英語学習

【電子辞書】海外に持って行くならSⅡ「PASORAMA」がおすすめな理由

海外に持って行く電子辞書はどれがいいかを知りたい人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
「最近はスマホが辞書代わりになっているけど、海外の語学学校で電子辞書が必要です。海外に持って行くなら、どんな電子辞書がいいのかな?」

といった疑問に@海外移住FPが回答します。

海外生活で英語辞書を使う機会があるのか?と考えて、電子辞書を買おうかどうか悩みました。

なぜなら、今ならスマホで簡単に調べることができますし、そもそも海外生活で英語辞書を使う機会があるのかよく分からなかったからです。

結局、海外移住をする前に電子辞書を購入しました!

ただ、電子辞書と言っても種類が多く、どれを選んでいいのか悩んでしまいました。

そこで、今回は「海外に持って行くならSⅡ「PASORAMA」がおすすめな理由」をご紹介します。

このコラムでは、「電子辞書ならセイコーインスツルのSⅡシリーズがおすすめな理由」が分かります。

語学学校やオンラインで英語を学ぶなら電子辞書は便利です!

海外に持って行くならSⅡ「PASORAMA」がおすすめな理由

PASORAMAシリーズは、パソコンと接続して検索できるので便利です。WIFI不要でスピードも速いのが特徴。

ただ、PASORAMAシリーズは廃版なので、中古で購入するのがおすすめです。

スマホVS電子辞書

ひと昔は、翻訳や調べ物と言えば電子辞書が当たり前でしたが、最近はスマホが主流です。

ただ、海外で英語を話す際には意味を毎回検索しているわけにもいかないので、使い道としては文章を書くとき、そして英語の勉強をしているときがスマホや電子辞書を使う場面です。

その意味では、スマホでも専用端末どちらでもいいと思いますが、英英辞書や類語辞書で文章を書いたりと、英語の学習面を考えると電子辞書の方が使い勝手はよさそうです

さらに、スマホはネット環境が必要なので検索スピードが遅くなることも。自分にあったほうを選べばいいかとも思います。

海外生活に向いている電子辞書とは?/h3>
海外では辞書が必要になったときに、すぐに買えなかったり、値段が高いことが多いので買うのなら日本で購入した方が安く買えます。

ただ、どの電子辞書を買えばいいのか悩むところですが、「自分が必要とする辞書やコンテンツが収録されているか」「音声機能の有無」「操作性」「デザイン」「重さ」そして「価格」などで決めることが多いと思います。

某サイトによると価格が2万円台の機種が売れているようですが、コンテンツの多さが価格に反映されているようです。

ただ、専門性の高い使い方をしなければ、どの価格帯の機種でも構わないと思います。

豊富なコンテンツも使い切れないことも多いので、>英語学習面を考えれば、「音声機能がある」「英英辞書がある」の2点さえクリアしていれば特に問題はないのではないかと思います。

海外に持って行きたいおすすめの電子辞書

今、私が使っている機種は、セイコーインスツルのSⅡシリーズです。

この機種の特徴は豊富な英語辞書に加え、パソコンとつなげるとパソコンの画面上で検索できます。

PASORAMAシリーズとも呼ばれ、パソコンにUSBケーブルで接続して、辞書をデスクトップ上で引けるようになる機能です。


パソコン上で検索できるのは、とても便利です。

ネットに接続されているわけではないので、辞書も選択可能で一括検索の結果表示も早いです。

何よりもキーボードで検索できるので、非常に文字を入力しやすいので、文章を書くときや映画を見るときに気になった単語やフレーズを調べるのに重宝しています。

結果画面とパソコンで文章の”コピー&ペースト”できることも魅力です。

ただし、残念ながらSⅡシリーズは2015年3月末をもって発売が中止になりました。

Amazonやメルカリではまだ中古で購入できるようです。

まとめ:セイコーインスツルのSⅡシリーズがおすすめ!

現在では、カシオ電気の「エクスワードシリーズ」とシャープの「Brainシリーズ」の2社が電子辞書市場を占めていますね。