一時帰国

【海外在住者が回答】ジャパンレールパスの購入方法や使い方とは

ジャパンレールパス (Japan Rail Pass)の購入方法や使い方を知りたい人向け。

「日本に一時帰国するときにジャパンレールパスが安くて便利と聞いたけど、私でも利用できるのかな。詳しく知りたいな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。

当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きや海外生活のコツを紹介しています。

ジャパンレールパスは、海外からの観光客などを対象にJR各社が発行する鉄道/路線バスが乗り降り自由で利用できる乗車券パス。

このパスが使えるのは外国人だけではなく、日本人でも条件をクリアすれば購入することができます。

では、ジャパンレールパスの使い方や購入方法はどうすればいいのでしょうか?

このコラムでは、「ジャパンレールパスの購入方法や使い方」が分かります。

そこで、今回は「ジャパンレールパスの購入方法や使い方とは【日本人でも買えます】」をご紹介します。

ジャパンレールパスの購入方法や使い方とは【日本人でも買えます】

ジャパンレールパスの購入方法や使い方は以下のとおりです。

ジャパンレールパスの利用資格

日本国外に居住している人で、その現地国の永住権を有している人、又は永住権が確認できない国に区分されている国の居住者(ニュージーランドなど)は10年以上の在留証明書が必要です。

在留証明書は、現地国の大使館や領事館などの在外公館で手に入れることができます。

海外在住で日本国の旅券を有する日本人でも10年以上の滞在が証明できれば利用可能

ジャパンレールパスの購入方法や引換場所

基本的に日本国外のJR指定発売店や大手代理店(旅行会社など)販売されており、日本国内では購入できません。

実際には日本国外では引換証のみが渡され、日本到着後に引換箇所(駅にある旅行センターなど)で、引換証と交換でパスが入手できます

ジャパンレールパスにはグリーン車用と普通車用(指定席)の2種類があり、さらにそれらが7日、14日、21日間用パスに分かれています。一時帰国した際の移動や遠出の国内旅行の際にもお得で便利です。

2020年6月1日からWebで予約ができるにようになります。

ジャパンレールパスが利用できる路線

原則としてJR各社の新幹線・特急・急行・快速を含む全列車。ただし、 新幹線の「のぞみ」・「みずほ」には乗車できないなど制限があるので、事前に対象路線を確認しておく方がいいと思います。

新幹線の「のぞみ」や「みずほ」以外にも乗車できない条件があるので注意しましょう。

ジャパンレールパスを利用するときの注意点

  • ジャパンレールパスは記名本人のみ使用可能
  • 駅などでは係員のいる通路を通る
  • 使用中は必ず旅券を携帯する
  • 指定席を利用する場合は指定席の指定をする(追加料金は不要)
  • 紛失(盗難の場合を含む。)の場合、再発行はできない
  • 原則として払いもどしは有効期間の開始日前まで可能(手数料が必要)

ジャパンレールパスの利用には細かいルールが決められているので、いざ使う時になって適用外だったということもあるので事前に内容を確認しておきましょう。詳細は、下記の公式サイトからどうぞ。

まとめ:ジャパンレールパスは細かい使用条件の確認をしましょう

ジャパンレールパスには様々な購入や使用条件があるので、よく確認してから購入するのがおすすめです。

条件が厳しいですが、日本人でも10年以上現地国で滞在していることが証明できれば購入することができます。

ただし、購入には在留証明書が必要になるため、在外公館で取得する必要がありますね。

関連サイト:ジャパンレールパス