海外移住準備

【パスポートの有効期限に注意】海外移住のために必要な有効期間とは?

パスポートの有効期限

海外に入国で必要になるパスポートの有効期間や残存期間が少ない人向け。

海外移住が近いけど、パスポートの有効期限が残り少ない。少なくても大丈夫なのかな。期間前に更新できるだろうか。
かいじゅう
かいじゅう
有効期限が短いと入国できない場合もあるよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

海外に行く際に忘れてはいけないのが、パスポート(旅券)。パスポートには有効期限が決められていて、一般的に5年用と10年用があります。

その際、既にパスポートを持っている人は残存期間(有効期間)に気を付ける必要があります。

有効期限が切れていないかだけではなく、残存期間がどのくらい残っているかも重要です。では、なぜパスポートの残存期間が重要なのでしょうか?

そこで、今回は「【パスポートの有効期限に注意】海外移住のために必要な有効期間」をご紹介します。

パスポートの残存期間が重要な理由【入国審査が問題です】

パスポートの残存期間が短いと外国の入国が拒否される場合があります

仮に有効期限が過ぎていない場合でも残存期間が規定よりも短いと入国できなくなります。

では、なぜ残存期間(有効期間)が大切なのかというと、多くの国や地域では不法労働による「不法滞在」を防ぐことが大きな目的とされているためです。

国や地域によって異なりますが、一般的に残存期間が6か月以上を切った場合には、現地国への入国が拒否されるケースがあります。

さらに、粗末な衣服で入国審査を受けると不法滞在が疑われるということもあるくらい違法滞在が問題になっているので注意しましょう。

かいじゅう
かいじゅう
国や地域によって必要な残存期間が違うよ

入国に必要なパスポートの残存期間は国・地域によって違います

渡航先の国によって、入国時に必要な残存期間が異なります。そのため、この残存期間が不足していると入国できない可能性が高いです。

例えば、ニュージーランドでは滞在日数に加えて3ヶ月以上の残存期間があることが必要です。

入国に必要なパスポートの有効期限は、現地国の日本大使館や領事館などで情報を手に入れることができます。

かいじゅう
かいじゅう
入国に必要なパスポートの有効期限は最新情報をチェックしよう

日本でのパスポートの更新方法

出国までに有効期限が短いことが分かれれば、すぐに日本でパスポートの更新をしましょう。

パスポートの更新方法は、各都道府県のパスポート申請窓口にて申請書を手に入れます。

申請書に加えて戸籍謄本または戸籍抄本、住民票の写し、パスポート用の写真、本人確認の書類などが必要になります。

パスポートは申請してから受け取りまでの期間は基本的に土日祝日を除く7日前後かかるので、事前に確認して出国前ぎりぎりにならないように注意してください。

パスポートの申請書の代理提出も可能ですが、受け取りは本人のみとなります。

参考サイト:パスポート-Passport A to Z (外務省)

かいじゅう
かいじゅう
更新までに時間がかかるので早めに申請しておこう

海外でのパスポートの更新方法

パスポートの残存期間(有効期間)が1年未満となった時などに、海外にある日本大使館又は総領事館などの在外公館にてパスポートの更新ができます

その際、海外でパスポートの更新をする際は戸籍謄本又は抄本の原本が必要となるので注意が必要です。

そのため、日本から戸籍謄本又は抄本を取り寄せておかなくてはいけないことになります。

さらに、1年以上を残してパスポートの更新をした場合でも残っていた有効期間は新しいパスポートの有効期間には加算されないので、有効期限が短くなります。

また、ビザ(査証)の証明が添付されている場合は旧パスポートから貼り付けられないので、新旧のパスポートを持っておくことが必要です。

かいじゅう
かいじゅう
ビザ(査証)の証明が添付されているときは要注意だね
戸籍謄本
【どうやって手に入れる?】海外から戸籍謄本を取り寄せる方法【海外から戸籍謄本を手に入れる方法を知りたい人向け】海外移住FPが「海外で戸籍謄本が必要になりました。大使館や領事館で取れるのかな。もし、ダメならどうやって手に入れればいいのかな。」といった疑問に回答します。...

海外移住のために必要なパスポートの有効期限まとめ

今回のコラムでは、「【パスポートの有効期限に注意】海外移住のために必要な有効期間とは?」をご紹介しました。

パスポートは5年や10年のように期限が長いので、取得したままにしていると有効期限が短くなっている可能性も。

もし有効期限が短いまま入国しようとすると、入国審査で拒否される可能性もあるので十分注意する必要があります。

パスポートの更新は時間がかかるので、早めに更新しておくことが大切です。

一時帰国の際にパスポートの更新をしたい人は期間前に更新をすることもできるので検討してみましょう。