副業・マネー

【資格】副業や帰国後の仕事におすすめの通信教育6選!海外で受講できる?

通信教育

海外在住の副業や帰国後の仕事のために資格を取りたい人向け。

海外生活をしている間に資格やスキルをを手に入れたい。海外でも受講できる通信教育があれば知りたいな。
かいじゅう
かいじゅう
副業や帰国後の仕事に役立つ通信教育があるよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

海外移住をしている人のなかには、ワーキングホリデーや海外赴任、海外留学など一時的に海外生活をしているけれど、いずれは日本に帰国する人もいますよね。

そういった人は海外生活で時間に余裕があるので、副業や帰国後の仕事に役立つ資格やスキルがあれば安心です。

ただ、海外だと日本にいる時のように通学したり、簡単に教材を購入することは難しいですよね。

そこで、今回は「【海外で受講できる】副業や帰国後の仕事におすすめの通信教育6選」をご紹介します。

海外でも受講できる語学系の通信教育3選

1.1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソン
公式サイト:https://ec.alc.co.jp/

アルクで120万人が受講している人気の英語教材が、中級者向けの「1000時間ヒアリングマラソン」。受講期間は12ヵ月で54,780円(税込)。

海外で学んだ英語をさらにブラッシュアップさせるならリスニング量を増やすのが重要です。

毎月テキストが送られてきますが、学習アプリから音声付きの電子書籍を利用することもできるので、海外でも問題なく受講することができます。

\のべ120万人が利用する英語教材なら/

1000時間ヒアリングマラソン

✓体験キットもあります

2.NAFL日本語教師養成プログラム

NAFL日本語教師養成プログラム
公式サイト:https://ec.alc.co.jp/course/nc/

日本語教師は年齢に関係なく仕事ができる職業として人気が出ています。日本語教師の資格が国家資格になる可能性が高くなっています

さらに、最近は日本の日本語学校で働くだけではなく、海外で働いたり、オンラインで世界中どこからでも日本語を教えることができます。

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムは、日本語教育能力検定試験の合格を目指した講座。費用は約10万円で、12ヵ月が標準の学習期間です。

日本語教師の資格を得るには、検定試験以外にも420時間養成のプログラムもありますが、費用が数十万円もかかるので負担になります。

\検定合格率66.3%/

NAFL日本語教師養成プログラム

✓英語のレベル不問

3.小学校英語指導者 J-SHINE

小学校英語指導者 J-SHINE
公式サイト:https://ec.alc.co.jp/

2020年度から小学校5・6年生で外国語として英語が教科になるなど、小学校で英語を教えることができる資格のニーズが高まっています

そのため、注目されているのが「小学校英語指導者の資格J-SHINE」です。

特に、小学校英語指導者 J-SHINE準認定資格取得準備コンプリートコースでは「児童英語教師養成コース」も含まれているので、児童~小学生までを対象として講習を受講できるのが特徴です。

受講後は小学校英語準認定指導者資格となり、実技の通算50時間以上の英語の指導経験を積むと正式な小学校英語指導者資格への資格変更の申請が可能となります。

\子どもに英語を教える資格/

J-shineコンプリートコース

✓2日間の研修講座が無料

小学校英語指導者資格
【比較表あり】J-SHINE資格を取得できる講座おすすめ7選!費用が安くて最短なのは?【J-SHINE資格を取得できる講座おすすめを比較した情報を知りたい人向け】 J-SHINE資格を取得を考えています。講座の費用や料金が安くて最短で取れるのはどこかな、といった疑問に海外在住者が回答します。...

海外でも受講できるIT系の通信教育3選

  • 1.スタディング ITパスポート
  • 2.デジハリONLINE Webデザイン講座
  • 3.動画編集

1.スタディング ITパスポート

ITパスポート
公式サイト:https://studying.jp/

ITパスポートは、ITを利活用するすべての社会人や学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験資格

そのため、注目されているのがオンライン講義の「スタディング」です。スマートフォンやPC、タブレットで学習ができるので場所を選ばずに学習ができます。

料金も¥7,980(税別)と他の国家試験と比べると安いのが特徴です。

\オンラインで受講できる/

スタディング ITパスポート

✓料金が¥7,980(税別)

2.デジハリONLINE Webデザイン講座

Webデザイン
公式サイト:https://liginc.co.jp/studioueno/

Webデザインは、Webサイトのデザイン・企画、コーディングなどのスキルが必要な仕事。PhotoshopやIllustrator、HTML、CSSなどを学ぶことが大切です。

このスキルが半年で本格的なWeb制作の実務スキルを習得するWebデザインが、「デジハリ・オンラインスクールの通信講座」。

短期集中なら3ヶ月で約20万円、もっとしっかり学ぶなら8ヵ月で約44万円と時間と費用によって学べるレベルことが異なります。

\Webデザインが学べる/

デジハリONLINE Webデザイン講座

✓はじめての方でも受講OK

3.TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
公式サイト:https://techacademy.jp/

Youtuberが人気の職業になっている現在、動画編集の需要が増加しています。5G時代になると動画がさらに一般的になることが明らかです。

その動画編集を短期間でAdobe Premiere Pro CCを使って学ぶプログラムが「TechAcademy 動画編集コース」。

4週間なら約15万円。8週間なら約20万円、12週間プランで約25万円と自分にあわせたコースを選択することができます。

\動画編集のスキルを身につける/

TechAcademy 動画編集コース

✓Adobe Premiere Proを使用

副業や帰国後の仕事におすすめの通信教育6選まとめ

今回のコラムでは、「【資格】副業や帰国後の仕事におすすめの通信教育6選!海外で受講できる?」をご紹介しました。

海外で時間が比較的余裕が人や帰国後の就職や転職のために手に何か技術を身につけたい人、海外で副業として稼ぎたい人などにおすすめ通信講座です。

↑目次へ戻る