そうだ、海外移住をしよう。
海外生活hack

【サインの書き方:ローマ字編】おしゃれで可愛く書くには?代行を利用するべき理由

サイン ローマ字 書き方

サインを可愛いローマ字で書く方法を知りたい人向け。

海外赴任をすることになったので、かわいいサイン署名を作りたいな。ローマ字でイニシャルを書くにはどうすればいいんだろう。
みつき
みつき
サインは証明に使うから十分に考えて決めよう。

海外で不動産の契約や携帯電話の契約、さらに銀行での口座開設などで頻繁に使うことが多いのがサイン署名

日本ではハンコの文化があるので、ハンコを作って公式には「印鑑証明」をとっておくのが一般的でした。

ただ、最近はテレワークが進んで、ハンコの代わりになるものとしてサイン署名が注目されています。では、どうやってサインをローマ字で作ればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【サインの書き方:ローマ字編】おしゃれで可愛く書くには?代行を利用するべき理由」をご紹介します。

このコラムで分かること(読み飛ばしができます)

海外でよく使われるサイン署名とは

海外では日本のように印鑑を使用しないので、日常で使用するのはサイン(署名)です。

サインは名前を崩して書くことが多いので、欧米人などはローマ字なので書きやすいのですね。ただ、日本人もローマ字でサインをすることが増えてきました。

海外で使用する重要書類には、通常の名前を書く欄とサイン欄(署名欄)の2箇所があります。

ただ、公式なサイン署名はパスポートの「所持人自署」欄に書いたものが基本。

もちろん、オリジナルのサインでも、あくまでも社内や銀行などで登録したサインであれば通用します。

↑目次へ戻る

サインを可愛いローマ字で書く方法

サインをローマ字で書く一番いい方法は、既にあるサインを参考にして真似てみるのがおすすめです。

Google検索で「サイン ローマ字」で画像を選択すると様々な書き方が見つかります。

まずは、自分の名前を筆記体にしてつなげて書きます。ただ、それだけでは「かっこいい」とは言えないので、文字を誇張するようにしましょう。

サインを可愛いローマ字で作るポイントは、「円」と「最後の線」です。多くのサインでは丸みをつけて、名前の最後をそのまま止めないで丸めたり、横線を引くことで可愛くオシャレになります。

サインは「一生使う」といってもいいほど重要なものなので、オリジナリティがあるほうがいいですよね。

そのためには、デザインの感覚が必要も必要です。ただ、自分でサインをローマ字で書いても納得がいかないなら代行業者を使うのも方法の一つです。

みつき
みつき
サクっと代行で作成してもらうのも便利だよ。

↑目次へ戻る

ローマ字で作るサイン作成の代行業者

サインを作るために、どのようなサインがあるかをGoogle等で検索してもいいですが、そこはデザイン性を求めるなら代行業者に依頼することもできます。

  • 1.個人のスキルを売買できる「ココナラ」
  • 2.クラウドソーシング「ランサーズ」
  • 3.サイン署名の専門会社「署名ドットコム」

個人のスキルを売買できる「ココナラ」

自分でデザインが苦手だなと思う方は、ココナラを使ってデザインしてもらってもいいですね。

無料登録ができるので、登録してみて「サイン署名」の検索をしてみましょう。

例えば、「海外でも使える、オリジナルの署名サインを制作します」では、イニシャルを4,000円でオシャレなサインにしてくれます。

\2,000円から依頼できる/

個人のスキルを売買できる「ココナラ」

✓サイン専門家にも依頼可

クラウドソーシング「ランサーズ」

もっとサインを本格的に作りたい方は、ランサーズでデザインを依頼する方法もあります。

会員登録が必要ですが、オンラインでデザイナーに依頼することもできるの便利ですね。

\デザイナーに依頼できる/

クラウドソーシング「ランサーズ」

✓イラストレーターにも依頼可

サイン署名の専門会社「署名ドットコム」

署名ドッココム
出典:https://www.syomei.com/

オリジナルのサインサンプルが豊富に取り揃えている「署名ドットコム」。

署名専門の会社なので、英語だけではなく「サイン漢字の作り方」も分かります。

\サイン署名を作るなら/

署名ドットコム

✓オシャレなサインが作れる

↑目次へ戻る

サインをローマ字で書く方法まとめ

今回のコラムでは、「【サインの書き方:ローマ字編】おしゃれで可愛く書くには?代行を利用するべき理由」をご紹介しました。

サインをローマ字で書くとオシャレで可愛いですが、あくまでもサインなので慎重に決めるべきです。

例えば、海外での契約書などでは書き方も見られることがあるので、慣れないサインをすると疑われる可能性も。

なので、何度も練習して自分のサインを手になじませるようにしましょう。

もし、自分でサインを決めるのが無理だと思ったら、そこは数千円から代行できるサービスを利用するのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る