回避が大切!

海外ではトラブルにあったら言葉が通じにくい場合もあるので、トラブルに遭遇しないように心がけることやリスク回避が大切です。事前に国や地域別の治安や交通状況などの情報を確認しておきましょう。