海外就職

【英文履歴書の書き方】海外就職・海外転職で面接を勝ち取るためのフォーマット

英文履歴書の書き方

海外就職や海外転職のために英文履歴書の書き方を知りたい人向け。

海外で働くために英文履歴書を作りたい。日本の履歴書とは何が違うのかな。書き方のルールがあれば知りたいな。
かいじゅう
かいじゅう
基本を守れば自分でも作れるよ

こんにちは、かいじゅう(@海外移住FP)です。

海外就職のときに必要なのが、英文履歴書。この英文履歴書次第で、次の面接に進めるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。

最初はどのように書けばいいのか分かりづらいですが、最低限のポイントを抑えれば定型文(フォーマット)に当てはめるだけで作成できるようになります。

そこで、今回は「海外就職・海外就職のための英文履歴書の書き方とは?」をご紹介します。

海外就職・海外転職で面接を勝ち取るために必要なこと

海外就職・海外転職で面接を勝ち取るためには、まずは書類で振り落とされないことが重要です。

書類面接を通過しないと、対面での面接にたどりつけずに終わってしまいます。なので、書類面接を通過することを最優先でやるべき

そのために必要なことは、以下の2つ。

  • 英文履歴書の基本ができている
  • 書類上でインパクトを与えている

英文履歴書の基本ができている

日本も同じですが、「文字が汚い」「文章が長い」「話が論理的でない」といった内容以前の問題で、履歴書を見たときに「ダメだな」と分かる場合があります。

その他にも、基本の言葉遣いができていないや何が言いたいのか分からない、こういった履歴書は意外と多いものです。なので、第一印象で普通にフォーマットが整っているかどうかを相手に分かってもらうことが重要です。

書類上でインパクトを与えている

次に大切なのが、希望する会社にとって応募してくる人が魅力的に映るかどうかです。そのためは応募する会社がどういう人材を求めているのか、何が役立てるのかを最初のほうでアピールしておきます。

そのため、英文履歴書では冒頭で、「会社にとって必要な資格や経験」そして「私を採用すると、どういうメリットがあるか」を記載します。その点では日本の履歴書とは大きく違います。

以上の2点を踏まえた上で、英文履歴書を作成する必要があります。それを知らずに、ただ単に日本の履歴書を英語に書き換えるだけでは、ほぼ通用しないと思ってください。

かいじゅう
かいじゅう
英文履歴書のフォーマットを知っておこう

英文履歴書の書き方

英文履歴書を書くためには、フォーマットや書き方のルールを知っておくことが大切です。

英文履歴書の3つのスタイル

一般的に英文履歴書には主に3つのスタイルがあります。

・Chronological Resume
職歴と学歴などを時系列に並べる一般的なのレジュメです。

・Functional Resume
能力やスキルを重点としたレジュメ。転職回数が多い場合や高スキルをPRした場合に適しています。

・Performance Resume
上記の長所を組み合わせたレジュメ。Combined Resumeとも呼ばれ、PRしたいスキルを最初に強調して、その後で詳しい職歴で説明ができます。

一般的にはPerformance Resumeですが、海外就職や海外転職をする場合には「Performance Resume」をおすすめします。

それぞれ、どのようなスタイルかは、Googleの画像検索が役立ちます。

英文履歴書を書き方のルール

一般的な英文履歴書の内容は、下記になります。

  • 1:名前/住所/連絡先など(Address etc)
  • 2:資格やアピールポイント(Summary of Qualifications)
  • 3:職歴(Employment History)
  • 4:学歴(Education)
  • 5:個人情報(Personal)
  • 6:リファレンス(Reference)

たまに伝えたいことが多すぎて文字がぎっしり詰まっている英文履歴書を見かけますが、上手に空白を使って採用担当者の立場で読みやすいものにすることが大切です。

特に、資格やアピールポイント(Summary of QualificationsFunction)が重要です。この時点で、その後の経歴や個人情報などに興味を持って読むかどうかが決まると言っても過言ではありません。

最後のリファレンスとは、あまり日本では馴染みがありませんが、海外では前職や友人などの連絡先を記入します。これで人物の信頼性を高める意味があります。

かいじゅう
かいじゅう
意外とリファレンスは見られているよ

英文履歴書の書き方で抑えるべきポイント

日本では枠線が書かれた履歴書フォーマットに記入することが多いですが、Wordなどで事由に作成できる英文履歴書では抑えるべきポイントがいくつかあります。

1:できれば1ページに抑える
転職回数が多い場合などは2ページでも良いですが、採用担当者が短時間で読んでもらう必要があります。

2:査証(ビザ)の情報を入れる
海外で働く場合は査証(ビザ)が重要です。査証(ビザ)の種類や有効期間を書かないと、スキルがあっても採用に結びつかない可能性があります。

私が採用希望者が英文履歴書を見る際は、最初に査証(ビザ)情報を確認します。

但し、有効期間が少ない場合はワザと記入しないで、スキルを重視してもらうために担当者から連絡があった際に期間を伝える方法もあります。

3:I/You/Theyなどの人称代名詞などは省略する
動詞から記載します。

4:採用情報に合わせて、英単語を使う
ネットや雑誌などの最小項目には必要なスキルや条件が記載されています。その記載されている英単語をそのまま文章に組み込む方法が有効です。

5:フォントはTimes New Roman
必ずしも決まったフォントはありませんが、Times New Romanが良い印象を与えるようです。

以上のポイントは、あくまでも一般的なルールなので必ずしも守る必要はありません。強調したいポイントがあれば、それを強める表現や目立たせることのほうが大切です。

英文履歴書とカバーレター(CV)の違い

英文履歴書とカバーレターを混同される場合がありますが、カバーレターは英文履歴書と一緒に郵送や電子メールなどで会社へ送る際に添付する書類です。

内容は主に志望動機やPRポイント/熱意/会社の採用担当者に伝えたい情報を盛り込みます。その点、職務経歴を並べる英文履歴書と比べると記載内容の自由度が高いといえます。

また、海外では直接、会社に英文履歴書に持ち込むことが多く、その際に採用担当者がいない場合があります。その際にもカバーレターを付けて採用担当者に渡してもらうと良いでしょう。

英文履歴書を書くための参考サイトや書籍

英文履歴書を自分で書こうと思っている人は、下記のサイトや書籍が役立ちます。

英文履歴書の書き方まとめ

今回のコラムでは、「【英文履歴書の書き方】海外就職・海外転職で面接を勝ち取るためのフォーマット」を紹介しました。

海外就職・海外転職で求められる英文履歴書やカバーレターの目的は面接に進むためのもの。

会社によっては数十や数百の英文履歴書やカバーレターが送られていることもあるでしょう。

その中から自分の英文履歴書が選ばれるには、「正しいルールで書かている」「自分を採用するメリットが書かれている」のポイントが大切。

ただ、英文履歴書に慣れていない人や、とりあえず書類面接を通過することを考えているのであれば「英文履歴書の代行サービス」を利用するのも一つの方法です。

英文レジュメ代行
【英文レジュメ代行】英文履歴書の作成や添削に代行業者を使うべき3つの理由【英文でレジュメや英文履歴書の代行してもらうか悩んでいる人向け】「 英文でレジュメ作成を代行してもらう必要はあるのかな?英語が苦手なので、職務経歴書や英文履歴書の添削や作成を代行業者に依頼するのはどうだろう。」といった疑問に回答します。...