MENU
海外移住に役立つ書籍を探す>>>

【海外駐在妻の引きこもり対策はコレ!】原因と楽しい過ごし方

海外駐在の妻が引きこもりになる原因と対策を知りたい人向けです。

海外赴任の帯同してきた妻が家に引きこもりぎみで困っている。引きこもりの原因や対処法があれば知りたいな。
みつき
スマホで作るフラッシュバック式の英単語帳の作り方をお伝えします。

海外駐在の帯同で海外生活できると聞くと、うらやましいと思われている人も多いと思います。

ただ、国や地域によっては意外とそうでもなく、妻が引きこもりになったという意見も。

理由には色々とありますが、中でも多いのが原因が重なってしまっていること。それを知らずに、外に出るように促しても逆効果になりがちです。

では海外駐在の妻が陥りやすい引きこもりの原因には何があるのでしょうか

そこで、今回は「【海外駐在妻の引きこもり対策はコレ!】原因と楽しい過ごし方」をご紹介します。

このコラムでは「海外駐在妻が引きこもりにならない方法は?」以外にも、「引きこもりでも楽しく生活できる方法」についてもお伝えしています。

目次

海外駐在妻が引きこもりになる5つの原因

ポイント

駐在妻が引きこもりになる5つの原因は、下記のとおりです。

  • 言葉の壁がある
  • 友達を作りにくい
  • 治安がよくない
  • 運転ができない
  • 買い物に不自由する

言葉の壁がある

海外赴任の同行で海外生活をすることになっても、言葉の壁があるので外に出るのも考えてしまいがちになります。特に、英語圏ならまだしも英語以外が母国語の国なら余計に生活がしにくいことも。

友達を作りにくい

駐在妻との仲が必ずしもいいとは限らず、しかも日本に帰国してしまうことも。日本人の在住者と交流を求めていかなと孤独になりやすいでしょう。

治安がよくない

海外では日本と比べて治安が良くないので、1人で出歩くのにも慎重になりがち。特に、気を使いながら外出しないいけない国もあるので、そこは面倒になってしまうかもしれません。

運転ができない

車を運転するにしても国によっては交通ルールが違っていたり、そもそも左ハンドルなどの事情で運転しにくいことも。車がないと遠出もできないので、不便がストレスにつながりがち。

買い物に不自由をする

日本でも買い物でストレスを発散することも多いですが、海外では日本のように品数少なく、品質が悪いこともあります。買い物でストレスも発散しにくい環境にはあるのは間違いありません。

海外駐在妻が引きこもりにならない方法は?

海外駐在妻が引きこもりにならない方法は、残念ながらありません

無理に外に出かけて活動しようといっても余計にストレスがかかるだけ。

それなら、引きこもりでも楽しく生活できるようにすることのほうが大切です。

じゃあ、何をすればいいの?と思われるかもしません。次に、引きこもりでも楽しく生活できる方法の例をお伝えします。

引きこもりでも楽しく生活できる方法

引きこもりでも楽しく生活できる方法は、何か目標を持ってできることをするだけです。

例えば、下記のような方法があるので、参考にしてみてくださいね。

オンライン英会話

オンライン英会話は、海外駐在だからこそ活用するべき方法です。海外だから英語の勉強なんてと思われがちですが、意外と英語力の無さを知って、改めて勉強する人も多いでしょう。

語学力が不安で引きこもりがちになるなら、語学力をつけて外ですぐに実践できるのも日本ではできない魅力です。

おすすめのオンライン英会話は、下記のとおりです。

上記以外にも色々なオンライン英会話スクールがあるので、自分にあったところを探してみましょう。

オンラインヨガ

オンラインヨガは、身体を動かすことでストレス発散にもつながる方法です。

引きこもりになると運動不足になりがち。その点、自宅でもでできるのが魅力。なかにはインストラクターを目指せるプログラムもあるので、講師を目指すのもあり。

おすすめのオンラインヨガは、下記のとおりです。

  • SOELU:30日間100円で体験できるので安心
  • ゼロカラYOGA:インストラクターの資格取得も目指せる

いや、そこまでやる気はないよ、という人はYouTubeにもジム系の動画が上がっているので利用してみましょう。

資格の勉強

将来、日本に帰国する予定がある人も多いなら、資格の勉強をしておくのも方法のひとつです。資格の合格を目標に持つことで生活にアクセントが持てます

自分にあった資格を目指すべきですが、できれば将来、仕事や稼ぎにつなげやすい資格がおすすめです。

特に、日本語教師は資格の取得をしながらボランティアで日本語を教える練習もしやすく、語学力が乏しくても日本語を学びたい人との交流を持ちやすい。帰国後も活用できるのも魅力です。気になる方は「日本語教師養成講座」からどうぞ。

海外駐在妻でも出来る在宅ワーク

海外駐在で引きこもりを活かすなら、在宅ワークに挑戦してみるのも方法のひとつです。

  • 現地の言語⇔日本語の簡単な翻訳
  • ブログやサイトでのアフィリエイト
  • WEBライター
  • モーニングコール

現地の言語⇔日本語の簡単な翻訳

翻訳といっても難しく考える必要はありません。ポイントは、日常生活で必要になるレベルの翻訳を請け負うこと。

翻訳なんて難しいから出来ないよ!と思われる人もいると思います。ただ、翻訳といっても簡単な文章を書いたり、日本語訳にするだけというニーズがあります。

例えば、実際に海外在住して思うのが、公的な機関から送られた英文の意味が分からないと非常に困ること。

とはいえ、翻訳を本格的に頼むと費用もかかるので、ちょっとした文章だけを翻訳して欲しいというニーズもあります。

もし、興味があれば、「個人の知識やスキルを販売できるココナラ」に無料登録して、どのような翻訳サービスがあるのかを調べてみましょう。

\ 初回登録で300ポイントGET /

優待コード「4QBN3」と入力!

みつき
翻訳といっても難しく考えず、日常生活で困るちょっとした翻訳を受けるのがポイントです。

ブログやサイトでのアフィリエイト

個人で稼ぐ上で、納期や人間関係の影響を受けなくて一番済むのが「自分のブログやサイトでのアフィリエイト」。

なかには月数万円も稼ぐごとができる場合も。何よりも、初期費用が安いので参入しやすいのがメリットです。

但し、書くことがない!と、続かないことが多いので挫折する人が多いのも特徴。

いやいや、海外在住だから売るものがない!と思われるかもしれません。その辺りについては長くなるので、別のコラムで紹介しています。

どうやって稼げばいいの?と思った方は、YouTubeで関連動画が見つかるので参考にしてみましょう。

最近はブログのオンラインサロン「ABCオンライン」や「マクサン」などあるので利用を検討してみてもいいですね。

WEBライター

ブログやサイトでアフィリエイトは抵抗がある、挑戦したことあるけど稼げなかった、こういった方でもWEBライターをしてみるのも方法のひとつ。

WEBライターなんて文章力がないからと思われがち。確かに文章力が必要な案件もありますが、それよりも重要なのが差別化ができるテーマの知識があるかどうか

もし、そういった知識があれば文章力が人よりもはるかに選ばれます。なので、自分の経験、職歴、趣味などで強みが何かを考えてみましょう。

求人を探すときは、Twitterなどで「#WEBライター募集」で探してもいいですし、逆に自分の強みを発信することで依頼がDMで届く場合も。

それでも文章力に自信がないなら「WritingHacks(ライティングハック)」を受講も検討してみましょう。ライティングスキルがオンラインで体系的に学ぶことができると評判です。

みつき
文章力よりも専門性のある経験や知識のほうがより重宝されます。

モーニングコール代行

日本は朝活や早起きしたいと思っている人がますが、なかなか起きられないですよね。

そのような人のために「モーニングコールのサービス」があります。

サービスと言っても、ココナラで決まった曜日や時間にモーニングコールをするだけというお手軽なもの。

電話代もSkypeやLINEでも簡単に格安で電話がかけられます。この副業のメリットは日本と海外の時差を利用することができるということ。

時差を上手に活用できれば、早起きする必要がありません。一度、ココナラのサービスでモーニングコールが出品されているかを確認してみましょう。

\ 初回登録で300ポイントGET /

優待コード「4QBN3」と入力!

みつき
例えば、ニュージーランドなら日本が朝6時でも現地は朝9時か10時なので、時間的にちょうどいいですね。

ただ、海外で在宅ワークをする場合には現地国での納税ルールに従いましょう。詳細は、下記のコラムでもお伝えしています。

海外駐在妻の引きこもりの原因と対策まとめ

今回のコラムでは「【海外駐在妻の引きこもり対策はコレ!】原因と楽しい過ごし方」をご紹介しました。

残念ながら、海外駐在妻の引きこもりを解決する方法はありません。それなら、逆に引きこもりを利用するのがおすすめです。

何か目標を持って行動を起こすことで、ストレス発散にもつながりますし、なかにはお小遣い稼ぎができることも。

何かに自信を持つことができれば徐々に海外でも外交的になることもあるので、まずは行動を起こしてみましょう。

目次
閉じる