海外転職

海外転職におすすめの転職サイト8選!海外で働く仕事を見つけるにはどれがいい?

海外転職

海外転職のためのおすすめ転職サイトを知りたい人向け。

海外で働くためには何をすればいいのかな。どうやって求人を見つければいいのだろう。海外転職のための転職サイトを知りたいな。
かいじゅう
かいじゅう
実際に日本のサラリーマンから海外転職した経験をもとに紹介するよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

最近、日本でサラリーマンとして働くよりも海外生活を楽しみながら働くことができる「海外転職」が人気。

特に、日本企業で働いたスキルや語学力を利用して、次は海外にチャレンジしようニーズが高まっています
ただ、海外転職ともなると日本国内で転職活動するのと違って、どのような求人情報があるのかや、注意すべきことなどが分からないことが多いと思います。

そこで、今回は「海外転職におすすめの転職サイト8選」をご紹介します。

実際にニュージーランドで海外転職をした海外在住者の私が経験をもとにお伝えします。

転職サイトと転職エージェントの違い

海外転職のために求人を探す前に、転職サイトと転職エージェントの違いを知っておきましょう。

転職サイトは求人広告に直接応募して、採用企業の人事担当者と直接やりとりできるサービス。

一方、転職エージェントは担当者が希望や条件にあった求人を紹介してくれるサービスです。

特に海外転職は日本国内と比べて求人数や職種が限定されていることが多いので、転職サイトと転職エージェントの2つを併用するのがおすすめです。

その理由は、小さな企業によっては応募が多くなりすぎて手が回らないことが多いためです。そのため、口コミ・紹介、さらには転職エージェントのみを利用する企業もあります。

それでは、早速、おすすめの転職サイトと転職エージェントをお伝えします。

海外転職のためのおすすめ転職サイト5選

海外転職のためのおすすめの転職サイトは、以下の5つです。

1.マイナビ転職グローバル


公式サイト:https://tenshoku.mynavi.jp/global/

マイナビ転職グローバルは、国内だけでなく海外転職の専用サイトがある大手転職サイト。特徴は、20代の転職に強いので、様々な求人を取り扱っていることです。

転職セミナーも開催されることが多いので、一度は、電車のつり革広告などで見かけた人もいるのではないでしょうか。サイトでは、未経験OKや年収に絞った条件検索ができるので便利です。

\20代の転職に強い/

マイナビ転職グローバル

✓未経験OKの求人あり

2.リクナビNEXT


公式サイト:https://www.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、Web上で経歴や職歴などを登録することで誰でも求人にも応募することができます。転職活動ではよく知られているサービスなので、登録しておいて問題はないですね。

\転職サイトの定番/

リクナビNEXT

✓誰でも求人に応募OK!

3.doda(デューダ)


公式サイト:https://doda.jp/

dodaは、パーソルキャリアが運営する大手転職情報サイト。特徴は、海外の勤務地に求人数が多いこと。特に、フィリピンやマレーシア、ベトナムなどの東南アジアに強いのが特徴です。

\求人数が多い/

doda(デューダ)

✓アジア圏の海外転職に強い

4.Working Abroad

daijob
公式サイト:https://workingabroad.daijob.com/

Daijob.comは、外資系やグローバルカンパニーの転職サイト。特徴は、スカウトを受けられる可能性もあり、海外就職のコンテンツが豊富です。

\スカウトサービスあり/

Working Abroad

✓海外転職のコンテンツが豊富

5.キャリトレ


公式サイト:https://www.careertrek.com/

キャリトレは、業界大手のビズリーチが運営する20代に特化した転職サイトです。特徴は、海外勤務ありの求人情報があること。

海外転職だからといって海外の企業に直接応募するだけではなく、国内の企業で海外勤務があるところを選ぶというのも方法のひとつです。

\海外勤務ありの求人が探せる/

キャリトレ

✓20代に特化した転職サイト

海外転職のためのおすすめ転職エージェント3選

海外の勤務地に対応してるおすすめの転職エージェントは、以下の5つです。

1.マイナビエージェント

マイナビエージェント
公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、20代の転職活動に強い大手の転職エージェント。日本の企業を退職した後に、海外就職を目指している人におすすめです。

特徴は、マイナビ海外グローバルという海外転職の専用サイトも取り扱っているので、海外の求人情報が豊富なのがポイント。

\20代の転職に強い/

マイナビエージェント

✓海外転職の専用サイトもあり

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント
公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職活動をする人なら知っている人も多い大手の転職エージェント。

特徴は、海外の求人も扱っており、未公開の求人が多いので登録すると求人にあった仕事を紹介してもらえる可能性があります。

\転職エージェントの定番/

リクルートエージェント

✓未公開の求人が多数

3.JAC Recruitment

Jac_recrutment.png
公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

JAC Recruitmentは、アジアで最大のネットワークを持つ人材紹介会社のひとつ。特に、アジア圏での求人情報が充実していて、海外転職の専用サイトがあります。

その特徴は、英語を活かせる仕事や、外資系企業に強いのがポイント。ハイクラスの求人情報が多いので、語学に自信がある方や特別なスキルを持っている人向けです。

\アジア圏での求人情報が充実/

JAC Recruitment

✓外資系企業に強い

海外転職の際に注意すべき3つのポイント

  • 海外駐在か現地採用か
  • 労働ビザのサポートが受けられるか
  • 給料や福利厚生が十分かどうか

海外駐在か現地採用か

海外就職をするにあたって、日系企業の場合は海外駐在か現地採用なのかを確認しておく必要があります。

海外駐在か現地採用かで給料面や待遇面が大きく異なることが一般的なので、どちらで採用されるのかを確認しておきましょう。

かいじゅう
かいじゅう
いずれ日本に帰国したいなら海外駐在もあり!

労働ビザのサポートが受けられるか

海外駐在か現地採用に限らず、海外で労働をして給与が発生する場合には労働ビザが必要になります。

大手企業であればビザの費用や登録までサポートを受けられるのが普通ですが、ローカルの企業であれば十分なサポートが受けられないこともあります。

特に、準備金を払ったものの現地国に到着して働こうと思ったら労働ビザが下りなかった、という話もあります。

そのため、海外で働くのであれば現地の労働ビザについて知っておく必要があります。

かいじゅう
かいじゅう
労働ビザの取得方法は入念に確認しよう

給料や福利厚生が十分かどうか

海外駐在の場合は日本国内の企業に準じて給料や福利厚生など受けられることが一般的ですが、現地採用の場合は日本国内にある企業であっても現地の状況に準じます。

そのため、給料が現地通貨で支払われる場合や退職金の有無、賞与(ボーナス)、さらに福利厚生をよく確認しておくことが大切です。例えば、福利厚生では一時帰国時の飛行機代を支給する企業もあります。

かいじゅう
かいじゅう
海外ではボーナスがないのが当たり前だから給与の額は大切!

海外転職におすすめの転職サイト8選まとめ

今回のコラムでは、「【海外転職】おすすめの転職サイト8選!海外で働ける仕事を見つけるなら?」をご紹介しました。

最近、日本国内の企業で働いた後に海外で働いてみたいと考えている若者が増えています。

ただ、海外転職は日本国内の転職活動と違うことも多いので、転職サイトや転職エージェントを利用したほうが安全な場合があります。

現地で実際に自分で求人を探すというのも方法のひとつですが、その際は労働ビザや給料・福利厚生などをよく確認しましょう。