▶えっ、手数料が安い!お得な海外送金はコチラ⇒ click!

【一時宿泊先を探すならコレ!】海外移住のための宿の探し方

海外移住で一時的に宿泊するホテルの探し方を知りたい人向けです。

移住先で賃貸を借りないといけないけど、まだ決まっていない。とりあえず、海外移住後すぐに一時期に宿泊できるホテルの探し方を知りたいな。
みつき
おすすめの一時宿泊先もお伝えします。

海外生活では家を購入する人もいますが、賃貸を探す人が多いと思います。

ただ、海外移住の渡航前であれば、渡航後すぐに賃貸を見つけるのは難しいので、一時的に宿泊先で過ごすことが一般的です。

では、海外移住での一時的な宿泊先はどうやって探せばいいのでしょうか。

そこで、今回は「【一時宿泊先を探すならコレ!】海外移住のための宿の探し方」をご紹介します。

目次

海外移住時の一時宿泊先の選び方は?

海外移住で一時期な宿泊先の選び方は、下記のとおりです。

  • 賃貸までの期間
  • 宿泊にかける費用
  • 宿泊先のスタイル

賃貸までの期間

渡航後に希望の賃貸を見つけるまで約1~2週間ぐらいが目途になるでしょう。その間、賃貸を探しやすいホテルなどが便利です。

宿泊にかける費用

良い賃貸を見つけるのも大事ですが、それまでの費用が意外とかさばるので注意が必要です。特に、普通のホテルだだと費用かさみがち。

宿泊先のスタイル

宿泊といってもビジネスホテルからバックパッカーなど、様々なスタイルがあるので、期間と費用を考慮した上で宿泊先を決めましょう。

では、次に実際に宿泊先のスタイルについてお伝えします。

海外移住で一時的な宿泊先おすすめ5選

ポイント

海外移住で一時期な宿泊先は、下記のとおりです。

  • ビジネスホテル
  • バックパッカー
  • ホステル
  • ホームステイ
  • Airbnb(エアビー)

ビジネスホテル

一般的なホテルで、国や地域によっては意外と費用がかかるので、長期間の滞在には不向きです。

バックパッカー

いわゆるシェアハウスの短期版ですが、費用を抑えることができるので、資金に余裕がなければ一番利用が多いでしょう。

ホステル

ホステルは一般的に駐車場付きの郊外のホテル。町中のホテルと違い費用が安いのが魅力です。ただ、賃貸を探しに出にくいかも。

ホームステイ

はじめての海外生活なら1~3ヶ月程度をホームステイしてみるのも方法のひとつ。その家庭から賃貸の情報を得ることもできます。ただ、こちらも費用が高くつくのが難点。

Airbnb(エアビー)

長期間の一時期宿泊なら、個人宅などを宿泊先として提供してAirbnb(エアビー)を利用してもいいでしょう。長期間なら割引交渉をすることもでき、ホテルよりは費用を抑えやすいでしょう。

海外移住で一時的な宿泊先の探し方

  • エクスペディアで探す
  • Agoda(アゴダ)で探す
  • Booking.comで探す
  • Airbnb(エアビー)で探す
  • 留学エージェントで探す

エクスペディアで探す

航空券とのセットなどのお得な情報が得られるのが、エクスペディアです。人気のサービスなので、一度はトレードマークの黄色を見たことがあるのではないでしょうか。

\ 黄色がトレードマーク /

航空券とセットでお得に!

Agoda(アゴダ)で探す

Agoda(アゴダ)も海外の宿泊サイトを数多く掲載しているサイトです。最低保証をしているホテルもあり、時には費用を安く抑えることもできます。

\ 最安値も検索できて便利 /

割引キャンペーンあり

Booking.comで探す

ホテル探しで役立つのが、Booking.comサイトです。色々な条件で検索しやすいのが魅力。会員登録しておくと、割引価格で宿泊できることも。

\ 会員で割引の対象にもなる /

対象施設で10%以上の割引あり

Airbnb(エアビー)で探す

個人の自宅を賃貸として出しているので、日本でも知られたサービスがAirbnbです。ホテルよりも費用を抑えやすいので、長期滞在を考えているならAirbnbの利用も検討しましょう。

\ 個人宅がそのまま賃貸に /

長期利用で宿泊費がお得になることも!

留学エージェントで探す

自分で宿泊先を見つけるのは難しいという人は、留学エージェントに任せるのも方法のひとつ。費用はかかかりますが、現地の情報を持ったスタッフが対応するのが一般的なので安心できます。

留学エージェントについては、下記のコラムも参考にしてくださいね。

日本から現地国の賃貸契約をする注意点

海外移住で一時期的に宿泊先を決めないでも、日本から現地国の賃貸契約をしておけばいいと思う方もいるでしょう。最近はオンラインで契約書のやり取りもできるので便利です。

ただ、日本から事前に契約する時には注意するべきポイントがあります。ポイントは、下記のとおりです。

  • 部屋が見れないので写真をもらう
  • 現地国の賃貸ルールを把握しておく
  • 契約書を必ず確認しておく

部屋が見れないので写真をもらう

日本から探す場合は部屋を実際に見ることができません。掲示板などで写真が貼られていることもありますが、必要な箇所の写真がないことも。見たい箇所があれば写真をもらいましょう。

現地国の賃貸ルールを把握しておく

国によって賃貸ルールが違うので、契約した後に気づいて後悔してしまうことも。現地のルールを調べておきましょう。現地の人にTwitterで聞いてみるのも方法のひとつです。

契約書を必ず確認しておく

契約書のサインは現地渡航にする場合もありますが、事前に内容を確認しておきましょう。海外では特に契約書は重要な意味を持つので、都合の悪い記載がないかをチェックすることが大切です。

SNS上は、下記のような意見もありました。

日本から一時宿泊先を予約するときは、自分でリスクを把握した上での行動が大切です。

海外移住で一時的な宿泊先の探し方まとめ

今回のコラムでは「【一時宿泊先を探すならコレ!】海外移住のための宿の探し方」をご紹介しました。

海外移住で一時的な宿泊先の探し方は、下記のとおりです。

  • エクスペディアで探す
  • Agoda(アゴダ)で探す
  • Booking.comで探す
  • Airbnb(エアビー)で探す
  • 留学エージェントで探す

あくまで一時的な宿泊先なので、期間や費用、目的をもって決めましょう。特に、Booking.comやAgodaなどではバックパッカーなども検索できるので便利です。

目次
閉じる