海外生活hack

【サイン署名の作り方】サインの作成や添削に代行業者を使うべき理由とは?

サイン署名

海外移住や海外赴任でサイン署名を作りたい人向け。

海外赴任をすることになったので、オシャレなサイン署名を作りたいな。自分で作るのは難しそうなので代行業者に依頼するのはどうだろう。
かいじゅう
かいじゅう
おしゃれな著名サインなら注目されるよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

海外で不動産の契約や携帯電話の契約、さらに銀行での口座開設などで頻繁に使うことが多いのがサイン署名

日本ではハンコの文化があるので、ハンコを作って公式には「印鑑証明」をとっておくのが一般的でした。

ただ、最近はテレワークが進んで、ハンコの代わりになるものとしてサイン署名が注目されています。では、どのようにしてサイン署名を作ればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【サイン署名の作り方】英語や漢字のサイン作成の代行業者を使うと便利!」をご紹介します。

このコラムで分かること(読み飛ばしができます)
かいじゅう
かいじゅう
オリジナルのサイン署名を作ってみよう

海外でよく使われるサイン署名とは

海外では日本のように印鑑を使用しないので、日常で使用するのはサイン(署名)。

サインは名前を崩して書くことが多いので、欧米人などはローマ字なので書きやすいのですね。ただ、日本は漢字なのでちょっと漢字なので書きにくい。

海外で使用するのは、賃貸契約書や銀行でのサイン、公共サービスの申し込みにサインが必要になります。ほとんどの重要書類には、通常の名前を書く欄とサイン欄(署名欄)の2箇所があります。

ただ、公式なサイン署名はパスポートの「所持人自署」欄に書いたものが基本。

オリジナルのサインでも、あくまでも社内や銀行などで登録したサインであれば通用します。

ただ、海外との契約書などでは、名前をローマ字で書く横にサインをする欄があり、「パスポートと同じサイン」をするのが一般的。

対外的に使う公式で使う署名サインは、パスポートの署名と同じであるほうが安心です。

オリジナルのサインはデザインの感覚が必要?

サイン署名は「一生使う」といってもいいほど重要なものなので、「かっこいい」「書きやすい」「オリナリティ」があるほうがいいですよね。

ただ、オリジナルのサインを考え出すのは、デザインの感覚が必要かもしれません。

特に漢字を崩して書くのは非常に難しいですね。もともと漢字で書くと普通は40字前後になることが多いので、それを10字ぐらいに一筆書きにしたいので難しくなるのです。

ローマ字であれば崩して書くことはできますが、全然かっこよくありません。せっかくサインを作るのならば、かっこいいサインで一筆書きのようにササッと書いてみたいですね。

Googleなどの画像検索で「署名サイン」と入力するとサンプル画像が出てくるので参考にしてみましょう。

サイン署名を作成の代行業者3選

サインを作るために、どのようなサインがあるかをGoogle等で検索してもいいですが、そこはデザイン性を求めるなら代行業者に依頼することもできます。

費用は数千円から本格的なサインとなると数万円がかかりますが、それだけ需要とデザイン性が求められる証です。

  • 1.個人のスキルを売買できる「ココナラ」
  • 2.クラウドソーシング「ランサーズ」
  • 3.サイン署名の専門会社「署名ドットコム」

個人のスキルを売買できる「ココナラ」

自分でデザインが苦手だなと思う方は、ココナラを使ってデザインしてもらってもいいですね。

無料登録ができるので、登録してみて「サイン署名」の検索をしてみましょう。

例えば、「海外でも使える、オリジナルの署名サインを制作します」では、イニシャルを4,000円でオシャレなサインにしてくれます。

\2,000円から依頼できる/

個人のスキルを売買できる「ココナラ」

✓サイン専門家にも依頼可

クラウドソーシング「ランサーズ」

もっとサインを本格的に作りたい方は、ランサーズでデザインを依頼する方法もあります。

会員登録が必要ですが、オンラインでデザイナーに依頼することもできるの便利ですね。

\デザイナーに依頼できる/

クラウドソーシング「ランサーズ」

✓イラストレーターにも依頼可

サイン署名の専門会社「署名ドットコム」

署名ドッココム
出典:https://www.syomei.com/

オリジナルのサインサンプルが豊富に取り揃えている「署名ドットコム」。

署名専門の会社なので、英語だけではなく「サイン漢字の作り方」も分かります。

\本格的なサイン署名を作るなら/

署名ドットコム

✓オシャレなサインが作れる

英語や漢字のサイン作成の代行業者を使うべき理由まとめ

今回のコラムでは、「【サイン署名の作り方】英語や漢字のサイン作成の代行業者を使うべき理由とは」をご紹介しました。

意外とサインは本名の名前じゃなくても問題ありません。サインの目的は自筆かどうかなので、自筆ということが分かれば名前じゃなくてもいいそうです。

海外移住をするなら、かっこいいオリジナルのサインを作ってみてはいかがでしょうか?