海外移住準備

【海外移住FPが回答】国際運転免許証は取得しておくべき?

国際運転免許証
国際運転免許証(国外運転免許証)の取得を考えている人向け。

海外移住したい人
海外移住したい人
「海外移住後すぐに自動車やレンタカーの運転をするために国際運転免許証を取得しておきたい。取得方法や必要書類を知りたいな。」

こういった要望に@海外移住FPがお答えします。

このサイトではブログを書きつつ、海外移住の最新情報や海外生活のコツをお伝えしています。

海外で車が使えると便利ですが、移住後すぐは現地の免許証がないので運転でできないことも。

そのような場合には、国際運転免許証を取得しておくと便利です。さらに意外な使い道もあります。

このコラムでは、「国際運転免許証の手続き方法や必要書類」が分かります。

そこで、今回は「国際運転免許証の手続き方法は?【取得方法や必要書類】」をご紹介します。

国際運転免許証の手続き方法は?【取得方法や必要書類】

手続き方法と必要書類は以下のとおり。

海外移住後、すぐにレンタカーなどを運転できるので取得しておくのがおすすめです。

国際運転免許証とは

国際運転免証は「国外運転免許証」とも言われ、ジュネーブ条約締約国に限り運転することができます。

条約に批准している国同士では、お互いの国の運転免許を認め合うことで国際運転免許証を使ってその国で運転ができます。

海外移住先で国際運転免許証を使って運転ができるどうかは、国外運転免許証が有効な一覧国で確認してみてください。

国際免許の有効期間は1年です。有効期間が切れた国際運転免許証は返還することができます。

また日本の免許のように更新といった概念がないため、有効期間が切れた国際免許は再度取得が必要になります。

もし、1年以上海外で滞在される方は日本の運転免許証を現地の国の免許に切り替えるか、外国で運転免許試験を受けて、新たに現地国の運転免許を取得する必要がありますね。

ただし、国際運転免許証は正確には免許証ではなく、許可証なので国際運転免許証だけ持って運転はできません。日本の運転免許証やパスポートも携帯することが必要です。

国際運転免許証の取得方法

日本の運転免許証の有効期限内であれば、取得は各都道府県の指定警察署や運転免許センターで可能です。

申請は基本的に本人が行わなくてはいけませんが、本人が海外渡航済みで申請ができない場合のみ、代理人申請が可能です。

申請する場合の必要書類は基本的に各都道府県とも同じですが、事前に確認しておく方が安心です。

申請する際の必要書類は以下の通りです。

  • ①日本の運転免許証(有効期限内のもの)
  • ②写真1枚(縦5cm×横4cm)
  • ②海外渡航を証明するもの(パスポート、飛行機のチケットなど)

代理人申請は別途書類が必要なのでご確認ください。申請時に発行手数料がかかり混雑の状況にはよりますが、取得時間は約15~30分で済みます。簡単です。

関連サイト:国外運転免許証取得手続(本人による申請)(警視庁)

国際運転免許証の意外な使い道

海外では身分を証明するものとしてはパスポートがありますが、長期滞在中、パスポートを常に持ち歩いていることは現実的には難しい場合があります。

そこで、万が一の時に役立つのが、国際運転免許証です。

運転をするための証明ですが、写真が付いているため年齢確認や身分の証明として使用できる場合があります。但し、必ず通用するというわけではないので注意してください。

日本の運転免許証で運転できる国も

海外で自動車の運転をするには現地の免許証か国際運転免許証が必要と思わていると思いますが、実は日本の運転免許証を使って運転できる国や地域があります。

例えば、台湾やグアム、ハワイなどがあります。

台湾では・・・

日本の運転免許証と併せて、その中国語翻訳文を所持・携帯していれば、自動車の運転が認められます。警察官が入境日を確認するため旅券の提示を求める場合がありますので、旅券(最終入境日が更新前の旅券に記載されている場合は更新前の旅券も)も忘れずに携帯してください。 日本の国際運転免許証では運転できませんのでご注意ください。

出典:日本台湾交流協会

それでも現地言語の翻訳が必要なので、事前に渡航先の在外公館(大使館や領事館など)でご確認しておきましょう。

ただし、現地の警察官がそのことを把握していないこともあるので、やはり国際運転免許証を取得しておく方が安心ですね。

まとめ:日本の運転免許証(原本)も持っておきましょう

国際運転免許証(国外運転免許証)は海外旅行でレンタカーを借りる際にも便利ですが、海外移住をしてすぐに運転できると便利です。

海外では、日本の運転免許証から現地の免許証に切り替えるまでに日数がかかる場合があるので、その間は国際運転免許が通用する国・地域であれば便利です。

但し、国際運転免許証だけではなく、日本の運転免許証(原本)やパスポートも一緒に携帯しおきましょう。