そうだ、海外移住をしよう。
海外移住

EMSで追跡ができない理由は?荷物が届かない時の対処法とは

EMSで追跡ができない理由を知りたい人向けです。

EMSで荷物を送ったけど、追跡ができないと表示された。なぜかな。荷物が届かない時の対処法を知りたいな。万が一のために損害賠償のことも知りたい。
みつき
みつき
実はEMSは追跡が全てできるとは限りません。

EMSで送るメリットは早いのはもちろんですが、追跡ができることでしょう。

特に、海外では荷物が紛失してしまいやすいイメージがあるので、追跡を付けている人は多いと思います。

下記の意見のようにいつ届くかが心配で毎日、EMSの追跡結果を見てしまいがちですよね。

ただ、たまに追跡ができない!という意見を目にすることがあります

では、なぜEMSの追跡が出来なくなってしまうのでしょうか。そして、もし荷物が届かなかったら、どうすればいいのでしょうか。

そこで、今回は「EMSで追跡ができない理由は?荷物が届かない時の対処法とは」をご紹介します。

EMSの追跡ができない3つの理由

EMSで追跡ができない理由は、下記の3点です。

  • EMSの番号が間違っていた
  • EMSの追跡が更新されない
  • 既に荷物が別の所に届けられた

EMSの番号が間違っていた

EMSの番号を入力をミスすること以外にも、送り主から伝えてもらった追跡番号が間違っていたということも起こります。

特に、EMSの追跡番号がないので、数字が1つ違うだけでも追跡ができなくなります。

例えば、下記のような意見がありました。

↑目次へ戻る

EMSの追跡が更新されない

EMSの追跡ができないだけではなく、なかなか追跡状況が更新されないこともよくあります。

例えば、下記のような意見があります。

理由としては色々ありますが、荷物が紛失したというよりは「配送量が多くて滞っている」「税関で止められている」という理由が一般的です。

特に、禁制品など、その国ごとに配送が受け取れない物があると、税関での検査で引っかかってしまいがちです。

既に荷物が別の所に届けられた

日本では考えにくいことも海外ではよく起こりえます。その一つが、荷物が記載した住所とは別のところに届けられていたケースです。

その場合は追跡はできますが、一応届けられたことになっているので、時間が経つと追跡ができなくなっていることがあります。

EMSの荷物を送ったら2週間ぐらいでも届かないようであれば、配送状況を確認しましょう。1ヶ月もして届かない場合は紛失している可能性もあります。

↑目次へ戻る

EMSの追跡で分かる配送状況例

配達状況は、下記ように表示されます。

日本から発送されて約10日間でニュージーランドに到着しているのが分かると思います。

ただ、ここで日本からニュージーランドの間に別の国を経由した場合は表示されません。多くは直行便が飛んでいない場合などに起こりやすいでしょう。

↑目次へ戻る

EMSの追跡ができない時の対処法

EMSの追跡ができない時の対処法としては、配送した郵便局に問い合わせるのが一般的です。

ただ、日本国内で配送がストップしていれば郵便局で事情が分かりますが、海外に渡ってしまうと理由が分からないのが普通でしょう。

もし現地の言語などが問題がなければ、現地国の郵便局に問い合わせをするというのも方法の一つです。

確認する方法は、郵便局の窓口に「追跡請求書」にて直接調査を依頼することになります。

追跡請求は電話では受付できないので、身分証明書をもって窓口で直接問い合わせをしましょう。

調査請求書は、下記からダウンロードができます。

↑目次へ戻る

荷物が届かない時のEMSの賠償制度とは

「EMSで追跡ができなかった」「更新が全くされないまま」などがあれば追跡調査をし、それでも届かない場合はEMSの賠償制度の対象となる場合があります。

EMSの賠償制度とは、「EMSの荷物で紛失があった」以外にも「中身が壊れて到着した」「内容品が不足している」などの場合にも補償されます。

EMSに賠償額2万円までの保険が無料でついており、内容品の価格が2万円を超える場合は、その後は2万円ごとに50円の追加料金を支払うことで最高200万円を限度とする保険をかけることができます。

損害賠償手続の際には、荷物の状況を内容品だけでなく、外装(封披・箱等)についても必要となります。そのため、調査が終わるまでは保管しておくべきでしょう。

↑目次へ戻る

EMSで追跡ができない理由と対処法まとめ

今回のコラムでは「EMSで追跡ができない理由は?荷物が届かない時の対処法とは」をご紹介しました。

日本から海外に荷物を送る方法としてEMSはよく使用されています。昨今の事情で料金が値上げされていますが、追跡ができる上に補償がついているので安心です。

ただ、海外では色々な事情でEMSの追跡ができなくなることが多々あります。

そのため、事前に万が一、荷物が届かない場合のよくある原因や対処法を知っておくことが大切です。

↑目次へ戻る