海外移住

【ニューカレドニア】天国に一番近い島への移住は簡単ではない理由【フランス領です】

ニューカレドニア

ニューカレドニアに移住してみたいと考えている人向け。

天国に一番近い島と言われるニューカレドニアへ移住できたら最高だな。移住するのはどういった方法があるのだろうか。
かいじゅう
かいじゅう
こういった疑問に回答するよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

天国に一番近い島で知られるのが、「ニューカレドニア」。

新婚旅行の定番スポットとして人気が高く、一度は訪れたい国としても人気がありますよね。

ただ、海外移住先となるとニューカレドニアはどうなのでしょうか?

そこで、今回は「【ニューカレドニア】天国に一番近い島への移住は簡単ではない理由」をご紹介します。

このコラムでは、「ニューカレドニア移住が簡単ではない理由」が分かります。

ニューカレドニアにはどこにある?

まずは、地図で場所を確認してみましょう。

ニューカレドニアは南太平洋に浮かぶ数十の島々からなるフランスの海外領土で、日本からは約8時間のところにあります。スカイスキャナーによると、日本からは直行便は少ないですが飛んでいますね。

【ニューカレドニア】天国に一番近い島への移住は簡単ではない理由

Aircalin
公用語はフランス語で永住権がないので厳しい

フランスでは永住権というのはなく、東南アジアなどにはあるリタイアメントビザ(退職者ビザ)などもありません。フランスで3ヵ月以上滞在するには基本的に何かしらのビザが必要となり、長期滞在にはビザ更新が必要になります。

なお、フランスのワーキングホリデービザはヨーロッパ内に存在するフランス本国のみで有効なので、残念ながらフランス領であるニューカレドニアなどには滞在できません。

ニューカレドニアに移住したい場合は、現地の会社で就職してワークビザを発給してもらうか、現地の人と国際結婚をして移住する方法が一般的です。

ニューカレドニアにはフランス領なので、移住をする場合はフランスの移住情報を手に入れる必要があります

観光目的ならニューカレドニアがおすすめな理由

日本のパスポートでは90日以内の観光目的での滞在について査証は不要です。ただし、パスポートの有効期間は入国時に滞在日数に加えて3か月以上あることが必要です。

また、ニューカレドニアには日本の総領事館等の在外公館はないので盗難などには注意しましょう。万が一、何か連絡が必要な場合のみオーストラリアのシドニーにある日本国総領事館に連絡ができます。

90日以上の滞在になる場合は、在日フランス大使館でビザの申請を行うことになります。

ニューカレドニアに観光で行ってみましょう!

日本からニューカレドニアに行く費用は飛行機代で約13万円、ニュージーランドからは約5万円で行くことができます。

その他にはフランス領ということもあり、物価は結構高いので食費がかかるくらいで、宿泊費は1泊1万円程です。

観光が盛んな国なので、バッパー(ゲストハウス)が多いと思いきやほとんどありません。普通のホテルに宿泊しましょう。

Aircalin
Aircalinが航空会社ですね。

カフェ
南国のイメージとは違い普通です。

フランスパン
さすがフランス領、フランスパンは定番です。

亀
カメも見つけられます。

ニュージーランドからニューカレドニアに旅行するにあたって困るのが現地の情報が不足していること。日本のように簡単にガイドブックが手に入らないし、あったとしても英語で書かれているので使いずらいでしょう。

そのようなときにはAmazonのKindle本が役に立ちます。

今回は、Kindle Unlimitedに登録してたので、無料でニューカレドニアのガイドブックを入手できました。最新版ではないものの、それほど内容が変わっていないと思うので十分役立ちます。

もちろんKindleでガイドブックを購入することもでき、電子書籍で読めるので、海外から他の国に旅行に行く際には便利ですよ。

天国に一番近い島への移住は簡単ではない理由まとめ

今回のコラムでは、「【ニューカレドニア】天国に一番近い島への移住は簡単ではない理由【フランス領です】」をご紹介しました。

ニュージーランドやオーストラリアに近いものの、イギリス領ではなくフランス領。労働ビザなどはフランスとのやり取りも必要になりますね。

やはりニューカレドニアにはハネムーンやマリンスポーツなどの旅行には最適ですが、永住権がないなど移住条件がかなり難しいと言えます。

かいじゅう
かいじゅう
海外移住をするのは天国ではないみたい
\月額980円で利用できる英語アプリなら/
スピードラーニングα
✓1ヶ月の体験無料あり