そうだ、海外移住をしよう。
国内手続き

海外送金にマイナンバーは必要?海外在住のための手続きとは

海外在住者マイナンバー

海外送金にマイナンバーが必要かを知りたい人向け。

海外在住になるとマイナンバーはどうなるんだろう。海外送金にはマイナンバーが必要なのかな。
みつき
みつき
海外移住FPが回答します。

住民票を持つすべての国民に一人に1つのマイナンバー(個人番号)が与えられるのが、マイナンバー制度。

マイナンバー制度が導入される前に海外渡航している人の中には、マイナンバーを持っていない人もいると思います。

ただ、今では海外移住をする前に既にマイナンバーを取得されている人も多いでしょう。

もし、マイナンバーがないと海外送金ができないと困ってしまいますよね。

そこで、今回は「海外送金にマイナンバーは必要?海外在住のための手続きとは」をご紹介します。

非居住者になるとマイナンバーはどうなる?

海外移住をする前に住民票を抜いて住民登録を抹消しても、一度決められたマイナンバーは抹消されません

もし、日本に帰国して住民登録をするとマイナンバーがそのまま引き継がれます。

但し、市区町村から申請すれば交付できる身分証の代わりとなる顔写真入りの本人確認用カード「個人番号カード」(マイナンバーカード)は返納する必要があります。

もし、返納し忘れてもカードは失効となります。

もちろん、マイナンバーは住民票を有するすべての個人に対して割り当てられるので、住民票を残したまま海外に移住する人にも発行されます。

↑目次へ戻る

海外送金にマイナンバーは必要になる?

マイナンバーの導入に伴って、海外在住者が日本国内の口座に送金できないのでは?という問題が話題となっています。

もともとマイナンバーは国内に住民票のある人に送られ、制度の導入前に海外在住になった人はマイナンバーを所有していないためです。

実際のところは、政府が海外に住む国内非居住者がマイナンバーを持たないことのみを理由に、金融機関が国内の預貯金口座への送金や送金された金銭の払い出しを拒否することはない、と公表しました。

逆に、日本から海外に送金する場合は、銀行によっては届出が必要な場合があります。

銀行によっては経過措置が取られている場合がありますが、あくまで原則として送金できる状態なので、いつ終了してしまうかは厳格ではありません。

そのため、海外送金にはマイナンバーは銀行によっては必要とは言えないので、日本から海外へ送金する送金元のルールを確認する必要があります。

↑目次へ戻る

海外在住ならマイナンバーが不要の海外送金

もし、マイナンバーがないために銀行での海外送金ができないとなったら、別の方法を考える必要があります。

そのような場合には「海外送金のワイズ(旧トランスファーワイズ)」がおすすめです。

日本居住者はマイナンバーが必要となっていますが、今のところ、海外在住者はマイナンバーがなくても登録することができます。

銀行に比べると手数料が安く、着金も早いと人気です。

\海外在住OK!手数料が安くて早い/

ワイズをみてみる

海外送金ならコレ一択です。

非居住者に現在でもマイナンバーは発行なし

マイナンバー制度が開始される前までに住民票がない非居住者には、マイナンバーは発行されることはありません

ただし、非居住者の方が一時帰国などで住民登録をするとマイナンバーが発行されます。

今後は非居住者にもマイナンバーを発行しようという方針がありますが、海外在住者の把握や本人証明などを考えると当分は難しいでしょう。

↑目次へ戻る

海外在住者とマイナンバーの関係まとめ

今回のコラムでは、「海外送金にマイナンバーは必要?海外在住のための手続きとは」を紹介します。

海外に移住してもマイナンバーが変わることはないので、書類などは大切に保管する必要がありますね。

ただし、マイナンバーのカードは非居住者として海外に滞在する場合には、管轄する自治体に返却が必要になります。

↑目次へ戻る