そうだ、海外移住をしよう。
海外生活hack

【パスポートの更新】海外で旅券の切り替えをするには?海外在住なら知っておきたい手続きとは

海外パスポート更新

海外でパスポートの有効期限が切れるので更新をしたい人向け。

海外在住者ですが、パスポートの有効期限が切れるので更新をしたいけど、どうすればいいんだろう。郵送でできないかな。
みつき
みつき
在外公館によっては柔軟に対応してくれる場合があります。

パスポートの有効期限が10年や5年なので、知らないうちに期限が近付いていたり、期限が切れていたということも

それだけ数年に1回のことなので、なかには日本に一時帰国をした際に更新をしておこうと考える人もいますよね。ただ、一時帰国のタイミングで更新できるとは限りません。

では、海外でパスポート更新はどのようにすればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【パスポートの更新】海外で旅券の切り替えをするには?海外在住なら知っておきたい手続きとは」をご紹介します。

パスポート更新はいつから?どこで出来る?





パスポートの残存期間(有効期間)が1年未満となった時などに、海外にある日本大使館又は総領事館などの在外公館でパスポートの更新(切替)ができます。

↑目次へ戻る

パスポート更新は本人じゃないとダメ?

海外でも日本居住と同様に、原則として「申請及び受領は本人のみ」です。

但し、「原則として」というのは、海外といっても在外公館がどこにでもあるわけでありません

更新のためだけに数日からということも。在外公館によって郵送対応してもらえることもあるそうです。

郵送などは紛失などの配送トラブルがあり得るので避けるべきですが、本人が対応できない場合は在外公館に相談してみましょう。

↑目次へ戻る

海外でのパスポート更新に必要な書類

一般的に海外でパスポート更新に必要な書類には、以下のとおりです。

  • 一般旅券発給申請書
  • 写真1枚
  • 戸籍謄(抄)本(内容に変更があれば)
  • 更新前のパスポート&ビザ

一般旅券発給申請書

一般旅券発給申請書は、在外公館の窓口の他、パスポート申請ダウンロード | 外務省から入手することができます。

必要な項目(氏名、生年月日など)を入力することで申請書PDFを作成し、印刷することができます。印刷した書類にサインをすると、そのまま申請書として提出が可能になるので便利です。

写真1枚

原則として、「6ヶ月以内撮影」「縦4.5cm×横3.5cm」、「無帽・正面向(肩口まで写っているもの」「無背景」「サングラス着用不可」を守った写真が必要になります。

眼鏡は着用したままででも大丈夫ですが、レンズに光が反射していないことが必要です(コンタクトレンズは不可)。撮り直しになると手間がかかるので、出来れば着用しないで撮影したほうがいいでしょう。

その他に、デジタル写真でも可能ですが、低画質の場合は受け付けられない場合があります。詳細は、パスポート申請用写真の規格❘外務省をご確認ください。

戸籍謄(抄)本※変更があれば

6ヶ月以内に発行されたもの。但し、有効期間内の申請(更新)で、前回旅券に記載されている氏名等の内容に変更がない場合には原則として不要です。

更新前のパスポート

更新前のパスポートを添付します。最近はオンライン化が進み、パスポートにビザが貼られないこともあります。

その際は移民局からメールで送られた書類が必要になります。

但し、申請者それぞれの個別の事情により申請に必要な書類が異なる場合があるので、詳細は最寄りの在外公館までお問い合わせください。

↑目次へ戻る

パスポートの有効期限が切れていたら?

パスポート更新と同様に在外公館で発給してもらうことが可能です。

但し、期限が切れた場合には戸籍籍謄(抄)本が必要になります。

そのため、有効期限は年に1回ぐらいは確認しておくのがいいですね。

申請に行く前に申請を予定している在外公館にあらかじめ問い合わせをしておきましょう。

戸籍謄本
【海外から戸籍謄本】どうやって取り寄せる?海外在住なら知っておきたい手続きとは【海外から戸籍謄本を手に入れる方法を知りたい人向け】海外で戸籍謄本が必要になりました。海外にある大使館や領事館でも手に入れることができるのかな。もし、日本から取り寄せる必要があるなら、どうやればいんだろう。こういった疑問に海外移住FPが回答します。...

↑目次へ戻る

一時帰国でパスポート更新する際の注意点

海外在住の場合は1年以上の有効期限が残っていても一時帰国の際にパスポートを更新したい場合があると思います。

その際は、特例で1年以上を残してパスポート更新が可能です。

事情説明書や確認書などが必要になるので、パスポート切替センターなどに確認しておきましょう。

但し、残存の有効期間は新しいパスポートの有効期間には加算されないので、有効期限が短くなります。

また、ビザ(査証)の証明が添付されている場合は旧パスポートから貼り付けられないので、新旧のパスポートを持っておくこと必要になります。

↑目次へ戻る

海外でパスポートの更新をする方法まとめ

今回のコラムでは、「【パスポートの更新】海外で旅券の切り替えをするには?海外在住なら知っておきたい手続きとは」をご紹介しました。

パスポートの有効期限が10年や5年なので、知らないうちに期限が近付いていたということがないように年に1度くらいは有効期限を確認しておきましょう。

海外でパスポートを更新する方法は日本とあまり変わりませんが、事情によっては在外公館で対応が異なることがあるので相談してみましょう。

↑目次へ戻る